ソフトドリンクの鉄人

ドリンクレビュー専門の総合サイト

高カフェイン飲料のサントリー「スターバックス エスプレッソ」レビュー

スポンサードリンク

サントリー スターバックス エスプレッソ,STARBUCKS ESPRESSO

サントリー「スターバックス エスプレッソ」STARBUCKS ESPRESSO

コンビニやスーパーで売られているスターバックスのチルドカップ(要冷蔵10℃以下)エスプレッソを実際に飲んだレビュー

要冷蔵10℃以下のチルドカップ「スターバックス エスプレッソ」STARBUCKS ESPRESSO

サントリーから要冷蔵10℃以下のチルドカップ飲料として発売される「スターバックス エスプレッソ」は、厳選したコーヒー豆を使ったコクのある力強い味わいとミルク(生乳50%)で引き立てた本格的なエスプレッソだ。

総合評価 甘さかなりひかえめ、ミルク感たっぷり、コーヒー味が強くビター感たっぷりのエスプレッソラテに仕上がっています。
デスクワークのお供にチビチビやりながらがっつりカフェイン摂取にグッドです。

サントリー スターバックス エスプレッソ,STARBUCKS ESPRESSO,パッケージ

エスプレッソは一杯あたりの量が少なく、使用する豆や粉の量が少ないので、ドリップコーヒーよりカフェインが少ないとされてるコーヒーのこと。

だがサントリーのスターバックス エスプレッソは100mlあたり約80mgのカフェイン量となり、1本で160mgもの高カフェイン飲料になっている。

同シリーズのサントリー「スターバックスカフェラテ」に比べて2倍のカフェイン量にもなり、レッドブルを2本と同レベルのカフェイン量なのだ。

サントリーが発売するスターバックス飲料とは?  コンビニやスーパーで売られているチルドカップのスターバックス商品とは、サントリー食品インターナショナルがスターバックスブランドのチルドカップ商品のライセンシーとなり販売している商品、
だがサントリーのスターバックス カフェラテの製造は牛乳、乳製品等などの製造、販売を行う足柄乳業株式会社によるもの。

スターバックス エスプレッソ(チルドカップ)の原材料名と栄養成分表示

サントリー スターバックス エスプレッソ,原材料名
サントリー スターバックス エスプレッソ,栄養成分表示

種類別名称:乳飲料

商品名:ESPRESSO(エスプレッソ)

無脂乳固形分:2.1% 乳脂肪分:1.0%

原材料名:生乳(50%未満)(国産)、砂糖、コーヒー、乳製品/pH調整剤、香料、カゼインNa、乳化剤

内容量:200ml

保存方法:要冷蔵10℃以下

【栄養成分表示 1本(200ml)あたり】

  • エネルギー 82kcal
  • たんぱく質 2.6g
  • 脂質 2.4g
  • 炭水化物 12.4g
  • 食塩相当量 0.06g

サントリー「スターバックス エスプレッソ」200mlパッケージより引用

サントリーのスターバックス エスプレッソへの評価をネット・SNSで調査すると、想像以上に口コミ評価やレビューが少ない。

世界的メジャーブランドとなるスターバックスのライセンス商品であり、コンビニ・スーパー限定商品とはいえ、これほどまでにレビューが少ないのは何故なのだろうか?

昔からあるロングセラー商品なのだからマズいはずはないと思うのだが...

実際に飲んでみよう~!

コク深いビター感たっぷりのエスプレッソラテ

サントリー,スターバックス エスプレッソ,チルドカップ

サントリー「スターバックス エスプレッソ」のフタをあけて香りを嗅いでみると、エスプレッソというよりもカフェラテっぽい香り。

コーヒーの香りは意外に弱めだ。

実際に飲むとかなりマイルドなミルクにビター感強めの味わい、味でいえばエスプレッソのラテになっている。

甘さはかなり抑えてあり、大人向け。

力強いエスプレッソラテといったところだ。

思ったよりも本格的な味のサントリー「スターバックス エスプレッソ」、がっつりカフェインを摂りながらデスクワークのお供にチビチビやるコーヒーとして優秀なエスプレッソラテであると高評価したい。

関連ドリンク

www.drinkmenu.net