ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

入浴剤・シャンプー・芳香剤の味とされる炭酸飲料「オランジーナ マスカットスパークリング」を実際に飲んでみたレビュー

スポンサードリンク

オランジーナ マスカットスパークリング

サントリー「オランジーナ マスカットスパークリング」

季節限定で発売されるオランジーナ×マスカット味、一部で酷評されているオランジーナ マスカットスパークリング実際に飲んだ感想と評価について

オランジーナ マスカットスパークリング(ORANGINA Muscat Sparkling)

オランジーナ マスカットスパークリング

サントリーから2020年10月13日に発売されたオランジーナ マスカットスパークリング(ORANGINA Muscat Sparkling)は通常のオランジーナ味をベースにマスカット・オブ・アレキサンドリア果汁を加えた季節限定販売のドリンクだ。

オランジーナシリーズはこれまでにもぶどう果汁とブレンドさせた商品を発売してきたがマスカット・オブ・アレキサンドリアを使用するのは今回が初めてになる。

www.drinkmenu.net

サントリーとしてはマスカット・オブ・アレキサンドリアを「ぶどうの女王」と高級感あるアピールしているもののマスカット・オブ・アレキサンドリアはごく普通のマスカット、珍しいものではない。

そもそもオランジーナは毎年ハロウィンシーズン・秋~冬にぶどう果汁をブレンドしたオランジーナを発売しているので今回飲むオランジーナ マスカットスパークリングは2020年版のオランジーナ×ぶどう果汁といった商品といったところだ。

オランジーナ マスカットスパークリングの原材料名と栄養成分表示

オランジーナ マスカットスパークリング,原材料名
オランジーナ マスカットスパークリング,栄養成分表示

品名:12%混合果汁入り飲料(炭酸ガス入り)

原材料名:果実(オレンジ、レモン、マンダリンオレンジ、グレープフルーツ、ぶどう(マスカット・オブ・アレキサンドリア))、糖類(砂糖、果糖ぶどう糖液糖)、オレンジピールエキス/炭酸、香料、酸化防止剤(ビタミンC)

原料原産地名:ブラジル製造、アルゼンチン製造(オレンジ果汁)

内容量:420ml

【オランジーナ マスカットスパークリングの栄養成分表示(100mlあたり)】

  • エネルギー 42kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 10.5g
  • 食塩相当量 0g

オランジーナ マスカットスパークリング420mlPETパッケージより引用

 

オランジーナ マスカットスパークリングの評価をネットやSNSで調査すると美味いといった評価の他に不味いの評価がけっこうあるのが気になるところだ。

なんでも入浴剤の味・バスロマンの味といった評価で、サントリーがオランジーナブランドがそんな失敗をするのか?と疑問に思うところ、

シャンプーや芳香剤なんて評価をされていたりもする。

ではさっそく飲んで確かめてみよう!

通常のオランジーナより苦くない、マスカット味は弱い

オランジーナ マスカットスパークリング

オランジーナ マスカットスパークリングを開封して香りを嗅いでみるといつものオランジーナの香りに加えてほのかに入浴剤の香りがする。

肝心のマスカットが香らないのが気になるところだ。

実際に飲むと通常のオランジーナに比べてほろ苦感が少なめ、ビターテイストではなく優しい甘さがするオランジーナでマスカット味は相当に弱い。

炭酸のキメは細かくシュワっとした刺激と酸味でまずいとは思えないオランジーナ マスカットスパークリング、ただ若干の入浴剤的なものを感じるのは確かだ。

一部で入浴剤・芳香剤・シャンプー・バスロマンなんて言われるオランジーナ マスカットスパークリングだが実際に飲めばそこまで酷い味とは思えない。

たしかに若干「ん?」と思うところがあるにせよ一応オランジーナっぽさは表現されていると思う。

だがマスカット味が弱すぎるので低評価だ、

どうせ期間限定なのだからオレンジをやめてオランジーナなのにオレンジ無しのマスカットジーナとかにしちゃったほうが話題性はあるのでは?なんて思う。

関連ドリンク

www.drinkmenu.net