ソフトドリンクの鉄人

ドリンクレビュー専門の総合サイト

ついにコラボした飲料2大ブランド「カルピスとWelch’sグレープ」は美味い?まずい?

スポンサードリンク

カルピスとWelch’sグレープ,Calpis & Welch’s Grape

アサヒ飲料「カルピスとWelch’sグレープ」Calpis & Welch’s Grape

100年以上の歴史があるカルピスとWelch’s(ウェルチ)がコラボしたブドウ果汁入り乳性飲料を実際に飲んだ感想と評価について

乳酸菌とぶどう由来のポリフェノールを含む「カルピスとWelch’sグレープ」

アサヒ飲料から2022年3月29日に発売された「カルピスとWelch’sグレープ」は、甘酸っぱい乳酸菌飲料のカルピスに、濃厚な果実の味が特徴のWelch’sグレープ(コンコード)をブレンドした果汁率10%の乳性飲料だ。

総合評価 これまで発売されてきたカルピスのグレープ味に比べて格段に美味しく仕上がっているとは思えますが、Welch’sグレープらしさがかなり弱くカルピス味がメインです。
2大ブランドのコラボでも期待値を下回る味、低評価です。

カルピスとWelch’sグレープパッケージラベル

100年以上の歴史を持つカルピスとWelch’s(ウェルチ)は両方ともアサヒ飲料が手掛ける飲料ブランド、

いつかはコラボした商品が発売されるだろう...と思っていた人も多いはずで、メジャーなブランドのコラボとなれば華々しいデビューを予想していた。

だがパッケージのデザインは案外地味、どちらかといえばWelch’s(ウェルチ)っぽさがメインとなるデザインでありつつも、液色は過去に発売されてきたカルピスのグレープ系そのものに仕上がっている。

「カルピスとWelch’sグレープ」原材料名と栄養成分表示

カルピスとWelch’sグレープ,原材料名
カルピスとWelch’sグレープ,栄養成分表示

名称:10%ぶどう果汁入り飲料

原材料名:ぶどう(アメリカ産)、果糖ぶどう糖液糖、脱脂粉乳、乳酸菌飲料/酸味料、安定剤(大豆太郎類)、香料、野菜色素、甘味料(アスパルテーム・L-フェニルアラニン化合物、アセスルファムK)

内容量:480ml

【栄養成分表示(100ml当たり)】

エネルギー 24kcal

たんぱく質 0.4g

脂質 0g

炭水化物 5.5g

食塩相当量 0.05g

ぶどうプリフェノール 11-29mg

カルピスとWelch’sグレープPET480mlパッケージより引用

カルピスとWelch’sがコラボしたということで美味しさへの期待値が高い「カルピスとWelch’sグレープ」

当然カルピスもWelch’sグレープも高評価を得ている人気ブランドなのだが、経験からするとカルピスのグレープ味はお菓子のハイチュウグレープのような味が多く、ハッキリ言って低評価な商品が多い。

だが今回はたんなるグレープではなくWelch’sグレープ、安っぽい味に仕上がってはいないと思うのだが...

実際に飲んでみよう~!

グレープ味濃いめのカルピスだが...

カルピスとWelch’sグレープ,ペットボトルキャップ

カルピスとWelch’sグレープの香りを嗅いでみると、これまでのカルピスグレープ味とは違ったミルキーなグレープの香り。

カルピスの香りは弱めだ。

実際に飲むとハイチュウグレープのようなお菓子っぽい味は軽減され、グレープ味濃いめに仕上がっている。

だが味の主体はあくまでカルピスであり、ウェルチグレープを飲んだ時に感じる濃さやグレープの”えぐみ”はあまり感じられない。

これまで発売されてきたカルピスのグレープ味に比べれば「カルピスとWelch’sグレープ」は格段に美味しく仕上がっているとは思える。

それでもカルピスとWelch’sグレープがコラボした飲料で考えると期待値を下回る味わいだ。