ドリンクメニュー

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

果汁の旨味が美味しい!オランジーナ「ブランスパークル」

f:id:drinkoon:20181112175133j:plain

サントリーから2018年11月6日に期間限定で発売となったオランジーナ「ブランスパークル」

白ぶどう&オレンジの特別なオランジーナを深く味わう

大人が楽しめる華やかな味わいの特別なオランジーナ

f:id:drinkoon:20181112175327j:plain

期間限定で発売されるオランジーナ「ブランスパークル」は白ぶどうとオレンジをブレンドした微炭酸飲料、サントリーは同シリーズで同じク期間限定発売のオランジーナ「ルージュスパークル」も発売してる。

www.drinkmenu.net

オランジーナの特徴といえばほろ苦い炭酸オレンジ、果実のコクが深くフランス的な味が売りのドリンクなのだがルージュスパークルにはほろ苦さが足りない味だった。

今回飲むブランスパークルは白ぶどう&オレンジ、ルージュスパークルを飲んだ後としてはオランジーナらしいほろ苦さは期待出来ないだろう。

オランジーナブランスパークルのパッケージに表記されている味についての解説を見るとオレンジをベースにレモン・マンダリンオレンジ・グレープフルーツ・白ぶどうをブレンドした果実炭酸となっており、ルージュスパークルよりも酸味の強い味と予測出来る。

オランジーナのブランスパークルとルージュスパークル...どちらか美味しいドリンクなのか?僕の舌と口と喉で深く味わいつつ評価をしたい。

エネルギー(100mlあたり)42kcal

果汁の旨味を良く感じる味

f:id:drinkoon:20181112180432j:plain

ブランスパークルのペットボトルキャップもルージュスパークル同様に無地の白、これは僕のように一本のドリンクの全てを楽しもうとする人間にとっては少々物足りないもがある。

ブランスパークルのペットボトルのキャップをあけて香りを確認するとレモンとオレンジの香り、白ぶどう的な香りは全く感じられない。

 

「ブランスパークルのほうが美味しい」

さっそくブランスパークルをグビグビと飲み始めると口あたりがオレンジ、その後にグレープフルーツの味が迫って最後にレモンの味でしめる...といった複雑な三段構えの味に仕上がっている....これはうまい!

キメの細かい微炭酸とコクのある果汁が舌にへばりつきながらほど良い酸味、僕の舌と口と喉が次から次へとブランスパークルを欲しているのが自分でも分かるほど、果汁の旨味もとてもよく感じられる味わいで同シリーズのルージュスパークルよりもうまい。

気になる点と言えば白ぶどうの味はほとんど感じられず、かつオランジーナの特徴であるほろ苦さもほとんど感じられない部分。

期間限定とはいってもオランジーナブランドから発売するからにはもう少しオランジーナらしさを強調して欲しかった。とはいってもドリンク、それもオレンジに果実をミックスブレンドした炭酸飲料としてはとても美味いドリンク。

この味はファンタオレンジでは到底追いつかないサントリーの凄みを感じられる。

 

出来ればブランスパークルは期間限定ではなく通常販売にして欲しい。ほろ苦さが無いので無理にオランジーナブランドから出さずに新ブランドから発売でも良いのではないだろうか?

そんな風に、僕は思う。