ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

申し訳ないがまずい!「プラス糀 糀甘酒 豆乳ブレンド」は味が薄すぎ、甘さ弱すぎ、後味に苦みあり

スポンサードリンク

マルコメ,プラス糀,糀甘酒,豆乳ブレンド

マルコメ「プラス糀 糀甘酒 豆乳ブレンド」125ml

アルコール分0%の甘酒と豆乳をブレンドしたドリンクを実際に飲んだ感想と評価について

米糀から作った糀甘酒に豆乳をブレンド「プラス糀 糀甘酒 豆乳ブレンド」砂糖不使用

マルコメ,プラス糀,糀甘酒,豆乳ブレンド

マルコメ㈱から発売される紙パック125mlの甘酒飲料プラス糀シリーズの 「糀甘酒 豆乳ブレンド」は米糀から作った甘酒に豆乳(国産豆乳100%使用)をブレンドした砂糖不使用、

アルコール分は0%かつ乳幼児用規格適用食品なので小さな子供でも安心して飲める甘酒・豆乳飲料になる。

乳幼児用規格適用食品とは平成24年4月1日~厚生労働省によって食品中の放射性物質の基準値として1歳未満の子供を対象とした乳児用食品には一般食品より低い放射性物質の基準値が適用されたものになる(一般食品 100ベクレル/kg、 乳児用食品 50ベクレル/kg)

https://www.drinkmenu.net/entry/marukome-plusamasakeより引用

甘酒と豆乳をブレンドになるので甘酒豆乳飲料と表現したほうが分かりやすいかもしれないが、実際の味が甘酒寄りなのか豆乳寄りなのかで評価が変わってくるというもの。

商品名やパッケージデザインからして甘酒をメインとした飲料と考えるのが自然だろう。

マルコメ「プラス糀 糀甘酒 豆乳ブレンド」の原材料名と栄養成分表示

マルコメ,プラス糀,糀甘酒,豆乳ブレンド,原材料名
マルコメ,プラス糀,糀甘酒,豆乳ブレンド,栄養成分表示

名称:甘酒豆乳ブレンド

原材料名:豆乳(大豆を含む)、甘酒(米、米こうじ、食塩)

内容量:125ml

【マルコメ「プラス糀 糀甘酒 豆乳ブレンド」の栄養成分表示(1本125ml当たり)】

エネルギー 76kcal

  • たんぱく質 3.5g
  • 脂質 1.0g
  • 炭水化物 13.2g
  • 食塩相当量 0.21g
  • ショ糖 0.4g
  • アルコール 0%

マルコメ「プラス糀 糀甘酒 豆乳ブレンド」125mlパッケージより引用

甘酒はその栄養価の高さや成分から”飲む点滴”や"飲む美容液"なんて表現をする場合があり健康と美容意識の高い人が好む...というよりも近年ネットで甘酒を”飲む〇〇”と表現する記事の影響があって女性に人気が出ているように考えている。

ただ僕からすれば”飲む点滴”と表現する飲料はポカリスエットのほうが正しい

ポカリは点滴の成分を元に開発された飲料であり”汗の飲料”とも呼ばれるもの、甘酒の栄養価が優秀なのは分かるが見た目も喉越しも点滴とは程遠いものだ。

※実際に点滴を飲んだことがないから点滴の味や喉越しが分かりませんし、飲んだ事がある人も少ないだろうし、点滴に味がついているとも思えません。

普通に甘酒を飲むか豆乳を飲んだ方が無難、味が薄くてまずい!

プラス糀,糀甘酒,豆乳ブレンド

香りを確認するためプラス糀 糀甘酒 豆乳ブレンドの紙パック上部を少し切って嗅ぎまくってみると甘酒の香りがわずかに香る程度、

これなら甘酒の香りが苦手な人でも問題ないだろう。

実際に飲むとパッケージに記載の通り、口あたりは確かにまろやかなのだが甘酒味が超薄く、豆乳味も薄い。

さらにさらに甘さも弱すぎる。

豆乳と糀の甘みが特徴のはずだが全然甘くないし、何なら後味に少々の苦みが残るほどだ。

プラス糀 糀甘酒 豆乳ブレンドのイメージは甘酒メインというよりは苦みのある豆乳に甘酒フレーバーを加えたような感じ、はっきり言ってまずいドリンクなので味を求めての購入はおすすめできない。

これなら普通に甘酒を飲むか、豆乳を飲むか、のほうが良いだろう。

健康と美容を考えるなら朝に豆乳を飲んで昼に甘酒を飲んで夜にポカリスエットを飲んでおけばいんじゃないか...なんて飲料ブレンドの根本を覆すようなことを思ったりもしてしまう。

プラス糀 糀甘酒 豆乳ブレンドについての評価が少々辛口になってしまったのは申し訳ないところ、だが忖度無しの評価とはこういうことなのだと僕は考えている。

関連ドリンク

www.drinkmenu.net