濃いめのカルピス「もも」は玄人向けのカルピス

f:id:drinkoon:20180722132809j:plain

アサヒの濃いめのカルピス「もも」

乳性果汁飲料を深く味わう

濃いカルピスにもも味を加えたこってり系カルピスドリンク

f:id:drinkoon:20180722135501j:plain

アサヒからは「濃いめのカルピス」といた通常よりも濃い濃度のカルピスが発売されており、グラスに氷で飲むととてもうまいドリンクに仕上がっている。

通常のカルピスよりも幸せな気分になれるので気になる方は是非一度飲んでみるとこを僕はおすすめする。

drinkoon.hatenablog.com

そんな濃いめのカルピスのもも味が存在することをご存じだろうか?

そう、濃いめのカルピス「もも」がそれだ。

ジャンルとしては乳性果汁飲料といった新しいジャンルのドリンク、濃いめのカルピスにももを加え、更に塩を加えたとなれば気にならないほうがおかしい話だろう。

それを偶然にも自販機で見つけてしまったからには買うしかない、それがドリンク好きというものだろう。

100mlあたり59kcal

基本ベースの味はカルピス、後味が「もも」のドリンク

f:id:drinkoon:20180722140421j:plain

カルピスが大好きな僕、その中でも「濃いめのカルピス」はとてもうまいドリンクだと思ってる。

それが「もも」となればどれほど美味いのだろうか... ペットボトル開封前から唾液がじゅわっと出てくるのを僕は抑えきれなかった。

 

さて一口味わう濃いめのカルピスもも、

かなり濃い。なんだか普通の濃いめのカルピスよりもかなりこってりとしている。

そして後味が「もも」といった飲み応え... これはなかなか美味いとは思うのだがそれはカルピスが好きな僕だから言える事実、普通の人にはちょっと濃すぎるのではないだろうか、

つまり濃いめのカルピス「もも」は玄人向けのカルピスといった評価になる。

 

今回の僕はグラスに氷でなくペットボトルのまま飲んでしまった事もこの評価に繋がっている可能性は捨てきれない、だからカルピス好きの方...いちどチャレンジしてみてはいかがだろうか?

そんな風に、僕は思う。