ドリンクメニュー

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

しっかりとコーヒー感が残る『カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソ』はやはり男の缶コーヒーだろう

カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソ

サントリー『カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソ』

自然な甘さとコーヒーの飲み応えが特徴のエスプレッソを実際に飲んで感想と評価をしてみよう

若者や女性を意識した缶コーヒーBOSSのエスプレッソ

カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソ

2019年9月3日にサントリーのBOSSブランドから新発売された『カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソ』は契約農園(ミラノ農園)の豆を使った自然の甘みとコーヒーの飲み応えがあるBOSS缶コーヒー、

BOSSブランドの新シリーズとなるカフェ・ド・ボスは若者や女性をターゲットにした缶コーヒーであり今までのBOSSシリーズのような働く男らしさはでなくお洒落なパッケージデザインとして発売された。

しかし同シリーズの『カフェ・ド・ボスふんわりカプチーノ』はお洒落なパッケージデザインと味は別物、内容的にはBOSSらしくワイルドテイストなカプチーノとなっている。

www.drinkmenu.net

今回飲むほろあまエスプレッソも若者、女性をターゲットにしているが恐らく味わいは男らしいものであると予測、

缶コーヒーの需要が高まる冬の缶コーヒー商戦に挑むBOSSの新商品をじっくりと味わいレビューしてみよう。

サントリー『カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソ』の原材料名と栄養成分表示

カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソの原材料名
カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソの栄養成分表示

カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソの原材料名

牛乳、コーヒー、砂糖、脱脂粉乳、デキストリン、食用油脂、食塩/カゼインNa、乳化剤、香料

カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソの栄養成分表示(100gあたり)

  • エネルギー30kcal
  • たんぱく質0-1.5g
  • 脂質0-1.0g
  • 炭水化物5.5g
  • 食塩相当量0.14g

サントリー「カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソ」185g缶パッケージより引用

 

サントリー カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソ コーヒー 185g ×30本

サントリー カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソ コーヒー 185g ×30本

 

カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソのカフェイン量は100gあたり約70mg、カリウム約120mg、リン約30mg

開栓前によく振ってから飲む。

薄味だがコーヒー感が残るエスプレッソ、BOSSっぽい男らしさを感じる

カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソ

カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソを開栓して香りを確認してみるとミルクコーヒーの香り、甘そうな雰囲気となっている。

実際に飲むとエスプレッソのわりに味は薄いがコクは深く苦味は少なめ。

甘さは弱めでやはりBOSSっぽく男らしい味わいとなっており女性向けとは思えないような味わい、だが後味にコーヒー感は残るようになっており満足度は高い。

カフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソは仕事中の一服休憩にさっと飲むに丁度良い185缶であり味わいも悪くない、ぐぐっとコーヒーを流し込み仕事へ戻る、冬場にHOTで飲むシーンが想像できやすいドリンクだ。

今回飲んだほろあまエスプレッソも若者、女性をターゲットにしている缶コーヒーなのだが優しさが足りない味わいでは女性はリピートしないのでは?と思う。

チビチビ味わうようなものではなくグビっと一気に飲みこみエスプレッソの残り香を口内で味わうのがカフェ・ド・ボス ほろあまエスプレッソの美味しい飲み方ではないだろうか、

そんな風に、僕は思う。