渋いブラックコーヒー好きにおすすめ!「ボス サントリーコーヒーロースタリーズ ブラック」

f:id:drinkoon:20180808162729j:plain

2018年8月7日に関東甲信越エリアで限定発売された「ボス サントリーコーヒーロースタリーズ ブラック」SUNTORY COFFEE ROASTERY BLACK BOSS

進化した深煎りを深く味わう

働く人の相棒コーヒー

f:id:drinkoon:20180808163106j:plain

サントリーのBOSSシリーズ缶コーヒーに共通するコンセプトは「働く人の相棒コーヒー」になる、仕事の息抜きにグビっと一本、仕事を始める前に一本、重要な商談に向かう前に気を引き締める一本、

僕がブラックの缶コーヒーに求めているのはこんな感じになる。

今回購入した「ボス サントリーコーヒーロースタリーズブラック」の概要については同シリーズ微糖で解説しているからそちらも合わせて読むことを強く勧める。

drinkoon.hatenablog.com「微糖」とパッケージでうたう缶コーヒーは大体甘いのが普通なのだが「ボス サントリーコーヒーロースタリーズ微糖」は本当に甘くない微糖の缶コーヒー、僕は高く評価している。

さて同シリーズにブラックはどうだろうか、深く味わってみるとしよう。

カフェイン量100gあたり60mg

渋いブラックコーヒー好きにお勧めの缶コーヒー

f:id:drinkoon:20180808163834j:plain

ブラックの缶コーヒーはどうしても大手飲料メーカー各社ともに似たような味になってしまう部分があるが「ボス サントリーコーヒーロースタリーズブラック」の味は少々違った。

まずもってコクは普通、この辺は進化した深煎りを感じられない部分がある。

ただ他のブラック無糖系缶コーヒーと違うには口あたりの苦みだろう、基本的にすっきりとした飲み心地なのだが苦みと渋みを感じさせるような味の調整は面白い。

お歳暮 御歳暮 コーヒー ボス コーヒーロースタリーズ ブラック サントリー 185g 30本 1ケース 新発売 11月23日以降のお届け 本州送料無料 四国は 200円、九州・北海道は 500円、沖縄は 3000円ご注文後に加算

 

しかしサントリーの「ボス サントリーコーヒーロースタリーズ」ニュースを確認すると苦みや雑味を抑えていると書いてある...これはどういうことなのだろか?

確かに同シリーズの微糖には苦みや雑味が感じられない、しかしブラックはしっかりと苦みや渋みを感じられる。

そしてこの苦みと渋みが他のブラック無糖系缶コーヒーとは異なる味わい、ある種の癖は「ボス サントリーコーヒーロースタリーズブラック」の良い部分ではないかと思っている。

 

普通のブラック無糖系缶コーヒーの味に飽きてしまった人、日に2杯はブラック無糖缶コーヒーを飲んでいるような人、そんな人にボス サントリーコーヒーロースタリーズブラックをお勧めしたい。

そんな風に僕は思う。