ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

マスカットカラーの珍しいジンジャーエール?「ブルーイタリー ジンジャーエール」でイタリアの味を愉しもう!

スポンサードリンク

ブルーイタリー ジンジャーエール

ブルーイタリー ジンジャーエール(BLU ITALY GINGER ALE)

イタリアからの輸入ジンジャーエールを実際に飲んだ感想と評価について

ブルーイタリー ジンジャーエール(BLU ITALY GINGER ALE)355ml

ブルーイタリー ジンジャーエールはイタリアの飲料メーカー・ガルバニーナ社(GALVANINA)が製造するショウガ風味の炭酸飲料だ。

日本には株式会社アルカンが輸入者となり小売店や大手ネット通販で購入可能になっている。

総合評価 

ほどほどに甘さがあるジンジャーエル、ショウガのピリ辛感は全くありません。

カナダドライのジンジャーエールに比べるとすっきりした喉越しと後味、エナジードリンクの薬っぽい味も少しあります。

ブルーイタリー ジンジャーエール

イタリア・ガルバニーナ社(GALVANINA)とは?

ガルバニーナ社は創業1910年の名門老舗清涼飲料メーカー、かつては貴族にミネラルウォーターの販売を行っていた小さな会社だがガルバニーナの天然水(湧き水)が評判となりイタリア全土に、1980年代には世界中に輸出されるようになった。

https://www.drinkmenu.net/entry/bluitaly-sicianbloodorangeより引用

ブルーイタリー ジンジャーエールはあくまでショウガ風味のジンジャーエール、ショウガのエキス等が入っているわけでもない炭酸飲料だ。

それでいてブルーイタリーは1本300円以上もする高価格、輸入飲料なので仕方ない部分があるにせよそれなりの美味さが無ければリピート購入はない。

ブルーイタリー ジンジャーエールの原材料名と栄養成分表示

ブルーイタリー ジンジャーエール,原材料名,栄養成分表示

【ブルーイタリー ジンジャーエールの原材料名】

名称:炭酸飲料

原材料名:砂糖/炭酸、pH調整剤、香料、カラメル色素

内容量:355ml

原産国名:イタリア

輸入者:株式会社アルカン

【ブルーイタリー ジンジャーエールの栄養成分表示(100ml当たり)推定値】

  • 熱量 35kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 8.7g
  • 食塩相当量 0.03g

ブルーイタリー ジンジャーエール355mlパッケージより引用

ブルーイタリー ジンジャーエールへの評価をSNSで調査するとガチで美味いとの口コミが多く、1本300円以上でも満足度は高めのようだ。

僕としても期待値高めのドリンクなのでしっかり味わって評価してみよう!

ほどほどに甘く、ほのかな酸味があるジンジャーエール

ブルーイタリー ジンジャーエール

ブルーイタリー ジンジャーエールを開栓して香りを嗅いでみるとジンジャーの香りはごくわずか、香りはほとんどしない炭酸飲料となっている。

実際に飲むとほどほどに甘さがあるジンジャーエルでショウガのピリ辛感は全くない。

面白いのがジンジャーエールにほのかな酸味がある部分だろう、カナダドライのジンジャーエールに比べるとすっきりした喉越しと後味に仕上がっている。

加えて栄養ドリンクのような薬っぽい味も少し含まれているのも面白いし、内容液がマスカットカラーのジンジャーエールも日本では珍しい...実にお洒落だ!

ただし1本300円以上はどうしても高い。

味の面で美味い評価に変わりはないので特別な日やパーティーシーンで活躍させたいジンジャーエールだ。

ブルーイタリーまとめ

www.drinkmenu.net