ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

激甘すぎるインドネシアのカシスティー「SOSRO FRUIT TEA BLACKCURRANT」とは?

スポンサードリンク

SOSRO FRUIT TEA BLACKCURRANT,ソスロフルーツティーブラックカント

SOSRO FRUIT TEA BLACKCURRANT(ソスロフルーツティーブラックカント)

インドネシアSOSRO社のカシスフレーバーフルーツティーを実際に飲んだ感想と評価について

インドネシア輸入飲料SOSRO FRUIT TEA BLACKCURRANT(ソスロフルーツティーブラックカント)

インドネシアからの輸入飲料SOSRO FRUIT TEA BLACKCURRANT(ソスロフルーツティーブラックカント)は紅茶にカシスフレーバーを加えたフルーツティー、BLACKCURRANT(ブラックカント)とはクロスグリ(黒酸塊)と呼ばれるものでフランスではカシス(Cassis)、日本でもカシスのほうが伝わりやすい果実だ。

総合評価 紅茶感が全くないカシス味のジュース、カシスウォーターみたいな感じです。
かなりの激甘なのでそのまま飲むと少々キツイ、炭酸水で割ったりカクテルの割材として飲むのがベストだと思います。

SOSRO FRUIT TEA BLACKCURRANT(ソスロフルーツティーブラックカント)

インドネシアのSOSRO社は甘いジャスミン茶をボトルにいれたティーボトル(Tehbotol)で有名になった企業だが日本では知名度が低く、

日本語圏のSOSRO社及びSOSRO FRUIT TEA情報はほぼ存在していない状態、SOSRO FRUIT TEAとまともに向き合い情報を公開しているのは当サイトぐらいだろう。

www.drinkmenu.net

そうとはいってもSOSRO社のFRUIT TEA FREEZEはメンソール?っぽいものが効いたあまりにもヤバい味がするフルーツティーだった。

カシスティーならFREEZEに比べてまともな味だと思うが...

SOSRO FRUIT TEA BLACKCURRANTの原材料名と栄養成分表示

SOSRO FRUIT TEA BLACKCURRANT,原材料名
SOSRO FRUIT TEA BLACKCURRANT,栄養成分表示

名称:清涼飲料水

原材料名:果糖、紅茶抽出物/pH調整剤、香料、ビタミンC

内容量:318ml

原産国名:インドネシア

輸入者:ユナイテッドグルメ株式会社

販売元:㈱二宮

【SOSRO FRUIT TEA BLACKCURRANTの栄養成分表示(318mlあたり)】

  • 熱量 150kcal
  • たんぱく質・脂質 0g
  • 炭水化物 38g
  • 食塩相当量 0.18g

SOSRO FRUIT TEA BLACKCURRANT318ml缶パッケージより引用

SNSでインドネシア人のアカウントからSOSRO FRUIT TEA BLACKCURRANTの味を調査したりフェイスブックで交流のあるインドネシア・インド人に質問した結果、

SOSRO FRUIT TEA BLACKCURRANTは大変に人気があるカシスティーであり相当に美味いらしい。

彼らの味覚を信じないわけではないが激ヤバ味のSOSRO FRUIT TEA FREEZEも美味いと評価していたので怪しすぎる...

あとは実際に飲んで確かめてみよう~!

インパクトある甘ったるさに南国の生っぽいカシスの香り

SOSRO FRUIT TEA BLACKCURRANT

SOSRO FRUIT TEA BLACKCURRANTのプルタブをあけて香りを嗅ぐと紅茶の香りは無しで、かなり生っぽい南国カシスの香りがぷ~んっと漂っている。

もう香りの時点でフルーツティーらしい味でないことが想像できるレベルだ。

実際に飲んでみるとひと口目からスゲー甘さ!

そこに薄味のカシスフレーバーがまじり合ったカシスジュースと表現すべきか、それともカシスウォーターとするべきか...紅茶感やフルーツティー感は皆無だ。

これは水に砂糖を混ぜた甘水にカシスのエキスを混ぜただけのようなドリンクで、カシスのビター感や大人っぽさは全くない。

後を引く甘さにも強烈なものがあり、この味では日本で通用しないものだろう。

炭酸水で割ってみるとけっこういい感じになったのでカクテルなどの割材として使うのがベストかも、そのまま飲むのはオススメできない甘さだ。

そんな風に、僕は思う。