ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

神戸居留地スパークリングウォーター(炭酸水)3種類飲み比べレビュー

スポンサードリンク

TOMINAGA,神戸居留地スパークリングウォーター

TOMINAGA「神戸居留地スパークリングウォーター」

激安飲料で有名な富永食品㈱の炭酸水3種類を実際に飲んだ感想と評価について

TOMINAGA「神戸居留地スパークリングウォーター」

富永食品㈱の飲料ブランド”神戸居留地”から発売される炭酸水「神戸居留地スパークリングウォーター」は350ml缶1本の実売価格が40円~50円前後で売られている激安の炭酸水だ。

総合評価 強炭酸といえるほど炭酸が強くなく、一般的な炭酸飲料と同じぐらいの刺激です。
3種類とも炭酸水特有の苦みが少なく感じる部分がグッド、ノンフレーバーのプレーンタイプが最も美味いと思います。

スレーバーは3種類をラインナップ、攻めたフレーバーではなく炭酸水の王道に沿ったものになる。

  • 神戸居留地スパークリングウォーター(プレーン)
  • 神戸居留地スパークリングウォーターレモン
  • 神戸居留地スパークリングウォーターグレープフルーツ

350ml缶以外に190ml缶もあり、190ml缶の実売価格は1本35円前後のヤバすぎな激安っぷり。

缶を開け切りの割材として使うなら190mlの方が使いやすいメリットがある。

神戸居留地スパークリングウォーター

神戸居留地スパークリングウォーター

神戸居留地スパークリングウォーター(プレーンタイプ)は純水を100%使用した強炭酸のスパークリングウォーター。

はっきり言ってしまえば水と炭酸のみで構成された炭酸水、それでもラインナップの基本となる炭酸水なのでシリーズの中でも重要度は高いものになる。

神戸居留地スパークリングウォーターの原材料名
神戸居留地スパークリングウォーターの栄養成分表示

名称:炭酸飲料

原材料名:水/炭酸

内容量:350ml

【栄養成分表示(100mlあたり)】

  • エネルギー 0kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 0g
  • 食塩相当量 0g

神戸居留地スパークリングウォーター350ml缶より引用

神戸居留地スパークリングウォーター,缶上部

神戸居留地スパークリングウォーターのプルタブをあけた後、一応香りを確認してみると無臭で安心。

実際に飲むと思ったほど炭酸は強くない。

これは強炭酸とよべるガス圧ではなく一般的な炭酸飲料と変わらない感覚なので強刺激は期待しないほうがよいだろう。

神戸居留地スパークリングウォーターの良い点は、炭酸水を飲んだ時に感じる特有の「苦み」が少ない部分だ。

苦みが少ないので水のようにグビグビと飲めてしまい、何だか割材として使用するのが勿体ないように思える。

神戸居留地の炭酸水ラインナップの中で最も面白くない、多分苦いと思っていたプレーンタイプだけに意外な結果...

激安価格の炭酸水でも高評価したい。

神戸居留地スパークリングウォーターレモン

神戸居留地スパークリングウォーターレモン

神戸居留地スパークリングウォーターレモンは純水100%に強炭酸を加え、レモンも香料をのせたフレーバー炭酸水だ。

レモンの炭酸水は割剤として使う人も多く、どれだけレモン感を表現できているか?が重要なポイントになる。

激安価格とはいえ、たんにレモンの香りがするだけではユーザーは満足しないのは昨今の炭酸水市場を見ても明らかである。

神戸居留地スパークリングウォーターレモンの原材料名
神戸居留地スパークリングウォーターレモンの栄養成分表示

名称:炭酸飲料

原材料名:水/炭酸、香料

内容量:350ml

【栄養成分表示(100mlあたり)】

  • エネルギー 0kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 0g
  • 食塩相当量 0g

神戸居留地スパークリングウォーターレモン350ml缶より引用

神戸居留地スパークリングウォーターレモン,缶上部

神戸居留地スパークリングウォーターレモンのプルタブをあけて香りを嗅いでみるもレモンの香りは弱めだ。

フレーバー炭酸水は香りが重要なのに...大丈夫か?

実際に飲むとレモン感が少しある程度の炭酸水、プレーンタイプ同様に強炭酸ではなく普通の炭酸になっている。

香りが弱いのもあり柑橘感も弱い。

一般的なレモン炭酸水をイメージしていただけあって低評価だ、不味いわけではないがプレーンタイプとあまり変わらない味わいになっている。

神戸居留地スパークリングウォーターグレープフルーツ

神戸居留地スパークリングウォーターグレープフルーツ

神戸居留地スパークリングウォーターグレープフルーツは、純水100%に強炭酸とグレープフルーツの香料を加えたフレーバー炭酸水。

苦みがある炭酸水と柑橘フレーバーの組み合わせはメジャーな存在だが、味のないグレープフルーツ+炭酸水は苦みが増してしまうといった弱点がある。

美味しいグレフル炭酸水を作るのは難しいとされており、激安価格の神戸居留地で可能なのだろうか?

神戸居留地スパークリングウォーターグレープフルーツの原材料名
神戸居留地スパークリングウォーターグレープフルーツの栄養成分表示

名称:炭酸飲料

原材料名:水/炭酸、香料

内容量:350ml

【栄養成分表示(100mlあたり)】

  • エネルギー 0kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 0g
  • 食塩相当量 0g

神戸居留地スパークリングウォーターグレープフルーツ350ml缶より引用

神戸居留地スパークリングウォーターグレープフルーツ,缶上部

神戸居留地スパークリングウォーターグレープフルーツのプルタブをあけて香りを嗅いでみると、みずみずしくフレッシュなグレープフルーツの香り。

神戸居留地の炭酸水ラインナップの中でグレープフルーツが最も香りがよい。

実際に飲むとグレープフルーツ感バッチリ!の炭酸水、この味わいなら割材に使ってもグレフルフレーバーが十分に残るはずだ。

炭酸水特有の苦みはそこそこ強く感じるものの、柑橘感とグレフル感との相性は悪くないもの、ビターテイストで大人っぽくグビグビっと飲めてしまう炭酸水でもある。

強炭酸ではないが、不味い炭酸水ではない
 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

岩田夢雲(ドリンク―ン)(@drinkoon)がシェアした投稿

神戸居留地の炭酸水3種類を飲み比べた結果、最もグッド!と評価できるのはフレーバー無しのプレーンな神戸居留地スパークリングウォーターだ。

次が苦みが強いグレープフルーツ、最下位がレモンになる。

強炭酸とはなっているが実際は普通の炭酸とあまり変わらないものがあり、強い刺激を求める層には合わないように思えるところ。

それでも神戸居留地の炭酸水3種は苦みが少なく感じるのがグッドだ、激安価格でこの味わいなら全く問題ないお得な炭酸水と評価できる。