ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

熱中症対策「三ツ矢サイダー ソルティ」ちょっと塩が入るだけでスゲー美味いんですけど!

スポンサードリンク

三ツ矢サイダー ソルティ

アサヒ飲料 三ツ矢サイダー ソルティ MITSUYA Salty LIMITED EDITION

沖縄の海塩をいれた熱中症対策にもなる強炭酸の三ツ矢サイダーを実際に飲んだ感想と評価について

沖縄の海塩をひとつまみ、夏限定「三ツ矢サイダー ソルティ」

アサヒ飲料から2021年7月13日に期間限定で発売された「三ツ矢サイダー ソルティ」は強炭酸の三ツ矢サイダーに沖縄の海塩を配合した熱中症対策にもなる炭酸飲料だ。

発売期間は2021年9月末ごろまで、夏をサポートするSEA SALTな三ツ矢サイダーとなっている

三ツ矢サイダー ソルティ500mlペットボトル:140円(消費税別) 151円(消費税込み)

総合評価 塩のせいか、通常版の三ツ矢サイダーよりも味の深みとコクが増しているように感じます。また柑橘フレーバーの旨みも増している感じでとても美味しい!

三ツ矢サイダー ソルティ

三ツ矢サイダー ソルティが熱中症対策にもなる理由は100mlあたりナトリウム40mg(食塩相当量0.1g/100ml)を配合によるもの、

これは食品表示基準対応の熱中症対策表示ガイドラインによるところで厚生労働省の「職場における熱中症の予防」についての水分・塩分の摂取量等にも当てはまる数値だ。

身体作業強度等に応じて必要な摂取量等は異なるが、WBGT基準値を超える場合は、少なくとも、0.1~0.2%の食塩水、ナトリウム40~80mg/100mℓのスポーツドリンク又は経口補水液等を、20~30分ごとにカップ1~2杯程度を摂取することが望ましい。

厚生労働省:職場における熱中症の予防について

三ツ矢サイダー ソルティ

ただし三ツ矢サイダー ソルティが実際に熱中症対策になるか?といえば微妙な部分がある。

というのも三ツ矢サイダー ソルティは炭酸飲料なのでスポーツドリンクのように飲むのもではなく、一度開栓したら飲みきらないと炭酸が抜けて不味くなる、それが気温が高い屋外で考えればなおさらのこと。

炭酸が抜けた冷えてないサイダーを熱中症対策に飲め..と言われても困ってしまうもの、三ツ矢サイダー ソルティはあくまで熱中症対策にもなる三ツ矢サイダーということなのだ。

三ツ矢サイダー ソルティの原材料名と栄養成分表示

三ツ矢サイダー ソルティ,原材料名
三ツ矢サイダー ソルティ,栄養成分表示

名称:炭酸飲料

原材料名:果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、食塩/炭酸、酸味料、香料

内容量:500ml

【三ツ矢サイダー ソルティの栄養成分表示(100ml当たり)】

  • エネルギー 40kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 10g
  • 食塩相当量 0.1g

三ツ矢サイダー ソルティ500mlPETパッケージより引用

熱中症対策にもなる飲料で炭酸を含むものは以前は少なく、非炭酸のスポドリ風飲料かソルティライチが主体だった。

その流れが変わり始めたのが2020年の夏シーズン、アクエリアススパークリングあたりから熱中症対策にもなる炭酸飲料がちらほら出始めてきたのだ。

本当に熱中症対策飲料を飲むなら経口補水液でも飲んでろって話だが、飲むにしたって美味しい飲みものが良いに決まっている。

www.drinkmenu.net

ならば配合されるナトリウムが少なく効果が薄くても美味しいから飲むといった考えによる熱中症対策もありだと考えている。

はたして三ツ矢サイダー ソルティは美味いのか、実際に飲んで確かめてみよう~!

通常の三ツ矢サイダーよりも味のコクが深まっている、美味い!

三ツ矢サイダー ソルティ,ペットボトルキャップ

三ツ矢サイダー ソルティのペットボトルキャップをあけて香りを嗅いでみると通常版の三ツ矢サイダーと同じ香り、香りについて何か特別な違いはなさそうだ。

実際に飲むとほんの少しだけしょっぱさがある三ツ矢サイダーなのだが、塩のせいだろうか、全体的に味のコクと深みが増し甘さも強まっているように感じる。

とくに後味に残る三ツ矢サイダーのレモンライムのような柑橘フレーバーが濃いめに感じるところ、ベースが三ツ矢サイダーなだけあってやっぱり美味い!

通常版の三ツ矢サイダーが100mlあたり食塩相当量0.02g、三ツ矢サイダー ソルティは100mlあたり0.1gとなり5倍のナトリウムで旨みが増すなら通常版三ツ矢サイダーのナトリウムをもっと増やしてしまえばいいのに...!なんて思うところだ。

もしかすると沖縄の海塩が旨みを引き出している可能性もあるが...

そんな風に、僕は思う。