ドリンクメニュー

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

セブンイレブン限定商品「三ツ矢濃いもも」は舌に微炭酸と桃が絡みつく味

f:id:drinkoon:20180501161935j:plain

セブンイレブン(セブン&アイ)の限定商品「三ツ矢濃いもも」

2018年5月1日発売の新商品を発売日に味わう

三ツ矢サイダーの濃いシリーズはセブンイレブン限定

f:id:drinkoon:20180501171036j:plain

果実のコクを味わう白桃ピューレ入りの三ツ矢濃いももは果汁15%の微炭酸ドリンクだ。

気になるカロリーは100mlあたり52kcal、アサヒの三ツ矢ブランドが得意とするフルーツクオリティ製法で作られている。

果汁15%で微炭酸のドリンクの味わいは大体想像できる、深い味わいと果実の旨みが炭酸と絡み合って舌をダイレクトに刺激するはずだ。

これは僕の経験上、間違いなく美味い。

しっかりとした桃の味と微炭酸が美味い

f:id:drinkoon:20180501171844j:plain

セブン&アイ限定商品だがパッケージは三ツ矢ブランドそのもの、「濃い」の一文字が購買意欲を書きたてると言える。

僕としては三ツ矢濃いももが果汁15%の微炭酸に時点で美味いのは分かっていつつ開封して飲んでみた。

 

やっぱり美味い。

しっかりとした桃の味わいが微炭酸と絡み合う素晴らしい調整、味はパッケージにもあるように濃く口の中がじゅわじゅわ~!と満たされる。

この味はそう、かつて安室奈美恵が宣伝していた90年代後半のダイドー「ミスティオ」に近い味わいを感じる。

あの時代のミスティオも果汁が多い割合に微炭酸的な味わいだったように記憶している。

美味いドリンクはいつの時代になってもその味が蘇る...そんな風に僕は思った。