ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

ラクロワ(LaCroix)ライム、フレーバー炭酸水のお手本みたいな美味さ!

スポンサードリンク

ラクロワ スパークリングウォーターライム,LaCroix SPARKLING WATER LIME

ラクロワ スパークリングウォーターライム(LaCroix SPARKLING WATER LIME)

アメリカ産のライムフレーバー炭酸水を実際に飲んだ感想と評価について。

ラクロワ スパークリングウォーターライム(LaCroix SPARKLING WATER LIME)

アメリカのフレーバー炭酸水 ラクロワ(LaCroix)ライムは水に炭酸とフルーツ由来の天然香料を加えたライム風味の炭酸水、

アメリカで人気があるラクロワ炭酸水の中でもとくに人気が高いフレーバーになる。

総合評価 甘くないゼロシュガーのライム炭酸飲料のように飲める炭酸水です。
ライムフレーバーが強く、ライムと炭酸水特有の苦みのバランスがグッド。ラクロワのフレーバー炭酸水の中で人気が高いわけがよくわかる炭酸水です。

 ラクロワ(LaCroix)ライム

ライムフレーバーの炭酸水は日本でも多く発売されており、苦みのある炭酸水にビター感がある柑橘のライムはとても相性がよいもの、

ライムフレーバーの炭酸水は割材としても需要が高く、売れ筋にねるべくしてなったフレーバーだ。

ただしラクロワ(LaCroix)ライムはアメリカ合衆国の輸入飲料なため日本で購入すると1本200円前後になる炭酸水、一般庶民が割り材として使用するには高級すぎる炭酸水となっている。

 ラクロワ(LaCroix)ライムの原材料名と栄養成分表示

 ラクロワ(LaCroix)ライム,原材料名
 ラクロワ(LaCroix)ライム,栄養成分表示

名称:炭酸飲料

原材料名:水/炭酸、香料

内容量:355ml

原産国名:アメリカ合衆国

輸入者:株式会社シーエストレーディング

【 ラクロワ(LaCroix)ライムの栄養成分表示(1缶355mlあたり)】

  • エネルギー 0kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 0g
  • ナトリウム 0mg(食塩相当量 0g)

 ラクロワ(LaCroix)ライム355ml缶パッケージより引用

大手のネットショップで出品されるラクロワライムの商品説明はカロリー・砂糖・人工甘味料・塩分・保存料・酸化防止剤すべてゼロ、ナチュラル素材や天然素材のような内容を多く見る人も多いはずだ。

このような訴求内容は基本的に水と炭酸と香料なのだから当たり前の話、水に甘味料や塩分が入ったらそれはもう炭酸水ではなくソフトドリンク扱いになる。

ではなぜラクロワ炭酸水の訴求内容がこのようなものになるかといえば、フレーバー炭酸水なのにソフトドリンクのように味わえるよ~!と伝えたいからになる。

確かにラクロワのフレーバー炭酸水は日本で売られている普通のフレーバー炭酸水以上の味わいが感じられるものが多い。

ラクロワの中で最も人気があるとされるライム、実際に飲んでみよう~!

甘くないゼロシュガー炭酸水のように飲める

ラクロワ(LaCroix)ライム

ラクロワ(LaCroix)ライムのプルタブをあけて香りを嗅いでみると、いかにも濃そうなライムの香りがブワっと広がってくる。

香りの時点でこれはもう確実っぽいフレーバー炭酸水と確信だ。

実際に飲むと甘くないビターテイストのライム炭酸のような感じ、ゼロシュガーのソフトドリンク炭酸っぽい味わい....

これは優秀なライム炭酸水だ!

ただしあくまでライムの香料のみでライムを感じさせる味わいなので果実のコクや深みは一切なし、

実際は水の味そのものになり、鼻をつまんで飲めば炭酸水を飲んだ時に感じる特有の苦みがあるだけだ。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

岩田夢雲(ドリンク―ン)(@drinkoon)がシェアした投稿

それでもラクロワ(LaCroix)ライムはフレーバー炭酸水として優秀である。

問題は日本では1本価格が200円前後もする高級炭酸水扱いになってしまうぐらいだろう。