ソフトドリンクの鉄人

ドリンクレビュー専門の総合サイト

マンゴスチンフレーバーのエナジードリンク「レッドブル ルビーエディション」ってどんな味?

スポンサードリンク

レッドブル ルビーエディション,RedBull THE RUBY EDITION

レッドブル ルビーエディション(RedBull THE RUBY EDITION)

トロピカルなミックスフルーツフレーバーのエナジードリンクを実際に飲んだ感想と評価について

多彩に映る、煌めきの翼 レッドブル ルビーエディション(RedBull THE RUBY EDITION)

2022年4月26日に発売れたレッドブル ルビーエディション(RedBull THE RUBY EDITION)は、マンゴスチンフレーバーをベースにトロピカルなミックスフルーツを表現した1本あたり80mgのカフェインが含まれるエナジードリンクだ。

総合評価

ほどよい酸味に強い甘さ、桃・ライチ・ストロベリーをブレンドしたような味わい(マンゴスチンフレーバー)のエナジードリンクです。

エナジードリンクのケミカル感が苦手な人でもクセ感が味わえるようになっています。

レッドブル ルビーエディション,RedBull THE RUBY EDITION

サブタイトルは多彩に映る、煌めきの翼、Vivid Flash(ビビッド フラッシュ)

Vivid Flashを直訳すると「鮮やかな閃光」ということだが、メインの味となるマンゴスチンフレーバーには関係がないサブタイトルになっている。

マンゴスチンとは東南アジアを主な産地とするトロピカルフルーツのこと、果実の女王とも呼ばれる存在のフルーツで、味はライチに似ている果実だ。

レッドブル ルビーエディションの原材料名と栄養成分表示

レッドブル ルビーエディション,原材料名,栄養成分表示

名称:炭酸飲料

原材料名:砂糖類(砂糖、ぶどう糖)/酸味料、炭酸、香料、L-アルギニン、カフェイン、ナイアシンアミド、パントテン酸Ca、V.B6、V.B12、(一部に小麦、オレンジを含む)

内容量:250ml

原産国名:スイス

輸入者:レッドブル・ジャパン株式会社

【栄養成分表示(100ml当たり)】

  • エネルギー 45kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 10.7g
  • 食塩相当量 0.12g
  • ナイアシン 3mg
  • パントテン酸 2.0mg
  • ビタミンB6 2.0mg
  • ビタミンB12 2.0μg

【エナジー成分】

  • アルギニン 120mg
  • カフェイン 32mg(1本250mlあたり80mg)

レッドブル ルビーエディション250ml缶パッケージより引用

日本のエナジードリンク市場はモンスターエナジーが圧倒的な強さを誇っており、ついでサントリーZONeの台頭などからレッドブルの存在は薄くなる一方だ。

レッドブルの新作が発売された時こそ話題になるもすぐ下火に、一か月もすればドン・キホーテなどで安売りが始まってしまう状態が続いている。

そんな中で新発売されたルビーエディションはSNSで「美味い」の高評価を多く獲得しているエナジードリンクだ、マンゴスチンフレーバーのエナドリがどんなものなのか?

実際に飲んでみよう~!

少しクセがあるフルーティーな美味さ

レッドブル ルビーエディション,RedBull THE RUBY EDITION

レッドブル ルビーエディションのプルタブをあけて香りを嗅ぐと、桃っぽい香りにほんのりライチがブレンドされた香りだ。

甘そうでトロピカル感がある香り、南国系ドリンクっぽさを前面に打ち出している香りになっている。

実際に飲むと甘さ強め、酸っぱさはほどほど。

桃・ライチ・ストロベリーをブレンドしたような味わいになっている。これがマンゴスチンのエナジードリンクか、確かに美味い!

レッドブル ルビーエディションはトロピカルなフルーツミックスフレーバーというだけあり、気温が高くなる季節にはぴったりの味!と高評価できる。

少しクセがあり美味いのだが、このクセはマンゴスチンフレーバーの美味いクセでありエナドリのクセではないところがポイント。

エナジードリンクのケミカル感が苦手な人でもクセ感が味わえるようになっているのはグッドだ。

レッドブル ルビーエディションのケミカル感  

魔剤感★☆☆☆☆

薬っぽさ☆☆☆☆☆

毒々しさ☆☆☆☆☆

エナジードリンクなどで表現されるケミカルな味とは?

ただしエナジードリンクの魔剤感を存分に味わいたい人には不向きかもしれない。

関連レッドブル

www.drinkmenu.net