ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

2020年上半期版マニアがおすすめする厳選ドリンクランキングベスト10

スポンサードリンク

f:id:drinkoon:20200509031049j:plain

これまで600本以上の異なるソフトドリンクレビューをしまくってきた私、過去にはジャンル別ランキングまとめ記事を私の豊富な経験や知識から総合的に判断をして公開してきました。

今回は単純に2020年上半期で美味かったドリンクをランキング、どれも自信を持っておすすめできるベスト10です。

大手口コミサイトとは違い、ドリンクマニアが実際に飲んで本気で厳選した美味いドリンクランキングを参考にどうぞ!

2020年上半期のおすすめする厳選ランキングベスト10

厳選したランキングではありますが全体的に炭酸飲料系が多めな内容となっています。

理由としては冬から春、初夏にかけて発売されるソフトドリンクは炭酸飲料が多いから、夏になると秋冬のソフトドリンク市場は紅茶やコーヒー、果実系のモノが多くなるから。

それでは上半期の厳選ソフトドリンクランキングをいってみましょー!

第10位:森永乳業 メロンミルク

f:id:drinkoon:20200509012107j:plain

森永乳業から発売のメロンミルクはマスクメロン果汁とミルクのブレンド率が素晴らしい乳飲料、フルーツ牛乳の高級版のような味わいでコクの深さは絶品です。

しかし残念ながら森永乳業のメロンミルクは製造終了商品、リニューアル登場が期待される本格的メロンミルクですね!

www.drinkmenu.net

第9位:ポッカサッポロ キレートレモンダブルレモン

f:id:drinkoon:20200509012734j:plain

女性をメインターゲットにしたポッカサッポロのキレートレモンシリーズの大容量かつビタミンC1000mgとクエン酸3000mgのキレートレモンダブルレモンはかなりの酸っぱさがあるにも関わらず甘さのバランスがとても良い炭酸飲料、

後味まで酸っぱさが残るようなレモンテイスト炭酸により爽やかなリフレッシュ感があるのが特徴、男性が飲んでも全く問題なしの酸っぱい系レモン炭酸飲料です。

すっぱくて美味しい炭酸を飲みたい人におすすめの逸品!

www.drinkmenu.net

第8位:アサヒ飲料 三ツ矢ピンクレモネード

f:id:drinkoon:20200509013507j:plain

商品名がピンクレモネードなので甘いレモネードの味を想像しがちですが実際に飲むとグレープフルーツとレモンをブレンドさせた炭酸飲料と表現するのが正しい三ツ矢ピンクレモネードです。

アサヒ飲料の三ツ矢ブランドから発売されるだけあってレモンとグレープルーツ味のバランスは絶妙、ほどよい酸味に甘さはひかえめ、レモン皮の苦味は少なめとなり後味もすっきり爽やかな味となればレモネード?と疑問を持つ人も多いでしょう。

それでも美味いので第8位にランキング!

www.drinkmenu.net

第7位:サンペレグリノ社「サンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモ

f:id:drinkoon:20200509014401j:plain

サンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモはイタリアからの輸入飲料、コンビニではまず購入できないドリンクで現物購入するなら大きいスーパーか輸入食材を扱う店になります。

本場イタリアのドリンクなだけあって日本人の味覚を完全無視した濃いビターテイストのグレープフルーツ炭酸飲料、それがサンペレグリノ スパークリングフルーツべバレッジ ポンペルモの魅力。

キメの細かい微炭酸と酸味のある濃いグレープフルーツが舌のまとわりついて唾液がじゅわじゅわ出まくり!

難点は価格が少々高いところ。

www.drinkmenu.net

第6位:伊藤園 TEAs’ TEA NEW AUTHENTIC 生アップルティー

f:id:drinkoon:20200509015116j:plain

TEAs’ TEA NEW AUTHENTIC 生アップルティーは生のアップルと茶葉を一緒に抽出した紅茶にアップル果汁を加えた果汁2%のアップルティー、

「紅茶+果汁」は紅茶花伝クラフティーシリーズがシェアをとっている現状であり他社はなかなか難しいところ、それでも紅茶花伝クラフティーには”量が少ない”といった弱点があります。

でもTEAs’ TEA NEW AUTHENTIC 生アップルティーは500mlの大容量でグビグビ飲める、それでいてアップルティーの甘さが口内に優しく広がるも後味に甘さは残らなくスッキリテイスト。

紅茶飲料の評価ポイントである”渋み”は全く感じられず上品な味わい、おすすめです。

www.drinkmenu.net

第5位:カゴメ 野菜生活100アップルサラダ

f:id:drinkoon:20200509015858j:plain

野菜汁と果汁のミックスジュースで有名なロングセラー商品”野菜生活100”シリーズはスーパーやコンビニの青汁や野菜ジュースなどの健康系飲料に常に新商品からレギュラー商品、さらには季節限定商品を大量にラインナップする大御所ドリンクです。

