ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

Gokuri カシス&オレンジは大人の味わいとか関係なしに美味い

Gokuri カシス&オレンジ

サントリー『Gokuri カシス&オレンジ』

果実をまるごとほばったような飲み心地のGokuriシリーズの新作を実際に飲んで感想と評価をしてみよう

オレンジのみずみずしい果実とカシスの香りが楽しめる大人のGokuri

Gokuri カシス&オレンジ

サントリーから2019年11月19日に新発売となった『Gokuri カシス&オレンジ』はブランドコンセプトである”まるごと果実のおいしさを実感できる味わい”をもとにオレンジのみずみずしい果実感とほんのり広がるカシスの香りが楽しめる大人の果実ドリンクだ。

果汁は20%でGokuriシリーズの特徴でもある400gのボトル缶、パッケージデザインはオレンジとカシスをモチーフにイエローとパープルのグラデーションをかけた高級感のあるデザインとなっている。

Gokuri カシス&オレンジ

サントリーのGokuriシリーズは多めの果汁で濃い味、満足度の高い果実系飲料と高評価のドリンク、これまでに飲んで来たGokuriはどれも満足度の高い味わいだった。

やっぱりうまかった!サントリー ゴクリ(Gokuri)芳醇ぶどう

サントリー「gokuriグレープフルーツ」のパッケージが微妙に変更、味は?

桃を食っているような飲み応え、2019年版「Gokuriふんわりピーチ」がうめえ!

大人の果実ドリンク、サントリー『Gokuri秋ぶどう』の濃厚で優しい味

冬のドリンク市場はクリスマスや年末年始のパーティーシーンに合わせてカシスやぶどう系の炭酸新商品が多く発売される季節、Gokuriは炭酸飲料ではないがパッケージデザインからパーティー対応の華やかさが感じられる。

Gokuri カシス&オレンジの原材料名と栄養成分表示

Gokuri カシス&オレンジの原材料名
Gokuri カシス&オレンジの栄養成分表示

Gokuri カシス&オレンジの原材料名

品名:20%混合果汁入り飲料

原材料名:果実(オレンジ、カシス)、糖類(果糖ぶどうとう液糖、砂糖)、果実繊維(オレンジ)/酸味料、香料、乳酸Ca、安定剤(増粘多糖類)、ビタミンC、カロチノイド色素

Gokuri カシス&オレンジの栄養成分表示(100gあたり)

  • エネルギー 44kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 10.9g
  • 食塩相当量 0g

Gokuri カシス&オレンジ400g缶パッケージより引用

 

発売直後のGokuri カシス&オレンジのネット評価や口コミをみると総じて”おいしい”の評価、カシスとオレンジの組み合わせを「カシオレ」なんて省略している人もいるほどメジャーなブレンドになる。

カシスオレンジはカクテルでも定番の組み合わせでありソフトドリンクとしても美味い、それがシリーズを通して定評のあるGokuriシリーズなら美味いに決まっているようにしか思えない。

カクテルのカシスオレンジに近い味わい、大人向けとか関係なしに美味い

Gokuri カシス&オレンジ

Gokuri カシス&オレンジのフタをあけて香りを嗅いでみるとカクテルのカシスオレンジを少し薄くしたような香り、これは柑橘類系ソフトドリンク特有の飲欲をそそる香りだ。

実際にGokuri カシス&オレンジを飲むと口あたりはまろやかなカシスオレンジの果汁飲料、その直後に酸味が一気に人がり後味にすっぱさが残り唾液をじゅんわりと分泌させるよな味わい...実にみずみずしく美味い!

果実の味は全体的にオレンジ味が強め、カシス感は香りと口あたりに感じるようになってる。

また細かい果肉...原材料名でいうところのオレンジの果実繊維なのだろうか、これが飲感だけでなく食感をもそそる味わいも美味さのポイントだろう。

Gokuri カシス&オレンジは”大人の味わい”とはなっているが実際は大人も子供関係なしに美味しく味わえる果実系ドリンクと高評価だ。

やはりサントリーのGokuriシリーズにハズレはない、

そんな風に、僕は思う。