ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

アシードブリュー「バニラコーラチェリー」がドクペ好きに超絶オススメすぎる理由とは?

スポンサードリンク

バニラ コーラ チェリー,Vanilla Cola Cherry

アシードブリュー「バニラ コーラ チェリー」(Vanilla Cola Cherry)

ドン・キホーテで投げ売り価格で売られていたチープな炭酸飲料を実際に飲んだ感想と評価につてい

バニラ コーラ チェリー(Vanilla Cola Cherry)

アシードブリュー㈱が発売するバニラ コーラ チェリー(Vanilla Cola Cherry)はコーラにバニラフレーバーとチェリーフレーバーを配合した炭酸飲料...

とはいってもバニラビーンズを使用するでもなく、チェリー果汁を使用するでもない炭酸飲料で、酸味料と香料でバニラとチェリーの風味を表現している炭酸飲料になる。

総合評価 ドクターペッパーにバニラの甘さを加えて甘さを強く、酸味も強くしたようなインパクトがある炭酸飲料です。
好き嫌いが分かれる味でドクペ好きは高評価するでしょう。またエナジードリンク好きもイケちゃう味だと思います。

バニラ コーラ チェリー,Vanilla Cola Cherry

僕がバニラ コーラ チェリーを購入した小売店はドン・キホーテ、なんと1本価格59円(たしかこれぐらいの記憶)で投げ売りされていたものだ。

アシードブリュー㈱はちょいちょいドン・キホーテのオリジナル飲料を製造しており、過去にも怪しくチープな雰囲気の炭酸飲料をドン・キホーテで見つけた人も多いだろう。

www.drinkmenu.net

今回飲むバニラ コーラ チェリー、実は同時に投げ売りされていた更に怪しくチープな雰囲気がするサボテンソーダと一緒に購入したものだ。

バニラ コーラ チェリーの原材料名と栄養成分表示

バニラ コーラ チェリー,原材料名
バニラ コーラ チェリー,栄養成分表示

名称:炭酸飲料

原材料名:果糖ぶどう糖液糖(国内製造)/炭酸、カラメル色素、酸味料、香料

内容量:500ml

製造者:アシードブリュー株式会社

【バニラ コーラ チェリーの栄養成分表示(100mlあたり)推定値】

  • エネルギー 53kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 13.2g
  • 食塩相当量 0.01g

バニラ コーラ チェリー500ml缶パッケージより引用

 

一般的にコーラにチェリーの名がつけばチェリーコークを想像する人が多いはず。

ただしチェリーコークは名前こそメジャーなコーラだがその味はドクターペッパーに近い味わいとなり、とくに日本では好き嫌いが完全に分かれてしまうコーラなのだ。

www.drinkmenu.net

そうなるとアシードブリューのバニラ コーラ チェリーも似たような味を想像しがちになるも、バニラフレーバーが効いているとなるとただでさえ甘いコーラを更に甘くするというもの、単純にバニラ×コーラ×チェリーではないように思える。

それともパッケージデザインのように、たんにコーラフロートにチェリーを添えただけのものなのか...

実際に飲んで確かめてみよう~!

ドクターペッパー好きにオススメすぎる味わい!

バニラコーラチェリー

バニラコーラチェリーのプルタブをあけて香りを嗅ぐと予想通りドクターペッパーっぽい香りにほのかなバニラ臭、一言で表現するならクセが強い杏仁豆腐っぽい香りになっている。

実際に飲んでみるとドクターペッパーにバニラっぽさを加え、甘さと酸味を増した味わい、杏仁豆腐っぽさもある。

かなり癖が強いので好き嫌いが確実に分かれる味、ドクターペッパー好きは確実に美味いと高評価するであろう味わいだ。

「ドクターペッパー・杏仁豆腐・ほのかなバニラ感」

この3つが織りなす独特のフレーバーはコーラの域を超えており、薬っぽさ、毒々しさといったケミカル感からエナジードリンクに近い刺激が感じられる。

いっそのことカフェインやアルギニンを配合してエナジードリンクにしてしまったほうが売れるのではないか?と思うも、このパッケージデザインではエナジードリンクとして認識されないだろう。

せっかくだからドン・キホーテのPBエナジードリンク「ブラックアウト」で、味はここままで出してみてはどうだろうか?

そんな風に、僕は強く思う。