ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

イタリアのビターテイスト炭酸「サンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモ」本場の味を楽しもう!

スポンサードリンク

サンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモ

イタリアのサンペレグリノ社「サンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモ」

輸入されたイタリア本場のグレープフルーツ炭酸を実際に飲んで感想と評価をしてみよう

イタリアからの輸入された地中海産グレープフルーツ果汁の微炭酸飲料

サンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモ

サンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモは地中海産のグレープフルーツ果汁を使用した微炭酸ドリンク、原産国はイタリアになり日本では日仏貿易株式会社が輸入者だ。

日本に入ってきているサンペレグリノのフルーツ炭酸は今回飲むポンペルモを含めて4種類、どれも本場イタリアの味であり日本の大手飲料メーカーが発売する味わいとは雰囲気が違う...濃いのだ

www.drinkmenu.net

スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモの「ポンペルモ」とはイタリア語でグレープフルーツの事、商品名からしていちいちカッコイイ。

サンペレグリノ社のフルーツ炭酸飲料の缶は上部にカバーがなされている。

サンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモ

衛生面を考えてのカバーだか何だか知らないが、やはりいちいちお洒落だ。

カバーを外せば普通のプルタブのアルミ缶、それが日本で売られるサンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジの特徴でもある。

サンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモの原材料名と栄養成分表示

サンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモの原材料名と栄養成分表示

名称:16%グレープフルーツ果汁入り飲料(炭酸ガス入り)

原材料名:グレープフルーツ、砂糖、グレープフルーツエキス/炭酸、クエン酸、香料

原産国名:イタリア

サンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモの栄養成分表示(100ml当たり)

  • 熱量 40kcal
  • たんぱく質・脂質 0g
  • 炭水化物 9.4g
  • 食塩相当量 0g

サンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモ330ml缶パッケージより引用

 

サンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジシリーズの現物購入はコンビニでは難しいところ、大きいスーパーかつ輸入飲料を扱っているような店舗が狙い目だ。

近場にそのようなスーパーが無い人はおとなしくネット購入するのがベスト、ただし330ml缶にしては少々価格が高いのが難点だ。

ビターテイストを表現した本格的なグレープフルーツ炭酸

サンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモ

サンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモのプルタブを開けて香りを嗅ぎまくるもごく一般的なグレープフルーツの香りだ、イタリアを感じる香りではない。

実際に飲むとキメの細かい微炭酸に濃い味のグレープフルーツ、酸味もほどよく口内に唾液をじゅんわりと分泌しまくる...

予想していた通りだがやはりうまい!

日本のグレープフルーツ炭酸に比べて特徴的な部分がビターテイストだ、グレープフルーツは酸味のある柑橘で苦味がある果物、その苦味をドリンクとしてしっかり表現させているのがサンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモの面白い部分だ。

近年では日本のフルーツ系炭酸でも苦味をアピールする商品も出てきてはいるが、ビターテイストフルーツ炭酸はまだ少ないのが現状、これは日本人の味覚に合わせた大手飲料メーカーの考え方なのかもしれない。

サンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモが美味いからといってイタリア最高!とマウントするつもりはないが、日本人が好む味覚とヨーロッパ人が好む味覚の違いが分かるドリンクを飲んでみるのも人生経験ではないだろうか、

そんな風に、僕は思う。