ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

コカ・コーラ チェリーコークがドクターペッパーと同じ味との噂は本当?実際に飲んでみて分かったこと

スポンサードリンク

コカ・コーラ チェリーコーク

コカ・コーラ チェリーコーク

アメリカから輸入のコカ・コーラチェリー味を実際に飲んだ感想と評価について

日本ではヒットしなかったチェリーコーク

コカ・コーラ チェリーコーク

アメリカ合衆国から輸入のコカ・コーラ チェリーコークはチェリーフレーバーのコカ・コーラとして日本では珍しい存在のドリンクになるが世界でいえばチェリーコークはメジャーな炭酸飲料、何度か日本発売もされたが定番商品とはならずに消えていった過去がある商品だ。

日本においては、1985年にコカ・コーラのシリーズ商品として、日本コカ・コーラから発売されたが、味の軸となるチェリーフレーバーの評判が芳しくなく、数年間で販売が終了している。その後、一部の業者がアメリカ合衆国から並行輸入を行なっており、現在も輸入雑貨店やECサイトで、日本での発売は続けられている。

2006年11月には、チェリーコークの日本販売を復活させ、再び店頭に並ぶようになった。しかし、この販売も数か月で終了。風味・味は、最初の発売時の物と比べて変更されているようで、並行輸入品の物とは、若干異なっていた。

2013年12月に、コカ・コーラチェリーの名称で、冬季限定で復活販売が行われていた。
エピソード

アメリカ本国やイギリス等では、馴染みのある定番商品である。Microsoft創業者のビル・ゲイツ、投資家のウォーレン・バフェットが愛飲している事でも有名である。BONNIE PINKの「泡になった」では、遠い記憶を呼び起こす思い出の品として歌われている。
販促

1985年前後に放送されていた日本版テレビCMは、複数の人形がコミカルに商品を宣伝する構成。人形のキャラクターは当時アメリカで有名であった著名人を風刺した人形劇のキャラクターと同じテイストが使われていた。

なお、このCMにおいて、人形の声とナレーションを小林克也が担当していた。

チェリーコーク - Wikipediaより引用

www.youtube.com

チェリーコークをビルゲイツ氏やウォーレン・パフェット氏が愛飲しているとなれば世界の美味しいものを知り尽くした大富豪が認めた炭酸飲料との扱いになるが、チェリーコークはドクターペッパー的な味わいとの声があるのも事実、

そしてドクターペッパーとは好き嫌いの分かれるドリンクであり日本人の味覚には合わなかったのかも知れない。

だが今回飲むチェリーコークは本場アメリカからの輸入飲料だ、何か新しい発見があるかもしれない期待を胸に飲んでみよう。

コカ・コーラ チェリーコークの原材料名と栄養成分表示

コカ・コーラ チェリーコークの原材料名と栄養成分表示

名称:炭酸飲料

原材料名:異性化液糖/炭酸、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン

内容量:355ml

原産国:アメリカ合衆国

輸入者:丸長株式会社

【コカ・コーラ チェリーコークの栄養成分表示(1缶355ml)あたり】

  • 無果汁
  • エネルギー 150kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 42g
  • 食塩相当量 0.09g

コカ・コーラ チェリーコーク355ml缶パッケージより引用

 

コカ・コーラ チェリーコークはパッケージデザインが異なるものがあるが内容は同じ物になる、それでは早速飲んでみよう!

完全にドクターペッパー味のチェリーコーク

コカ・コーラ チェリーコーク

コカ・コーラ チェリーコークを開封して香りを嗅ぎまくるもコカ・コーラの香りではない、というよりも香りがほとんど無い。

実際に飲むと完全にドクターペッパーの味わいでありチェリー感は無しだ、ネットの声や口コミは正しかったことになる。

つまりビルゲイツやウォーレン・パフェットはドクターペッパーの味だ好きなタイプのオッサンという事だ、僕もドクターペッパーが大好きなので何ら珍しいことではない。

ただしコカ・コーラ チェリーコークがドクターペッパーと異なるの部分もあって後味がコカ・コーラっぽく終わる部分だ、それ以外は特筆すべきところは無い。

ドクターペッパーについては美味い・マズイが分かれる味わい、嫌いな人は徹底的に嫌う炭酸飲料だ、よかったらドクターペッパーの記事も参考にどうぞ!

www.drinkmenu.net