ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

なぜにマロン味?「マウントレーニア カフェラッテ メープルハントラテ」にメープルシロップ感がない件について

スポンサードリンク

マウントレーニア カフェラッテ メープルハントラテ,Mt.RAINER Cafe Latte Maple Hunt Latte

マウントレーニア カフェラッテ メープルハントラテ(Mt.RAINER Cafe Latte Maple Hunt Latte)

エスプレッソカフェラテにメープルシロップを加えた秋限定のメープルラテを実際に飲んだ感想と評価について

森永乳業 マウントレーニア カフェラッテ メープルハントラテ(Mt.RAINER Cafe Latte Maple Hunt Latte)

エスプレッソにミルクを加えたチルドカップのカフェラテ「マウントレーニア」シリーズを発売する森永乳業から2021年9月7日に新発売されたマウントレーニア カフェラッテ メープルハントラテは、

いつものマンとレーニアにカナダ産のメープルシロップを加えることで濃厚な味わいが愉しめるカフェラテ、森永乳業はメープルラテとして発売したカフェラテだ。

総合評価 メープルシロップよりもマロン(栗)フレーバーっぽさがある甘いカフェラテ、深い甘さが美味しい!とはいっても「メープルラテ?」と疑問が残ります。
隠し味のマカダミアナッツは全く感じられませんでした。

マウントレーニア カフェラッテ メープルハントラテ,Mt.RAINER Cafe Latte Maple Hunt Latte

使用されるメープルシロップは、最も濃厚で濃いとされるベリーダーククラス。

ただでさえ高級品のメープルシロップ、その中でもベリーダーククラスは通常のメープルシロップに比べて2倍近い価格になる超高級メープルシロップだ。

マウントレーニア カフェラッテ メープルハントラテ,Mt.RAINER Cafe Latte Maple Hunt Latte

※マウントレーニアメープルラテの問題回答は公式サイトで明かされています。

そんなベリーダーククラスを使用したメープルラテをマウントレーニアブランドとはいえ、市販品で発売する強さ...

それはチルドカップ(アセプティックカップ )カフェラテ業界のNO1として長年王座に君臨する森永乳業の強さをも象徴するかのような新商品として注目度はかなり高い。

マウントレーニア カフェラッテ メープルハントラテの原材料名と栄養成分表示

マウントレーニア カフェラッテ メープルハントラテ,原材料名
マウントレーニア カフェラッテ メープルハントラテ,栄養成分表示

種類別名称:乳飲料

商品名:CAFFELATTE(カフェラッテ)メープルハントラテ

無脂乳固形分:4.5%

乳脂肪分:1.4%

原材料名:乳製品(国内製造、外国製造)、砂糖混合果糖ぶどう糖液糖、砂糖、コーヒー、メープルシロップ、デキストリン/香料、乳化剤

内容量:240ml

保存方法:要冷蔵10℃以下

【マウントレーニア カフェラッテ メープルハントラテの栄養成分表示 1本(240ml)当たり】

  • エネルギー 141kcal
  • たんぱく質 4.3g
  • 脂質 3.8g
  • 炭水化物 22.3g
  • 食塩相当量 0.15g

マウントレーニア カフェラッテ メープルハントラテ240mlパッケージより引用

 

メープルハントラテへの評価や口コミをネット・SNSで調査すると「秋らしい」「パッケージがお洒落・かわいい」「おいしい」といった声が多く、高評価をする層は女性がメインになっている。

マウントレーニアのメインターゲット自体が女性であり、ターゲットに刺さる商品としてのメープルハントラテは大成功!といったところだろう。

ただし味についての表現が「おいしい」ではよくわからないのが本音、どう美味いのか?

もっといえば通常版のマウントレーニアに比べてどう美味いのか?

ここが知りたいところで、令和時代の商品レビューや口コミ評価における単純に「おいしい」だけではその他多くの消費者には刺さらない。

僕も気になるメープルハントラテの「おいしさ」について、じっくり現物を飲みながら評価してみよう~!

メープルシロップよりもマロン風味を感じるカフェラテ

マウントレーニア カフェラッテ メープルハントラテ

マウントレーニア カフェラッテ メープルハントラテのフタをあけて香りを嗅いでみると通常のマウントレーニア(レギュラー商品)にプラスαで甘味が加わっている感じだ。

飲む前から「これは甘いぞ...」と鼻から脳に味のイメージが伝わるカフェラテになっている。

実際に飲んでみると通常のマウントレーニアに深みがある甘さを加えたような味、だがメープルシロップ感及びベリーダーククラスの味わいがない。

メープルシロップ感が無いかわりにマロン(栗)っぽさを強く感じるのが面白いところ、味の表現は「カフェラテ×モンブラン」のほうが分かりやすく、

マロン風味がするカフェラテで美味い!と高評価したい味だ。

マウントレーニア カフェラッテ メープルハントラテのクイズの答えで「隠し味としてマカダミアナッツが含まれている」になるもマカダミアナッツ感はなし、もちろんナッツ感もない。

例年のマウントレーニア秋の新商品にはマロン系が基本となるのだが今年はメープルシロップでマロン感を表現しているのか、どれとも今後に2021年秋モデルのマロンフレーバーをだすのか、マウントレーニア好きにとっても注目したいポイントだ。