ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

山形県産米はえぬきを使用した「森永のやさしい米麹甘酒」はスッキリした味わいのライトな甘酒、初心者にグッド!

スポンサードリンク

森永製菓,森永のやさしい米麹甘酒,はえぬき

森永製菓「森永のやさしい米麹甘酒 はえぬき

山形県産ブランド米”はえぬき”を使用したアルコール分0%の甘酒を実際に飲んだ感想と評価について

米麹原料のうち50%を山形県産ブランド米"はえぬき"を使用したスッキリテイスト「森永のやさしい米麹甘酒」

森永製菓,森永のやさしい米麹甘酒,はえぬき

森永製菓から発売の「森永のやさしい米麹甘酒」は国産米100%使用のアルコール分0%の甘酒、内50%が山形県産のブランド米”はえぬき”を使用した甘酒だ。

はえぬきを50%使用することでクセがなくスッキリした味わいの飲みやすい甘酒飲料として甘酒初心者~甘酒好きまで幅広く対応できる甘酒となっている。

では山形県産はえぬきとはどのような米なのか?

山形県産はえぬきは新潟県魚沼産コシヒカリに負けないぐらいのブランド米、

日本穀物検定協会のランキング評価でA~特A評価を持つはえぬきは甘さひかえめ、弾力があり冷えても美味しく食べられることから弁当やおにぎりと相性がよい米なのだ。

はえぬきはA~特Aクラスのブランド米でありながらも価格は抑えめ、またおにぎりとの相性の良さからセブンイレブンのおにぎりとして使われているのでセブンでおにぎりを買う層にとって実は身近な米になる。

そんな山形県産のはえぬき米麹50%使用の「森永のやさしい米麹甘酒」は”優しい甘さ”と表現しているがはえぬきは甘さひかえめの米、実際のところ飲んでみないと分からない人も多いと思う。

森永製菓「森永のやさしい米麹甘酒」の原材料名と栄養成分表示

森永のやさしい米麹甘酒,はえぬき,原材料名,栄養成分表示

名称:清涼飲料水 甘酒

原材料名:米麹、食塩

内容量:125ml

【森永製菓「森永のやさしい米麹甘酒」の栄養成分表示 1本(125ml)当たり】

  • エネルギー 85kcal
  • たんぱく質 1.6g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 19.7g
  • 食塩相当量 0.16g

森永製菓「森永のやさしい米麹甘酒はえぬき」125mlパッケージより引用

2020年9月に新発売された「森永のやさしい米麹甘酒」への評価をネット・SNSで調査した結果、後が少々微妙との声があるが概ね高評価が多い。

とはいっても「森永のやさしい米麹甘酒」に対する美味い・不味いの評価は少なく、同シリーズのコラーゲン配合タイプのほうが圧倒的に評価が多いのだ。

www.drinkmenu.net

甘酒はその豊富な栄養から美容と健康意識が高い女に注目されているドリンク、そこにコラーゲンをぶち込めば女の支持は高くなるというもの、

それでいてコラーゲン配合の森永のやさしい米麹甘酒は味も美味いのだからコラーゲンのほうが売れているのはよく分かる。

ならばベースとなる通常版もそれなりに美味い甘酒だとは思うのだが...

実際に飲んで確かめてみよう!

すっきりした味わいのライトな甘酒、とても飲みやすい

森永のやさしい米麹甘酒,はえぬき

「森永のやさしい米麹甘酒」を開封して香りを嗅ぐとこってりとした甘酒の香りだ、甘酒の香りが苦手な人には少し厳しいかもしれない。

実際に飲むとスッキリとした味わいのサラサラタイプ、甘さほどほどで喉越しもよくライトな甘酒になってる。

後味にほんのり苦みがあるものの気になるレベルではない。

甘酒といえば飲んでいる最中の香りやクセのある「むはぁ~」な風味&味が特徴でこれが苦手で甘酒を避けているひとが多い。

だが「森永のやさしい米麹甘酒」は香りこそガチ甘酒だが風味や味に「むはぁ~」がなくとても飲みやすい。

じゃあ鼻をつまんで口に森永のやさしい米麹甘酒を突っ込んでから鼻呼吸を開放すればいいんじゃね?なんて乱暴な飲み方もありだがストローを使って飲めば香りの問題は解決する。

「森永のやさしい米麹甘酒」は味は悪くないライトな甘酒だ、甘酒初心者でも工夫すれば問題なく飲めるはずだ。

そんな風に、僕は思う。