ドリンクメニュー

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

見た目とは大違い「カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノ」はBOSSっぽく男らしい味

カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノ

サントリー『カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノ』

仕事と休憩の区切りを付ける缶カプチーノを実際に飲んで感想と評価をしてみよう

振って泡立たせてから飲む缶カプチーノが新登場

カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノ

サントリーのBOSSブランドから新シリーズ”カフェ・ド・ボス”が2019年9月3日に新発売された。

今回発売されたカフェ・ド・ボスシリーズは「ふんわりカプチーノ」と「ほろあまエスプレッソ」の2種類、缶コーヒーBOSSブランドの新商品として若い世代や女性をターゲットにして発売されている。

確かにこれまでのBOSS缶コーヒーの持つイメージは男、それも”働く男の一服”なイメージが強く女性向けのデザインでもなかった。

それがカフェ・ド・ボスではやわらかいカラーでお洒落なパッケージデザインに激変、新発売のふんわりカプチーノは振って泡立たせてから開封して飲む...と、若者や女性向けコーヒーに新たな付加価値を加えた戦略がみえてくる、

つまり働く男がちょっと一服で自販機で缶コーヒーを買ってしまうのと同じように若者や女性に缶コーヒーを買わせたいのだ。

昔からBOSS缶コーヒーを飲んでいる男からすれば

「おお!?BOSSの新商品か...!」

と躊躇うことなくカフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノを購入できるが、今まで缶コーヒーを日常的に飲む習慣がない若者や女性に買わせるためには”振って泡立つ”の要素やお洒落なパッケージデザインは必須というもの、今までのような無骨なイメージのBOSSでは女性に敬遠されて当然だろう。

サントリー「カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノ」の原材料名と栄養成分表示

カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノの原材料名
カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノの栄養成分表示

カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノの原材料名

牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、デキストリン、食塩/香料、カゼインNa、乳化剤、増粘多糖類

カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノの栄養成分表示(100gあたり)

  • エネルギー31kcal
  • たんぱく質0-1.5g
  • 脂質0-1.0g
  • 炭水化物6.0g
  • 食塩相当量0.14g

サントリーカフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノ180g缶パッケージより引用

 

サントリー カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノ コーヒー 180g ×30本

サントリー カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノ コーヒー 180g ×30本

 

 缶には記載されていないがカフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノのカフェインは100gあたり約60mg、カリウム約110mg、リン約30mg

泡立ちを感じらるように通常のショート缶コーヒーより飲み口を20%広げている。要は缶のつぶつぶコーンポタージュ系飲料のような飲み口だ。

パッケージデザインの女子感と味は全然違う、ワイルドテイストなカプチーノ

カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノ

カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノは開封前に振りまくると内容液のじゃばじゃば音が消えるようになる。

音がしなくなったらいよいよプルタブを開けて中を覗いてみると確かに泡立っている状態だ。

香りはBOSS的な濃い香りのカプチーノ、ふんわりした香りではない。

実際にカフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノを飲むとふんわり感はあまり感じられない。それよりもBOSS的なワイルドな味でありパッケージデザインから滲み出る女子感な飲み心地は全く感じられない...

これは何だ、味は完全に働く男の一服を求めるようなうまい味わいじゃないか!

新発売のカフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノにはやられた、僕としてはもっと甘くて優しいカプチーノだと信じて疑わなかったのに実際はBOSSらしいワイルドカプチーノ味、冬場にHOTで飲んでもうまいはずだ。

まだBOSS缶コーヒーを飲んだ事が無い若者や女性は一度カフェ・ド・ボス ふんわりカプチーノを味わってみてはどうだろうか、きっと”働く男の味”が理解できるのではないかと思う。

関連ドリンク

www.drinkmenu.net