ドリンクメニュー

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

無糖なのに梅のコクを感じる炭酸水『サントリー天然水クラフトスパークリング 無糖うめ』

サントリー 天然水クラフトスパークリング 無糖うめ

サントリーの天然水クラフトスパークリング無糖うめ

ファミリーマート限定発売の炭酸水を実際に飲んで感想と評価をしてみよう

果汁1%の無糖炭酸水「天然水クラフトスパークリング 無糖うめ」

サントリー 天然水クラフトスパークリング 無糖うめ

ファミリーマート限定で発売されるサントリーの『天然水クラフトスパークリング 無糖うめ』は無糖なのにコクのある味わいを実現した果汁1%の炭酸水、

水はサントリーの天然水を使用、梅エキスと有機ぶどう果汁と南高梅果汁を加えることにより満足感のある飲み応えが特徴...と、サントリーはしている。

炭酸水といえば昨今の日本においてかなりの需要がある飲料であり基本水の炭酸水はダイエット中の小腹満たし効果としての需要も高い。

それだけではなく炭酸水を使って頭を洗う”炭酸水シャンプー”まで出現する状況となっており自宅で簡単に炭酸水が作れるソーダストリームはテレビCMでもよく見かけるほどの存在にまで成長した。

しかしフレーバーの無い炭酸水とは後味に苦味が発生するのも炭酸水の特徴のひとつ、それを解消すべく大手飲料メーカーは炭酸水に様々なフレーバーや味を加えてソフトドリンクの飲み応えに接近させようと試みる...これがドリンクマニアである僕の見解だ。

やはり飲み物としてペットボトルで炭酸水を販売するからには味は重要な要素、しかも基本水と炭酸なのだからコスト面を考えても飲料メーカーにとって重要な位置づけになるはずだ。

そんな市販のペットボトル炭酸水の売れ筋はサンガリアで間違いない。

www.drinkmenu.net

伊賀の天然水強炭酸レモンは普通の炭酸水なのだが価格や安いのが最大のメリット、サンガリアと言えば激安ドリンクのイメージだが小泉孝太郎さんをテレビCMで起用してバンバン流すことによりサンガリアのブランドイメージは随分と変化してきた。

最近ではウィルキンソンクールシトラスが『冷たさ』といった新しいコンセプトの炭酸水を発売、炭酸水市場は次にステージに突入してきた感がある。

www.drinkmenu.net

今回飲むファミリーマート限定発売の『サントリー 天然水クラフトスパークリング 無糖うめ』は果汁1%の炭酸水、しかも梅である。

梅干し嫌いな僕の舌と口と喉がどのような評価をするのか、じっくりと味わってみよう。

『サントリー天然水クラフトスパークリング無糖うめ』の原材料名と栄養成分表示

サントリー天然水クラフトスパークリング無糖うめ

『サントリー天然水クラフトスパークリング無糖うめ』の原材料名

ナチュラルミネラルウォーター、果汁(有機ぬどう、梅)はちみつ、ローストシュガー、食塩、梅エキス/炭酸、香料、酸味料、酸化防止剤(ビタミンC)

『サントリー天然水クラフトスパークリング無糖うめ』の栄養成分表示(100mlあたり)

  • エネルギー、たんぱく質、脂質 0
  • 炭水化物0.4g(糖類0g)
  • 食塩相当量0.05g

サントリー天然水クラフトスパークリング無糖うめ500mlPETパッケージより引用

サントリー 天然水クラフトスパークリング 無糖うめ 500ml×6本
 

 ペットボトルパッケージには記載されていがカリウム(100mlあたり)1.0mg未満、リン(100mlあたり)約10mg

全国のファミリーマートで販売...のはずがアマゾンで販売されしまっている。

このような状態はセブン&アイ限定商品ドリンクではあまり目にすることはない(販路限定で売られている場合あり)がファミリーマートだと事情が異なるのだろうか。

少し苦味のあるウメッシュのような味わい、無糖なのにコクはある

サントリー天然水クラフトスパークリング無糖うめ

サントリー 天然水クラフトスパークリング 無糖うめのペットボトルキャップをあけて香りを嗅ぎまくってみるとウメッシュのような香り、しっかりと梅の香りがする炭酸水だ。

実際に飲んでみると口あたりは薄いウメッシュの味、だか少し苦味を感じる梅味の炭酸で原材料にあるハチミツを期待していたのだがハチミツ感は全く感じられなかった。

無糖なのにコクがあるかどうか?については確かにコクはある、たんなる炭酸水を飲んでいる感覚とは違う飲み応え...さすがサントリーだ。

サントリー 天然水クラフトスパークリング 無糖うめ 500ml×6本
 

炭酸水と言えば後味の苦味がポイントになるがサントリー 天然水クラフトスパークリング 無糖うめの後味は苦味は少なめといったところ。

無糖なのに梅のコクを感じる炭酸水、味はウメッシュをかなり薄くしたものになる『サントリー 天然水クラフトスパークリング 無糖うめ』だが飲んでいる内に砂糖を加えると更にコクが深くなりうまくなるのでは?と僕の中のお茶目な少年魂がざわつきはめた。

さっそくグラスに注いでから砂糖を加えてかき混ぜて飲んでみるとコクと甘さが増し、梅の有糖ソフトドリンク炭酸飲料になった。

コレは良い...ということで今度はガムシロップを加えるとウメッシュ的な味わいに接近、完全に甘い梅の炭酸飲料が出来上りとなる...

が、わざわざ無糖の炭酸水を有糖にして飲む行為の無意味さにある種の虚しさが隠しきれないのも事実。

せっかく市販のペットボトル炭酸水でコクを感じる梅味として発売しているのだからその通りに飲むことをおすすめする。