ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

ALPRO(アルプロ)調製豆乳は美味いのかまずいのか、実際に飲んでレビューしてみよう!

スポンサードリンク

ALPRO,アルプロ,調製豆乳

ALPRO(アルプロ)調製豆乳

大豆たんぱく質を多く含む輸入豆乳飲料を実際に飲んだ評価と評価について

ALPRO(アルプロ)調製豆乳

ALPRO,アルプロ,調製豆乳

ALPRO(アルプロ)調製豆乳はベルギーからの輸入飲料、日本ではダノンジャパン㈱が輸入者となりスーパーや一部にコンビニで現物が販売されている...

ということになっているが、実際に現物販売している小売店は少なく大型店舗のスーパーでないと現物購入が難しいのが現状だ。

ALPRO(アルプロ)が日本に上陸してきたのは2020年春、美容や健康意識の高い層に向けてアピールするも現物販売店の少なさもあってか知名度はイマイチな存在だ。

ALPRO,アルプロ,調製豆乳
ALPRO,アルプロ,調製豆乳

日本上陸のアルプロ商品は今回飲む調整豆乳とオーツ麦を使用したオーツミルク、そしてアルプロが押す商品はオーツミルクで調整豆乳の押しは弱く感じるところ、

www.drinkmenu.net

アルプロ調整豆乳はたっぷりの大豆たんぱく質とはなっているが1本あたり12.5gなので筋トレ勢のプロテイン摂取で考えれば多い量ではない。

そうなるとセールスポイントは豆乳、大豆イソフラボンなどにになるものの紙パック豆乳飲料で調製豆乳・無調整豆乳はキッコーマンがスーパー・コンビニの健康ドリンクコーナーを圧巻している状態だ。

ALPRO(アルプロ)調製豆乳の原材料名と栄養成分表示

ALPRO,アルプロ,調製豆乳,原材料名,栄養成分表示

名称:調製豆乳

大豆固形分:9%

原材料名:大豆(遺伝子組み換えでない)、砂糖、食塩/pH調整剤、炭酸カルシウム、香料、糊料(ジェランガム)、ビタミンB2、ビタミンD2、ビタミンB12、(一部に大豆を含む)

内容量:250ml

原産国名:ベルギー

輸入者:ダノンジャパン株式会社

【ALPRO(アルプロ)調製豆乳の栄養成分表示 1本(250ml)あたり】

  • エネルギー 143kcal
  • たんぱく質 12.5g
  • 脂質 7.0g
  • コレステロール 0mg
  • 炭水化物 8.5g
  • 食塩相当量 0.3g
  • カルシウム 300mg
  • ビタミンB2 0.52mg
  • ビタミンB12 0.85μg
  • ビタミンD 1.8μg

大豆イソフラボン(アグリコンとして)37mg

ALPRO(アルプロ)調製豆乳250mlパッケージより引用

ALPRO(アルプロ)調製豆乳についての評価をネット・SNSで調査するも美味いや不味いの評価が少なすぎる。

それよりも豆乳、たんぱく質、ベジタリアン、プロテイン、ヴィーガンなどをについての評価というか商品紹介記事ばかりで全然面白くない。

確かに豆乳でたんぱく質となれば健康系の内容についてあれこれ紹介したくなる気持ちは分かるがドリンクとは飲んでなんぼ、美味い不味いも含めて味を楽しみ評価しなくてどうするのだ?

味がどうでもよいのならサプリでも飲んでおけ....!

とドリンクマニアの僕としては強く思うところ、ではさっそくALPRO(アルプロ)調製豆乳を飲んでみよう。

砂糖・食塩を含む調製豆乳だけあって味は悪くない

ALPRO,アルプロ,調製豆乳

ALPRO(アルプロ)調製豆乳にストローを刺して実際に飲むと豆っぽさを相当に取り除いた豆乳だ。

これは砂糖、食塩が入ってる調製豆乳だからこその味わいでコッテリまろやかタイプのミルク...美味い!とは評価できないが豆乳飲料として悪い味ではないことは確かだ。

同シリーズのオーツミルクがマズ味ミルクだっただけに今回飲んだALPRO(アルプロ)調製豆乳がより良く感じてしまう部分もある。

ただしどうしても豆乳なので苦手な人はいるはず、またコッテリ感が強く後味に粉っぽさが残る。

ALPRO(アルプロ)調製豆乳が気になる人は牛乳とはだいぶ違うと考えて購入したほうがよいだろう。

そんな風に、僕は思う。

関連ドリンク

www.drinkmenu.net