ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

アーモンドミルクで仕上げたやさしくマイルドなカフェオレテイスト「アーモンド・ブリーズ コーヒーテイスト」

料理・ギフト・美容・体内環境にキヨエ・オリーブオイルの力

オリーブジュース100%オイル【キヨエ】

30代、40代の美容・健康サポート成分を贅沢に配合

資生堂のザ・コラーゲン

 

アーモンド・ブリーズ コーヒーテイスト

ポッカサッポロ「アーモンド・ブリーズ コーヒーテイスト」

アーモンドミルクとコーヒーをブレンドしたカフェオレ風ドリンクを実際に飲んで感想と評価をしてみよう

豆乳、牛乳ではなくアーモンドミルクを使用したカフェオレ風ドリンク「アーモンド・ブリーズ コーヒーテイスト」

アーモンド・ブリーズ コーヒーテイスト

ポッカサッポロから発売の「アーモンド・ブリーズ コーヒーテイスト」は植物ミルクの”アーモンドミルク”を使用たカフェオレ風のドリンク、牛乳豆乳を使用していないミルクになる。

アーモンドミルク飲料はアーモンド味や香ばしさが特徴のミルク、美容や健康によいヘルシーなドリンクとされることもあってかスーパーやコンビニでは野菜ジュースや青汁等の健康飲料コーナーに並ぶ商品だ。

今回飲むアーモンド・ブリーズ コーヒーテイストはビタミンE、カルシウム、コレステロールゼロのアーモンドミルク飲料、

アーモンド・ブリーズ コーヒーテイスト

これまでに飲んできたアーモンド・ブリーズシリーズの中で最も味に対する期待値が高い商品といえるだろう。

www.drinkmenu.net

ポッカサッポロによるとアーモンド・ブリーズ コーヒーテイストはまろやかでクリーミーな味わいのカフェオレ風となっている。

カフェオレとアーモンドがどのような味を表現しているのか、実際に飲んで確かめなければならない。

ポッカサッポロ「アーモンド・ブリーズ コーヒーテイスト」の原材料名と栄養成分表示

アーモンド・ブリーズ コーヒーテイストの原材料名
アーモンド・ブリーズ コーヒーテイストの栄養成分表示

名称:アーモンド飲料

原材料名:砂糖、アーモンドペースト、デキストリン、モルトエキス、植物油脂、インスタントコーヒー、食塩/乳酸Ca、クエン酸K、乳化剤、pH調整剤、安定剤(増粘多糖類)、ビタミンE

アーモンド・ブリーズ コーヒーテイストの栄養成分表示1パック(200ml)当り

  • エネルギー 101kcal
  • たんぱく質 1.2g
  • 脂質 2.9g
  • コレステロール 0mg
  • 炭水化物 17.8g -糖質17.2g -食物繊維 0.6g
  • 食塩相当量 0.4g
  • カルシウム 119mg
  • マグネシウム 12mg
  • ビタミンE 9.5mg

ポッカサッポロ「アーモンド・ブリーズ コーヒーテイスト」200mlパッケージより引用

 

アーモンド・ブリーズ コーヒーテイスト 200ml×24本

アーモンド・ブリーズ コーヒーテイスト 200ml×24本

  • 発売日: 2018/03/05
  • メディア: 食品&飲料
 

ポッカサッポロのアーモンド・ブリーズシリーズについての口コミや評価をネットで探すも情報がほとんど無いのが現状、ポッカサッポロの商品でもそれほどマイナーなドリンクなのだ。

その点、グリコのアーモンド効果シリーズの知名度はかなり高い、やはりテレビCMをやるかやらないかで売上もかなり違うのだろう。

やさしくマイルドなカフェオレの味わい、アーモンド感は弱め

アーモンド・ブリーズ コーヒーテイスト

アーモンド・ブリーズ コーヒーテイスト付属のストローをさして飲むと口あたりから相当にマイルドでやさしい喉越し、かなりこってりとしたミルクを使用したカフェオレといったところだ。

アーモンド感は弱めになり後味にアーモンドが残るようになっている、コーヒーが弱め、ミルクが強めのアーモンドミルクカフェオレだ。

アーモンドの香ばしさはあまり無し、それよりもミルクのこってり感のほうが強い。

ポッカサッポロのアーモンド・ブリーズシリーズの中では最もおいしい商品だろう、知名度さえ上がればリピーターも増える商品だと思う。