ドリンクメニュー

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

カナダドライ「ピーチ ジンジャーエール」の味は炭酸プーアル茶のような味

f:id:drinkoon:20180801235309j:plain

2018年7月30日から全国販売となったコカ・コーラのカナダドライブランド「ピーチ ジンジャーエール」

桃の果汁とジンジャーを深く味わう

大人に嬉しい甘さ控えめの味わい 

f:id:drinkoon:20180801235912j:plain

2018年7月30日に新発売となったカナダドライ ピーチ ジンジャーエールは夏が旬の桃の果汁とジンジャーエールの強炭酸の刺激で気分転換や家族、友人と過ごす時に飲む...がコンセプトのドリンクになる。

パッケージデザインは桃を背景にカナダドライ、ピンク色にジンジャーエールの飲料色が上品な雰囲気だ。

 

100mlあたり32kcal、ペットボトルで通常の炭酸飲料と価格は変わらないがワンランク上のドリンクのような印象を与えているのもピーチジンジャーエールの特徴とも言えるだろう。

炭酸プーアル茶のような味

f:id:drinkoon:20180802000909j:plain

ジンジャーエールの桃味なんて全く想像が出来ない僕、これはもう絶対に飲んでみるしかないドリンク、それはある意味コカ・コーラジャパンからの挑戦状だと僕は認識している。

 

ここは普段よりも気合をいれながらペットボトルの蓋を開けてみた。

するとどうだろか、ピーチというわりに桃の香りは全くといっていいほどしない。

ああ、そうか、うだうだ言わずに飲めってっことだな、分かった飲んでやる。僕はそういう男だ。

「ほろ苦い桃の味」

基本的な味はジンジャーエールが強い、そこに桃の味が加わるのだが若干の苦みを感じるような桃の味になる。

そもそもジンジャーエール自体が大人の飲み物だとは思うが、ピーチジンジャーエールは更に大人のドリンクになるだろう。

しかし全体的な味としてはジンジャーエールでも桃でもない.... どちらかと言えばお茶系の味だ、それも炭酸が効いたプーアル茶、またはウーロン茶のような味といった表現が近いだろう。

つまりピーチジンジャーエールに桃の味は期待しないほうが良い...これが僕の感想だ。

食事の時に飲む炭酸としてはとても面白いドリンクではないだろうか。

そんな風に、僕は思う。

関連ドリンク

www.drinkmenu.net