ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

炎上ドリンクとなったセブンイレブン限定「トーヨービバレッジ練乳いちごミルク」はうまいのか?炎上理由も詳しく解説

スポンサードリンク

セブンイレブン,トーヨービバレッジ,練乳いちごミルク,タピオカ入り

トーヨービバレッジ「練乳いちごミルク タピオカ入り」

炎上して物議をかもした練乳いちごミルクはうまいのか?まずいのか?実際に飲んだ感想と評価について。

また問題とされるパッケージデザイン(容器)も詳しく解説

 セブンイレブン限定商品「トーヨービバレッジ 練乳いちごミルク タピオカ入り」

トーヨービバレッジ,練乳いちごミルク,セブンイレブン限定

セブンイレブン限定商品として発売されたトーヨービバレッジの「練乳いちごミルク タピオカ入り」がネット・SNSで物議をかもし炎上してる。

炎上した理由は容器の大きさに対しての内容量の少なさがひとつ、

もう一つが物議をかもし炎上ドリンクとなってしまった一番の理由で内容液のパッケージの柄、いかにも苺ソースがたっぷり入った外観にも関わらず内容液は薄ピンク白色。

つまり美味そうな苺ソースや果肉は絵、消費者に誤解をさせるパッケージデザインとなっているのだ。

これが物議をかもしヤフーニュースにも取り上げられ法的問題は?とまでの見出しになっている。

news.yahoo.co.jp

実際のものよりも優良に見せかける景品表示法の「優良誤認」に触れるのでは?との声があがり、結果としてセブンイレブン限定「トーヨービバレッジ練乳いちごミルク」は炎上ドリンクとなった流れになる。

ただ味については美味いの評価がけっこうあり、怒りの矛先はトーヨービバレッジよりもセブンイレブンの方に強い。

サンドイッチの”見た目と内容問題”で炎上したセブンイレブンに「またか」の評価が重なっている状態だ。

トーヨービバレッジ「練乳いちごミルク タピオカ入り」の原材料名と栄養成分表示

トーヨービバレッジ,練乳いちごミルク,原材料名
トーヨービバレッジ,練乳いちごミルク,栄養成分表示

名称:清涼飲料水

原材料名:いちごソース(いちご果肉、砂糖)、乳等を主要原料とする食品、果糖ぶどう糖液糖、こんにゃくタピオカ(こんにゃく精粉(国産)、タピオカでん粉、寒天)、砂糖、加糖練乳、脱脂粉乳mデキストリン/糊料(増粘多糖類、加工でん粉)、酸味料、香料、乳化剤、ソルビトール、乳酸カルシウム、トレハロース、水酸性カルシウム、調味料(アミノ酸等)、コチニール色素、(一部に乳成分、大豆を含む)

内容量:230g

保存方法:10℃以下で冷蔵保存

【トーヨービバレッジ「練乳いちごミルク タピオカ入り」の栄養成分表示 1本(230g)当たり】

  • エネルギー 174kcal
  • たんぱく質 1.7g
  • 脂質 4.7g
  • 炭水化物 31.1g
  • 食塩相当量 0.2g

トーヨービバレッジ「練乳いちごミルク タピオカ入り」230gパッケージより引用

炎上飲料となっているセブンイレブン限定「トーヨービバレッジ練乳いちごミルク」だが確かにパッケージデザインからは美味そうに見えるもの、

ではどのような飲料なのか?となるとパッケージ背面にこれまた旨そうな文言が...

トーヨービバレッジ,練乳いちごミルク

つぶつぶの果肉と苺ミルク、練乳が加わった甘酸っぱいいちごミルク、いちご果肉とタピオカのダブル触感...

練乳好き・いちご好き・いちごミルク好き・タピオカ好きなら気になって仕方がないほど魅力的な内容、それでいて見栄えが良いパッケージデザインなのだ。

あとは味わい、実際に飲んで確かめてみよう!

無果汁のわりにしっかり苺ミルク味、こんにゃくタピオカが安っぽいが美味い!

トーヨービバレッジ,練乳いちごミルク

よく振ってからセブンイレブン限定「トーヨービバレッジ練乳いちごミルク」のフタをあけて香りを嗅ぐと濃いめのイチゴミルクな香り、かなり美味そうな香りである。

※振った時点でパッケージと内容液の異変に気が付く

実際に飲んでみるとドロドロタイプの内容液で無果汁のわりに苺味と甘さ酸味のバランスがよくミルクの分量もちょうどよい。

タピオカについてはコンビニあるあるのこんにゃくタピオカなので安っぽい味、それでもこんにゃくタピオカと苺のつぶつぶ食感に少しの果肉が加わり味の面で全体的に高評価だ。

いちごミルク好きがセブンイレブン限定「トーヨービバレッジ練乳いちごミルク」を味わってまずいと評価する人は少ないのではないだろうか?

そして問題となるパッケージデザインだ...

商品を良く見せる工夫だが誤解を生むデザイン、牛乳を入れてもイチゴミルクに見える

トーヨービバレッジ,練乳いちごミルク,空容器

セブンイレブン限定「トーヨービバレッジ練乳いちごミルク」を飲み干した後に容器を洗い、中を見ると確かにパッケージデザインで”盛ってるな感”がある。

これなら白い液体を入れれば何でもいちごミルクに見えてしまのではないか...

ということで牛乳をいれてみるとやはりいちごミルクにしか見えない。

トーヨービバレッジ,練乳いちごミルク,空容器,牛乳

それも苺ソースがたっぷり入った濃厚な味わいっぽい苺ミルクに見える、

中身を牛乳してもなおこの外観は消費者に突っ込まれて炎上してしまうのも分かる。

容器を分解するとこんな感じに...

トーヨービバレッジ,練乳いちごミルク,パッケージ

セブンイレブン限定「トーヨービバレッジ練乳いちごミルク」の味について僕は高評価している。

ただし問題となるパッケージデザインについては牛乳を注いでみて「おや?これは...」と感じる部分があるのも事実。

一応パッケージには

※写真・イラストはイメージです。

と記載があるし実際に果肉感もあるので「優良誤認」に触れないデザインでもないようにも思う。

だがそれは実際に商品を購入して飲んで美味しいと高評価したからこその評価だ。

 

これでセブンイレブンで「トーヨービバレッジ練乳いちごミルク」を見て苺ソース美味そう!なんてワクワクして購入、実際に飲んだら何か違う、思っていたのと違う!となれば評価は変わってくるというもの。

そして何か違うと思った人が多いからこそ物議をかもし、炎上ドリンクとなってしまったのが現実なのだろう。

そんな風に、僕は思う。

関連ドリンク

www.drinkmenu.net