期間限定のマウントレーニア「リッチカフェモカ」はチョコレートミルクのお菓子のようなドリンク

森永乳業マウントレーニアリッチカフェモカ

森永乳業のマウントレーニア「リッチカフェモカ」

エスプレッソコーヒーとチョコレートの濃厚なマウントレーニアを深く味わう

今だけのリッチな味、マウントレーニア「リッチカフェモカ」は期間限定発売

森永乳業マウントレーニアカフェモカ



森永乳業のマウントレーニア「リッチカフェモカ」は2019年2月5日から全国発売されたチルドカップコーヒー、しかし期間限定商品なので人早めにスーパーやコンビニ等で買わなければならないのだ。

リッチカフェモカのポイントとなる「今だけのリッチな味わい」とはエスプレッソとチョコレート(スイートチョコレート&ホワイトチョコレート)の濃厚なブレンドにマウントレーニアが得意とするコク深いミルク、それによりに今だけのリッチな味わいのマウントレーニアが味わえる。

森永乳業マウントレーニアカフェモカ

パッケージデザインも期間限定に相応しく気合の入ったお洒落でリッチなデザインとなり中央に味の決め手となるチョコレートが、しかもかなり美味そうな雰囲気のスイートチョコとホワイトチョコが描かれており飲んだ後の容器を捨てるのも躊躇ってしまうほどだろう。

 

マウントレーニアの期間限定商品はこれまでにも色々と発売されているが具体的な発売期間の発表はない。

基本的には無くなり次第終了といったスタンスなのだがスーパーやコンビニのドリンク棚を眺める限り3カ月間ぐらいは常設されているように思える。

その後は徐々に姿を消してゆき格安スーパーでの販売からインターネットでの発売といった流れが見えている。

ただし楽天・アマゾンでマウントレーニアリッチカフェモカを検索したところ2019年4月末時点では商品として現れていない状態となっている。

これまでの僕の経験からするとマウントレーニアの期間限定ドリンクは何だかんだいっても半年近く市場に出回っているような状態なのだがチルドカップ飲料は賞味期限が短いのも特徴だ、

マウントレーニアリッチカフェモカは7月ぐらいまで購入可能と予測している。

マウントレーニアリッチカフェモカ(Mt.RAINER RICH CAFE MOCHA)の原材料名と栄養成分

森永乳業マウントレーニアカフェモカ

原材料名

乳製品、砂糖混合果糖ぶどう糖液糖、砂糖、コーヒー、チョコレート、ココア、デキストリン、セルロース、香料、乳化剤、安定剤(カラギナン)

栄養成分表示(1本240ml当たり)

  • エネルギー19kcal
  • たんぱく質5.8g
  • 脂質6.6g
  • 炭水化物27.2g
  • ナトリウム73mg

無脂乳固形分4.9%、乳脂肪分1.7%、植物性脂肪分0.8%

マウントレーニアリッチカフェモカパッケージより記載

チルドカップのコーヒー系乳飲料No1の座に君臨し続ける森永乳業のマウントレーニアだ、ハズレな味ではないとは思うものの実際に飲んでみなければ分からない。

僕の舌と口と喉でしっかりと味わってみよう。

チョコレートミルクのような味わい、女性には大好評な味だろう

森永乳業マウントレーニアカフェモカ

マウントレーニアリッチカフェモカはチルドカップドリンクなのでフタを開けて飲むもよし、ストローをさして飲むも良しのドリンクだ。

僕は香りを確認するためにフタをあけて嗅いでみた感じではエスプレッソの薄い香りがした。

しかしリッチカフェモカを実際に飲んでみると完全にチョコレートミルクの味わいであってエスプレッソ感はかなり少なめ、コーヒー感すらあまり感じられないのだ。

スポンサードリンク

 

「うまい?まずい?」と聞かれればうまいと答えるしかないもののカフェラテとは違ったドリンクになるといった評価、少なくともコーヒーを求めてリッチカフェモカは買わない方がよいだろう。

マウントレーニアお得意の口あたりのマイルドさ、コク深さはしっかりと表現されているのでマウントレーニアらしい味わい、ただしチョコレートのお菓子を飲んでいるような雰囲気なので少々しつこく感じる部分もある。

僕としてはもう少しホワイトチョコレートの雰囲気を全面に出したほうが良いと思うがやりすぎるとコーヒー感がゼロになってしまうのだろう、この辺りの味調製は本当に繊細であり少しの差で好き嫌いが分かれてしまうのもドリンクの難しいところだ。

マウントレーニアの期間限定「リッチカフェモカ」は男性よりも女性に向いている味、またココア飲料が好きな人にも向いている味、

そんな風に、僕は思う。