ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

果汁入りフルーツミックスエナジードリンク「ZONe Utipia Ver.1.0.0」が高評価される理由とは?

スポンサードリンク

ZONe Utipia Ver.1.0.0

サントリー ZONe Utipia Ver.1.0.0 (ゾーン ユートピア)

果汁17%のフルーツフレーバーエナジードリンクを実際に飲んだ感想と評価について

サントリーエナジードリンク「ZONe Utipia Ver.1.0.0」

ZONe Utipia Ver.1.0.0

サントリーから2021年2月16日に新発売されたZONe Utipia Ver.1.0.(ゾーン ユートピア)はオレンジ・りんご・桃といったフルーツ果汁を17%も含んだフルーツテイストのエナジードリンクだ。

ZONe Utipia Ver.1.0.がラインアップに加わることでZONeブランドは全5種類にラインアップを拡大、価格の面でモンスターエナジーと大きなな差がないが500mlの大容量エナジードリンクとして一気に売上と知名度を上げてきている。

  • ZONe Ver.1.3.9(2020年5月12日発売)
  • ZONe Firewall Ver.1.0.0(2020年5月12日発売)
  • ZONe Unlimited ZERO Ver.1.0.0(2020年12月8日発売)
  • ZONe DEEPDIVE Ver.1.0.0(2020年9月8日発売)
  • ZONe Utipia Ver.1.0.0(2021年2月16日発売)

ZONe Utipia Ver.1.0.0

ZONeエナジードリンクのコンセプトはデジタルパフォーマンスの向上、発売当初はゲーミングエナジードリンクなんて呼ばれたりもされエナジードリンク界隈では少し違う立ち位置と評価されていた。

それも2021年2月の現在となってはスーパーやコンビニ等の小売店におけるエナジードリンクコーナーにビシ!っとラインアップを揃えて目立つ位置に君臨するほどに。

今や日本におけるZONeブランドはモンスターエナジーと肩を並べるまで勢力拡大している雰囲気だ。

ZONe Utipia Ver.1.0.0の原材料名と栄養成分表示

ZONe Utipia Ver.1.0.0,原材料名
ZONe Utipia Ver.1.0.0,栄養成分表示

品名:17%混合果汁入り飲料(炭酸ガス入り)

原材料名:果実(りんご、もも、オレンジ)、砂糖、パラチノース/酸味料、炭酸、香料、アルギニン、カロチノイド、甘味料(スクラロース)、ビタミンB6

原料原産地名:ブラジル製造(りんご果汁)

ZONe Utipia Ver.1.0.0の栄養成分表示(1本500mlあたり)】

  • エネルギー 314kcal
  • たんぱく質 0.5g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 78.0g
  • -糖質 74.0g
  • 食塩相当量 0.25g
  • ビタミンB6 5.0mg
  • ナイアシン 50mg

【エナジー成分】

  • アルギニン 500mg
  • パラチノース 5.0g
  • カフェイン 75mg

サントリー「ZONe Utipia Ver.1.0.0」500ml缶パッケージより引用

新発売のZONe Utipia Ver.1.0.0(ゾーンユートピア)だが発売日初日からネット・SNSでレビューや評価の口コミが多数上がっていることからも世間のZONeエナジードリンクへの関心度は高めといったところだろう。

そんなネット・SNSでのZONe Utipia Ver.1.0.0評価は高めで美味いの声が圧倒的、フルーティーな桃系炭酸飲料といった評価となっている。

ただエナジードリンクの魔剤感、毒々しさ、薬っぽさについての評価が少なく僕としてはその辺が気になるところ...実際に飲んで確かめてみよう!

もも味をベースとしたフルーツミックス味にほんのりエナジーっぽさ、美味い!

ZONe Utipia Ver.1.0.0

ZONe Utipia Ver.1.0.0(ゾーンユートピア)のプルタブをあけて香りを嗅ぐと桃の香りが強め、グァバっぽい雰囲気もする香りだ。

実際に飲むと桃をベースとしたフルーツミックス味、甘さはほどほどに強めに酸味とキメの細かい微炭酸が舌にまとわりついて唾液がじゅんわり出まくってくる...コイツはうめぇ!

全体的にジュースっぽい雰囲気のZONe Utipia Ver.1.0.0だが刺激と酸味の強さもあってかエナジードリンクっぽさあり、やはり刺激とインパクトはエナジードリンクを買って飲むにあたり体が欲するものだと思う。

さらにZONe Utipia Ver.1.0.0の面白いところが後味に微妙ながらもミントっぽい「スース―感」が残るところ、この微妙なミントっぽさにこれまでのエナジードリンクにない”薬っぽさ”を感じる。

モンスターパイプラインパンチとの比較

ZONe Utipia Ver.1.0.0 と比較されるのがモンスターエナジーのパイプラインパンチだ、同じくフルーツミックスエナジードリンクとして人気があり緑のモンスターとピンクのパイプラインパンチが自販機でセットになっているシーンをよく目にする人も多いだろう。

www.drinkmenu.net

モンスターパイプラインパンチへの評価で僕はネットで批判されたことがある。

その内容とは「売り切れになるほど美味いとは思えない味」といった記事タイトルになるのだろう、

僕がモンスターパイプラインパンチをそこまで美味くないと評価する理由はエナジードリンクとしてどうなのか?と考える部分が肝になり、気分を上げるエナジードリンクを飲みたい気分の時にパイプラインパンチではないだろう...と考えているからだ。

じゃあZONe Utipia Ver.1.0.0 はどうなのか?となるとパイプラインパンチに比べれば甘さは弱めで酸味は強め、果汁入りのフルーツミックスだが、所謂エナジードリンクの味で表現される”ケミカルな(科学的な)味”を感じる。

とくに微量だが後味のミントっぽいスース―感はパイプラインパンチにはない感覚、エナジードリンクっぽさで言えばZONe Utipia Ver.1.0.0 の方が上だと思う。

これまでの僕はZONeエナジードリンクに対して少々厳しめの評価をしていたがZONe Utipia Ver.1.0.0にはやられた、実に美味く、僕の完敗と認めるしかない。

関連ドリンク

www.drinkmenu.net