愛のスコール期間限定乳性炭酸飲料「南高梅」は梅味のカルピスソーダ的なドリンク

f:id:drinkoon:20180527160650j:plain

南日本酪農協同株式会社のブランド「愛のスコール」

期間限定で発売される和歌山産「南高梅」を味わう

スコールはデンマーク語で「乾杯」

乳性炭酸飲料で昔からあるスコール、その名前の由来はデンマーク語で「乾杯」を意味し、もう一つは「夕立」を意味している。

昭和48年から発売された愛のスコールは乳性炭酸飲料の先駆け的ドリンク、昔から変わらないその味は甘味のキレがよく、後味すっきりの飲みごたえになる。

そんな愛のスコールの期間限定商品「南高梅」は和歌山産梅を使用。

気になるカロリーは100mlあたり44kcalとなっている。

スコール「南高梅」は梅味のカルピスソーダ

f:id:drinkoon:20180527171328j:plain

そもそも愛のスコールというドリンクを知らない人のほうが多いのではないか?そんな風に僕は思っている。

まずもって愛のスコールを売っている店が少ないのが原因、だからこそ愛のスコールを目にした時は買うしかない。これはドクターペッパーと同じ理由だ。

www.drinkmenu.net

世の中には進んでマイナードリンクを好む人がいる。

僕もそんな人間だ。

さて愛のスコール「南高梅」、

飲む前から味の想像は出来ている。

愛のスコールには申し訳ないが乳性炭酸飲料と言えばカルピスソーダがメジャーなドリンクだ、そして愛のスコールはカルピスソーダの味と似ている...というよりも目隠しで飲み比べをしても分からないかも知れない。

だがこれは南高梅、つまり梅味なのだ、さすがにカルピスソーダに梅の味は想像が難しいだろう。

 

「大人の乳性炭酸飲料」

キャップを開けるとほのかに香る梅の香り、一口飲むと以外にうまい。

口あたりは梅、スッキリと飲みやすく、後味はカルピスソーダ的な味になる。

これは大人向けの乳性炭酸飲料だろう。

そんな風に、僕は思う。

愛のスコールを飲んだことが無い人はまず普通のスコールを味わって欲しい。

カルピスソーダに似ているが微妙に違うのである。