ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

強烈なすっぱさと刺激の強炭酸飲料「がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリング」が強い!

ポッカサッポロ がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリング

ポッカサッポロの「がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリング」

UHA味覚糖シゲキックスとがぶ飲みシリーズのコラボドリンクを実際に飲んで感想と評価をしてみよう

意識低い系ドリンクの「がぶ飲み」シリーズに強烈な酸っぱさを加えたレモンスパークリング炭酸飲料が登場

ポッカサッポロ がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリング

ポッカサッポロの”がぶ飲み”ブランドとUHA味覚糖の”シゲキックス”ブランドがコラボした『がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリング』が2019年10月7日より新発売となった。

がぶ飲みブランドはがぶがぶ飲める炭酸飲料をコンセプトとした中高生に人気のドリンクとなっているが同時に”意識低い系ドリンク”ともよばれる炭酸飲料、

価格が安くいかにも人工的な味わいのパッケージデザインが特徴的だが最近のがぶ飲みブランドのパッケージはダサイ感ではなくなってきている。

ポッカサッポロ がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリング

新発売となった『がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリング』はUHA味覚糖からライセンスを受けてポッカサッポロが製造・販売されたドリンクでありUHA味覚糖のシゲキックスの味わいをイメージした商品、

目覚めるような酸っぱさと後味の甘さがセールポイントの炭酸飲料だ。

また今回のコラボはUHA味覚糖もグミでコラボ所品を発売した。

「がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリング」がどれぐらいUHA味覚糖の酸っぱさを表現出来ているかも評価のポイントになる。

「がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリング」の原材料名と栄養成分表示

がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリングの原材料名
がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリングの栄養成分表示

「がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリング」の原材料名

砂糖/酸味料、炭酸、甘味料(スクラロース)、香料、乳化剤、黄色4号

「がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリング」の栄養成分表示(100ml当り)

  • エネルギー 15kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 4.2g
  • 食塩相当量 0.35g
  • クエン酸 1720mg

「がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリング」500mlPETパッケージより引用

 

「がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリング」はレモン味だが無果汁の強炭酸飲料、目が覚める酸っぱさと強い刺激が期待できそうだ。

強烈な酸っぱさと強い刺激、確かに目が覚める味わい

がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリング

「がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリング」のペットボトルキャップには開栓時に吹き出しが注意とあるのでゆっくり開栓、香りを嗅いでみるとかすかにレモンの香りだ。

実際に飲むとひと口目から強烈な酸っぱさが舌を直撃、そこに強炭酸の刺激も合わさり味のインパクトはかなりのものだ。

”マジやべぇ酸っぱさと刺激”

このような表現が妥当だろう、強すぎる!

「がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリング」は確かに目覚める酸っぱさであり刺激もかなり強い炭酸飲料、後味に人工甘味料の甘さが残るのだが刺激と酸味が強いのであまり気にならない。

ひとつ難点があるとすればあまりの酸っぱさと強炭酸により”がぶがぶ飲む”が困難な点だろう、これをがぶ飲みするのは何かの罰ゲームのような過酷さがある。

チャレンジ精神のある人は「がぶ飲み シゲキックスレモンスパークリング」を実際にがぶ飲みしてはどだろうか。

そんな風に、僕は思う。