ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

リニューアル版の「SPICE FACTORYザ・クラフトコーラ」が前モデルと別味すぎる!刷新変更内容と味を詳しく解説レビュー

スポンサードリンク

リニューアル SPICE FACTORYザ・クラフトコーラ

ポッカサッポロ リニューアル版「SPICE FACTORYザ・クラフトコーラ」

10種類にスパイスを使用したクラフトコーラを実際に飲んだ感想と評価について

10種類のスパイスバランスを変更してリニューアル発売ポッカサッポロ「SPICE FACTORYザ・クラフトコーラ」

ポッカサッポロから2021年9月6日にデザインと内容・味を変更して刷新、リニューアル版として発売された「SPICE FACTORYザ・クラフトコーラ」10種類のスパイスにより複雑な味わいを表現するクラフトコーラだ。

総合評価 ジンジャーエール×コーラ×ドクターペッパーのような味になり、前モデルとは相当に異なるものに仕上がっています。
ルートビアのサロンパス風味は極小に抑えたことで飲みやすく、けっこう美味いクラフトコーラに変貌しました!

前モデルのSPICE FACTORYザ・クラフトコーラレビューページ

www.drinkmenu.net

リニューアル SPICE FACTORYザ・クラフトコーラ

使用するスパイスは前モデルと同じで「ナツメグ」「シナモン」「クローブ」「カルダモン」「ジンジャー」「ダークチリ」「陳皮」「クミン」「ガーリック」の10種類、

前モデルは主要4種類のスパイスのみ公開で残りは非公開になっていだのだ。

刷新したリニューアル版SPICE FACTORYザ・クラフトコーラはスパイス感をよりUPに、加えてジンジャー感を強めたもの。

他にも原材料に砂糖を加えているので1本当りのカロリーなども変更されている。

リニューアル版「SPICE FACTORYザ・クラフトコーラ」の原材料名と栄養成分表示

リニューアル版リニューアル版SPICE FACTORYザ・クラフトコーラ,原材料名
リニューアル版リニューアル版SPICE FACTORYザ・クラフトコーラ,栄養成分表示

名称:炭酸飲料

原材料名:砂糖(国内製造)、レモンピールエキス/炭酸、酸味料、カラメル色素、酸化防止剤(ビタミンC)、香辛料抽出物、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、香料、カフェイン

内容量:450ml

【リニューアル版リニューアル版SPICE FACTORYザ・クラフトコーラの栄養成分表示(100ml当り)】

  • エネルギー 5kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 1.2g
  • 食塩相当量 0.02g

リニューアル版リニューアル版SPICE FACTORYザ・クラフトコーラ450mlPETパッケージより引用

前モデルとの違いは原材料に砂糖(国内製造)と酸化防止剤(ビタミンC)が加わり、保存料(安息香酸Na)が含まれなくなっている。

また栄養成分でも違いがあり、

  • エネルギー 1kcal→5kcal
  • 炭水化物 0.2g→1.2g
  • 食塩相当量 0.01g→0.02g

と、原材料・栄養成分ともにかなりの刷新っぷり、こうなると味が変わっていて間違いないはずだ。

僕の前モデルSPICE FACTORYザ・クラフトコーラへの評価はルートビア系の味でサロンパス風味としているもの、好き嫌いが分かれる味で一般的にまずいとされる味だ。

リニューアル版SPICE FACTORYザ・クラフトコーラはどう変わったのか、実際に飲んで確かめてみよう~!

前モデルに比べて相当に美味く刷新、サロンパス風味が弱めに!

リニューアル版SPICE FACTORYザ・クラフトコーラ,ペットボトルキャップ

リニューアル版SPICE FACTORYザ・クラフトコーラのペットボトルキャップをあけて香りを嗅いでみるとジンジャーエールっぽい香りだ、前モデルとは全然違う香りに仕上がっている。

実際に飲むとジンジャー感たっぷりのピリ辛クラフトコーラ、砂糖が加わることで味の深みが増し、さらにルートビア系のサロンパス風味をかなり弱く抑え込んでいる...

これはもうリニューアルレベルの味ではなく、別物に近いほどブラッシュアップされているクラフトコーラだ、癖が強いがなかなか美味い!

それでもスパイスを多く含む複雑な味、それは「ジンジャーエール×コーラ×ドクターペッパー」の味がする炭酸飲料との表現がわかりやすいだろう。

ただしサロンパス風味が微弱になったことで相当に飲みやすくなるも、ドクターペッパーのような薬っぽさがあり、これではまだ好き嫌いが分かれる味だ

思うにペットボトル飲料のクラフトコーラの中では美味い方になるもの、ここまでの変貌を考えるとさすがに前モデルは冒険しすぎのイマイチな評価が多かったのかもしれない。