ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

マイナー炭酸飲料「冬限定 愛媛ポンカンサイダー」は素材本来の甘さで勝負してほしかった

愛媛ポンカンサイダー

㈱えひめ飲料「愛媛ポンカンサイダー」

糖度の高い柑橘系ポンカンのサイダーを実際に飲んで感想と評価をしてみよう

甘い香りと濃厚なコクの「ポンカン」を冬限定発売のポンカンサイダーで

愛媛ポンカンサイダー

ポンジュースの㈱えひめ飲料から冬限定ではいつばいされる「愛媛ポンカンサイダー」は酸味が少なく甘みのある柑橘”ポンカン”果汁10%に炭酸ガスを加えた炭酸飲料だ。

ポンカンとは柑橘であり簡単に言ってしまえばみかんの一種、昭和の時代ではポンカンと言えば何を示すのか常識だったと思うが平成生まれにポンカンといっても通じない可能性が高いと思っている。

愛媛ポンカンサイダー

みかんで有名な愛媛県では全国的に知られていない柑橘が多く存在、そんな隠れた柑橘のおいしさを届けたくて誕生したのが”えひめ逸品柑橘シリーズ”になり秋には同シリーズの「きよみサイダー」も発売されている。

www.drinkmenu.net

だがえひめ逸品柑橘シリーズが曰くように「きよみ」も全国的には知られていない柑橘が現状だろう、

平成生まれての20代が「きよみってうまいよね~!」なんて文字だけ見ても清美さんという名の女性が何かが上手だろうと思うはず、

漢字で「きよみって美味いよね~!」にすると清美さんの作る料理が美味いのか、それとも清美さん自信が美味い女と風俗ジャンルにおける男性ならではの会話になってしまうかもしれない。

愛媛県には悪いが20代にとっての「ポンカン」「きよみ」とはこのような感覚が現実だと僕は考えている。

もっと言えばPOMをポンと読めるか、ポンジュースの存在を知っているか、この辺も気になるところだ。

冬限定「愛媛ポンカンサイダー」の原材料名と栄養成分表示

愛媛ポンカンサイダーの原材料名
愛媛ポンカンサイダーの栄養成分表示

名称:10%ポンカン果汁入り飲料(炭酸ガス入り)

原材料名:ポンカン(愛媛県)、果糖ぶどう糖液糖/炭酸、酸味料、香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース、アドバンテーム)、カロチン色素、ビタミンC

冬限定「愛媛ポンカンサイダー」の栄養成分表示(100mlあたり)

  • エネルギー 29kcal
  • たんぱく質 0.1g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 7.2g
  • 食塩相当量 0.09g

冬限定「愛媛ポンカンサイダー」410mlPETパッケージより引用

 

日本における柑橘系炭酸飲料で知名度の高さはファンタオレンジだろう、または三ツ矢サイダーの柑橘系シリーズやオランジーナといった大企業の商品になる。

だが大企業の商品だからといって美味しいとは限ら...否、ファンタオレンジもオランジーナも日本人の味覚に合わせた味わいが多くうまいのもが多い。

今回飲むえひめ飲料のポンカンサイダーはどうだろうか、マイナードリンクの意地を感じる味わいを期待して飲んでみよう

薄味なのでインパクトが弱い炭酸飲料、物足りなさを感じる

愛媛ポンカンサイダー

愛媛ポンカンサイダーのフタをあけて香りを嗅いでみるとみかんとレモンをブレンドしたような香り、パッケージに記載されている甘い香りではない。

実際に飲むと炭酸のキメが細かく優しいみかん味の炭酸ドリンク、悪く言えばインパクトが弱い薄味の炭酸ドリンクだ、まずくはないがポンカンの甘さや濃厚なコクは少ないとしかいいようがない。

ポンカンの特徴である酸味ひかえめはしっかりと表現されている。

気なるのは原材料にある人工甘味料使用の部分になる。

せっかくポンカン果汁のみで作った冬限定のポンカン炭酸なのだからポンカンの特徴である”酸味が少なく甘みたっぷり”をそのままで、素材本来の甘さで表現、勝負して欲しかった。

というのも後味に人工甘味料特有の味である「口内に残るイヤな甘さ」が若干あるのだ。

甘さを調節して飲みやすく売れ筋炭酸飲料の味わいに近づけたい気持ちは分かるが本気でポンカン炭酸飲料のおいしさを届けたいのならばもっと尖った味わいにするべきだろう。

愛媛ポンカンサイダーはまずくはないが話題になる要素がないドリンク、

そんな風に僕は思う。