そんな野菜生活100シリーズにおいてアップルサラダの味は別格レベルでうまい、

野菜の味が全くしないのは勿論のこと、アップルをベースにほどよい酸味のあるフルーツのブレンドバランスが素晴らしいドリンクです。

野菜嫌いな子供に野菜生活100アップルサラダを飲ませても全く問題ないレベルのアップルっぷり、これで本当に野菜入ってるの?と疑いたくなるような味わい!

www.drinkmenu.net

第4位:アサヒ飲料 2020年版 特産三ツ矢 青森県産王林

f:id:drinkoon:20200509021211j:plain

アサヒ飲料が期間限定で発売する”特産三ツ矢”シリーズは地域の特産品を使った炭酸飲料のみを発売するシリーズ、毎年発売される地域の特産品もあり「特産三ツ矢 青森県産王林」2020年版の商品になります。

しかし以前の特産三ツ矢王林はそれほど美味いドリンクではありませんでした。

それが2020年版になるとキメの細かい炭酸にまみれた王林の味がふんわりと舌にへばり付きながら喉を駆け抜ける、しゅわしゅわテイストな微炭酸に変貌しておりとても美味い。

このシュワシュワ感はカルピスソーダの優しい刺激に似ている感じ、カルピスソーダが好きな方は問題なくおいしく味わえる炭酸飲料です。

www.drinkmenu.net

第3位:アサヒ飲料 三ツ矢特濃オレンジスカッシュ

f:id:drinkoon:20200509022058j:plain

特濃とアピールするだけあって本当に濃い味のオレンジ炭酸の”三ツ矢特濃オレンジスカッシュ”はほのかにビターテイストっぽさを感じる濃いオレンジ炭酸に少し強めの酸味と微炭酸が舌と喉に絡みついてで唾液をじゅわじゅわ分泌しまくる味わい、

果汁20%と微炭酸のタッグはガチのオレンジ炭酸の美味しさをペットボトル飲料で、よくここまで表現できたものだ!と感心するほど。

オレンジ炭酸と言えばオランジーナが有名だが味わいで言えば三ツ矢特濃オレンジスカッシュのほうが上、

オランジーナより苦くなく、オランジーナよりも濃い味のオレンジ炭酸になり完全に美味いオレンジスカッシュと自信をもっておすすめできるドリンクです。

※オランジーナを引き合いに出していますが、通常版のオランジーナのこと。

www.drinkmenu.net

第2位:アサヒ飲料 Welch's ザ・プレミアムグレープ

f:id:drinkoon:20200509022945j:plain

コンコード種のみを使用したグレープ炭酸のWelch'sザ・プレミアムグレープは2020年4月14日の発売から話題となったドリンク、話題の原因はもちろんうまいから。

その味わいはキメの細かい微炭酸と本格グレープのコク深い味が絡み、いかにもウェルチらしい濃い味ドリンクの世界に引きずり込んでいく。

甘み、コク、酸味、果汁、炭酸の全てが濃縮されたパーフェクトに近いぶどう炭酸の味わいです。

これはペットボトル飲料とは思えないほど完成度が高く、高級感すら備わる味、高そうなホテルのソフトドリンクメニューでグラスに注いでしまえばペットボトル飲料とバレないであろうほどのもの。

ウェルチのぶどうジュースは濃さゆえにどうしてもぶどうの”えぐみ”が出てしまうけどそれも無し。

完璧です。

www.drinkmenu.net

第1位:サントリー オランジーナ100

f:id:drinkoon:20200509024846j:plain

通常版のオランジーナとは異なるオランジーナ100は2020年4月7日からリニューアルして新しくなった果汁分100%の微炭酸飲料、砂糖不使用、コールドプレスオイルを使用とリニューアルされ相当な美味さに変貌しています。

その味は濃いオレンジ味に微炭酸が絡み合いインパクトの強い味が味覚を刺激、酸味はかなり強めとなっており唾液の分泌が連続的に発生。

三位にランクインの三ツ矢特濃オレンジスカッシュも相当にうまいオレンジ炭酸ですがオランジーナ100の方が上、初めて飲む方はひと口目からインパクトの強さに驚くでしょう。

オランジーナ100は過去最高傑作のオレンジ炭酸と評価しています。

www.drinkmenu.net

なるべく現行商品でランキングを作りたいが...

今回厳選したソフトドリンクランキング、現行商品やレギュラー商品を加えたほうがユーザーの為になるのか?と悩みました。

製造販売している商品をランキングに入れてしまう、期間限定商品をランキングにしてしまうとランキングを見ても買えない人が出てしまうからです。

それでもあえて無視なランキングの理由は本気のうまいヤツを伝える為、大手サイトの口コミやランキングが適当すぎるから、結局はコカ・コーラや三ツ矢サイダーをベスト3にするようでは面白くないからです。

確かに販売本数が多いドリンクはうまい、でもそれは皆知ってる事でありちょっとやそっとじゃ動かないランキング....それを見た方に得るものがあるのかどうか?と考えればコカ・コーラ等は無視したほうが面白いと考えています。

今後も大量のドリンクを日々飲み続けてまずいものは不味い!とはっきりレビューしていきますのでよろしくお願いします~!