ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

ハンパない魔剤感と薬っぽさ「SHARKゼロカロリー」のケミカルすぎる味わいがヤバすぎる!

スポンサードリンク

SHARKゼロカロリー,シャークエナジードリンク

SHARK ZERO CALORIES(シャーク ゼロカロリー)

タイ王国のエナジードリンク「シャークエナジードリンク」のゼロシュガー・ゼロカロリー版を実際に飲んだ感想と評価について

タイ輸入のエナジードリンク「SHARK ZERO CALORIES(シャーク ゼロカロリー)」

SHARK ZERO CALORIES(シャーク ゼロカロリー)はタイの首都バンコク発のエナジードリンクでosotspa社の製造、日本では㈱アンタレスコーポレーションが輸入者となるエナジードリンクだ。

総合評価 

リポビタンDとレッドブルをブレンドしたような味に強い薬っぽさでハンパない魔剤感を醸し出すエナジードリンク、

日本の味覚では多分まずいの評価が正しいのだろうけど中毒性のあるケミカルすぎる味わいがグッド!

SHARK ZERO CALORIES,シャーク ゼロカロリー

1969年にリポビタンD(大正薬品)の輸入、製造、販売の権利を取得しタイ王国工場にて製造、販売を開始。
(大正製薬海外グループ会社:オソサパ大正株式会社)
1998年M-150に炭酸を加えアレンジしSHARKエナジードリンクが完成。 現在、世界80ヶ国以上(欧米/アフリカ/南米60ヶ国、アジア/北アメリカ20ヶ国)で販売されております。

2007年本社、タイ王国にあるOsotspa.co.Ltd(オソサパ)より日本におけるSHARKエナジードリンクの総輸入元、総販売元のライセンスを取得。限られた場所での販売、プロモーションを開始

2012年問屋、酒屋を通しての一般販売開始
2013年一部のCVS、スーパー、ドラッグストア等での販売開始

商品紹介 | 株式会社アンタレスコーポレーションより引用

通常版のシャークエナジードリンクはリポビタンDにストロベリーを加えてケミカルな味わいに仕上げたとてもクセが強いエナジードリンクになる。

www.drinkmenu.net

大正製薬とosotspa社の関係性を見ればシャークエナジードリンクがリポビタンDの味わいを踏襲した雰囲気になっていることは理解できるのだが日本人の味覚に合わせた味わいでない。

それが輸入飲料の魅力ともいえるのだが...

SHARK ZERO CALORIES,シャーク ゼロカロリー

SHARKゼロカロリーのパッケージ背面の解説によると、保存料。砂糖不使用のゼロカロリーエナジードリンクで美味しさと微炭酸を維持し、爽快さをお届け

ビタミンB群を多く含み好きなタイミングでエナジーをチャージ出来る...とのポエミーな記載がある。

SHARKゼロカロリーの原材料名と栄養成分表示

SHARKゼロカロリー,原材料名
SHARKゼロカロリー,栄養成分表示

【SHARKゼロカロリーの原材料名】

品名:炭酸飲料

名称:SHARKゼロカロリー

原材料名:エリトリトール、クエン酸、香料、天然カフェイン、リジン、イノシトール、アセスルファムK、スクラロース、ナイアシンアミド、カラメル色素、ビタミンB6、ガラナエキス、ビタミンB2、ビタミンB1、ビタミンB12

内容量:250ml

原産国:タイ王国

輸入者:㈱アンタレスコーポレーション

【SHARKゼロカロリーの栄養成分表示(100ml当たり)】

  • エネルギー 0kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 0g
  • ナトリウム 0g
  • クエン酸 0.8g
  • ビタミンB6 2mg
  • ガラナエキス 1.7mg
  • ビタミンB2 0.94mg
  • ビタミン B1 0.1mg
  • ビタミンB12 1.2μg

SHARKゼロカロリー250ml缶パッケージより引用

シャークエナジードリンクは㈱アンタレスコーポレーションの扱いになるのだが日本公式HPも一応存在している。

www.sharkenergy.jp

SHARK Energy Japan (@sharkenergy_jpn) | Twitter

SHARK Energy japanとはいっても運営が㈱アンタレスコーポレーションなので結局は同じところ。

日本公式HPには結構いいからげんな記載(世界シェアNo2とか)があるので読んでみると面白いと思う(真に受けないほうがよい)

リポビタンDとレッドブルを混ぜたような味、強い薬っぽさのヤバい魔剤感!

SHARKゼロカロリー

SHARKゼロカロリーのプルタブをあけて香りを嗅ぐとリポビタンDの香りがする。

エナジードリンクっぽい香りではなく栄養ドリンクっぽい香りだ。

実際に飲んでみると強い酸味に程よい甘さ、リポビタンDとレッドブルをブレンドしたような味わいのエナジードリンクとなっている。

そこに薬っぽい味わいが強モードで加わり、ハンパない魔剤感を演出...

これはヤバいエナジードリンクだ、レッドブルが可愛らしくみえる強エナジーといえるだろう。

SHARKゼロカロリーを美味い・不味いで評価すると日本人の味覚では多分「不味い」が正解のように思う。

だが不味いを上回る中毒性のあるようなケミカルすぎる味わいにより、マズいはずなんだけど飲んじゃう、ついつい飲んじゃう...

非常に癖が強いSHARKゼロカロリー、だがエナジードリンク好きならば一度は試してみることを強くオススメしたい。

関連ドリンク

www.drinkmenu.net