ドリンクメニュー

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

「ボス サントリーコーヒーロースタリーズ 微糖」は本当に甘くない微糖の缶コーヒーで高評価!

f:id:drinkoon:20180808155250j:plain

2018年8月7日に関東甲信越エリアで限定発売された「ボス サントリーコーヒーロースタリーズ 微糖」SUNTORY COFFEE ROASTERY BOSS

進化した深煎りを深く味わう

焙煎へのこだわり、進化した深煎り

f:id:drinkoon:20180808160031j:plain

関東甲信越で限定販売開始となったボス サントリーコーヒーロースタリーズはサントリーコーヒーロースタリー(株)海老名工場が7月より稼動を始めた記念として発売された新商品、新焙煎機で焙煎した豆を100%使用で焙煎へのこだわりがコンセプトの缶コーヒーになる。

その味は深煎りだが苦味や雑味をおさえ香り高く甘い余韻が続く...と文字だけ読めば濃いコーヒーの味を想像させる。

高機能焙煎機による「進化した深煎り」も気になるところ、真夏のこの時期に新商品の缶コーヒーを出してくることからもサントリーの自信を感じる。

100gあたり21kcal、カフェイン量50mg

コクはそれほど深くはない

f:id:drinkoon:20180808160930j:plain

僕がスーパーで「ボス サントリーコーヒーロースタリーズ」を見かけた時は新商品として売られていたからというのもあるが、正直言えばパッケージデザインのみで買ってしまった。

これは男の缶コーヒーといったワイルドなデザインだが上品なデザイン、それが気になって飲んでみたくなったのだ。この辺はさすがサントリーと言うべきだろう。

さてボス サントリーコーヒーロースタリーズ 微糖の味だが思っていたよりもコクは深く感じられない。そして深煎りだが苦みは殆ど感じられない味だ。

イメージとしてはチビチビと飲みたくなるような缶コーヒーだが容量の少なさもあってかすぐに飲み干してしまう。パッケージデザインからは想像できないほど飲みやすい缶コーヒーだろう。

特筆すべき点は通常缶コーヒーの「微糖」とは口ばっかりで大抵甘いのが普通、しかしボス サントリーコーヒーロースタリーズ 微糖はしっかりと微糖に仕上げてある。

つまり甘くないのだ、この点は高く評価したい。

関東甲信越限定とは言いながらも楽天で商品を見つけてしまった、この辺はもはやお約束ということなのだろうか。

僕としては185g缶ではなくクラフトボスぐらいの大きさで発売して欲しい、そうすれは本当に仕事中にチビチビ飲めるのではないかと思う。