ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

本場イタリアのレモン炭酸「ブルーイタリー シチリアンレモンソーダ」旨すぎ!常飲したらC.C.レモン飲めなくなるよ~

スポンサードリンク

ブルーイタリー シチリアンレモンソーダ

ブルーイタリー シチリアンレモンソーダ(BLU ITALY SICILIAN LEMON SODA)

レモン果汁13%を使用したイタリアンソーダを実際に飲んだ感想と評価について

ブルーイタリー シチリアンレモンソーダ(BLU ITALY SICILIAN LEMON SODA)355ml

イタリア・ガルバニーナ社が製造するブルーイタリー シチリアンレモンソーダはレモン果汁13%をを含む炭酸飲料、

日本へは株式会社アルカンが輸入者となりインターネット通販や小売店で購入可能な輸入飲料だ。

総合評価 

優しく丸みのある甘いレモンに微炭酸が絡み合い実に美味いです。

酸味は後からこみ上げ来るように、それでいて酸っぱさはほどほどに仕上がっています。

ブルーイタリー シチリアンレモンソーダ

ガルバニーナ社は創業1910年の名門老舗清涼飲料メーカー、かつては貴族にミネラルウォーターの販売を行っていた小さな会社だがガルバニーナの天然水(湧き水)が評判となりイタリア全土に、1980年代には世界中に輸出されるようになった。

https://www.drinkmenu.net/entry/bluitaly-sicianbloodorangeより引用

パッケージにはメイン原材料であるレモンの産地の記載はないが、商品名にSICILIAN LEMON SODAとあることからシチリア産レモンを使っていと思われる。

シチリアのレモンは果汁が豊富でマイルドな酸味が特徴のフェンミネッロ・コムーネ品種、たんに酸っぱいだけではなく味わい深いレモンとして世界から認められるレモンだ。

日本のレモン系飲料でもシチリア産レモンを使用したものは多いがブルーイタリー シチリアンレモンソーダは本場イタリアのレモン炭酸だ、

日本で売られる一般的なレモン炭酸とは異なる味わいが愉しめるだけあって気になる人も多いだろう。

ただし輸入飲料につき、一本価格は300円以上もする高級ソフトドリンク扱いになっている。

 ブルーイタリー シチリアンレモンソーダの原材料名と栄養成分表示

ブルーイタリー シチリアンレモンソーダ,原材料名,栄養成分表示

【ブルーイタリー シチリアンレモンソーダの原材料名】

名称:13%レモン果汁入り飲料(炭酸ガス入り)

原材料名:レモン、砂糖/炭酸、香料、pH調整剤、酸化防止剤(ビタミンC)

内容量:355ml

原産国名:イタリア

輸入者:株式会社アルカン

【ブルーイタリー シチリアンレモンソーダの栄養成分表示(100ml当たり)推定値】

  • 熱量 48kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 12g
  • 食塩相当量 0.04g

ブルーイタリー シチリアンレモンソーダ355ml瓶パッケージより引用

ブルーイタリー シチリアンレモンソーダは高価な輸入飲料だけあってSNSやネットで評価をする人がほぼなく、口コミ評価もないのが現状だ(2021年6月現在)

本場のレモンソーダなのだから美味いと思うのだが...

実際に飲んで確かめてみよう~!

尖ってない丸い味のレモン炭酸、濃い味を贅沢に愉しめるひととき

ブルーイタリー シチリアンレモンソーダ

ブルーイタリー シチリアンレモンソーダを開栓して香りを嗅ぐと優しいレモンの香り、刺激的な香りはしないマイルドな雰囲気になっている。

実際に飲んでみると優しく丸みのある甘いレモン、それでいて濃いめのレモン味に微炭酸が絡み合い実に美味い!

気になる酸味は後からこみ上げ来るように、それでいて酸っぱさはほどほどに仕上げてある。

これが本場イタリアのシチリアンレモンソーダの実力か!と身に染みる美味さのブルーイタリー シチリアンレモンソーダ、こんな美味いドリンクばかり常飲していたらC.C.レモンとか飲めなくなってしまう。

やはり特別な日やパーティーシーンなどで活躍と考えるのが妥当だろう。

懐に余裕があるお金持ちは容赦なく飲みまくり景気に貢献して欲しい。

そんな風に、僕は思う。

ブルーイタリーまとめ

www.drinkmenu.net