ドリンクメニュー

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

濃いめのカルピスが好きな人におすすめしたい、発酵BLEND「ヨーグルト&カルピス沖縄パイン」

アサヒ飲料の発酵BLENDヨーグルト&カルピス沖縄パイン

アサヒ飲料の発酵BLEND「ヨーグルト&カルピス沖縄パイン」

季節限定のカルピスを実際に飲み詳しい感想と評価をする

ヨーグルトとカルピスをブレンドした「発酵BLEND」シリーズの第二弾

発酵BLENDヨーグルト&カルピス沖縄パイン

アサヒ飲料から2019年5月14日に季節限定で新発売された発酵BLEND「ヨーグルト&カルピス沖縄パイン」ヨーグルトとカルピスをブレンドした発酵BLENDシリーズの第二弾のドリンクになる。

では第一弾の発酵BLENDシリーズはどうだったか?となると口あたりがヨーグルトで後からカルピス味がじわじわと迫って来るような味だった。

www.drinkmenu.net

今回飲む発酵BLENDシリーズの第二弾は11カ月ぶりの発売となるものの季節限定商品であり発売期間は9月末まで、パイナップルの旬の時期である7月~9月と考えれば丁度良い販売期間といえる。

カロリーは控えめの一本90kcal、乳酸菌・発酵乳と健康意識の高まりにも合致、それでいてカルピスブランドのドリンクとなれば飲むしかないだろう。

発酵BLENDヨーグルト&カルピス沖縄パインの原材料名と栄養成分

発酵BLENDヨーグルト&カルピス沖縄パイン

発酵BLENDヨーグルト&カルピス沖縄パインの原材料名

果糖ぶどう糖液糖、脱脂粉乳、パインアップル果汁、乳酸菌飲料、発酵乳/酸味料、安定剤(大豆多糖類、ペクチン)、香料、甘味料(アスパルテーム・Lフェニルアラニン化合物、アセスルファムK)、ベニバナ黄色素、野菜色素

発酵BLENDヨーグルト&カルピス沖縄パインの栄養成分表示(100ml当たり)

  • エネルギー18kcal
  • たんぱく質0.5g
  • 脂質0g
  • 炭水化物4.1g
  • 食塩相当量0.1g

発酵BLEND「ヨーグルト&カルピス沖縄パイン」500mlPETパッケージより引用

カルピスブランドは1919年に誕生となり2019年の今年は100周年記念だ、2019年は7月31日まで自販機限定で100周年大感謝キャンペーンを行っている。

www.calpis.info

残念なことに発酵BLENDヨーグルト&カルピス沖縄パインは対象商品とはなっていない、対象となるドリンクは以下の通りだ。

  • カルピスソーダPET430ml
  • カルピスウォーターPET430ml
  • 濃いめのカルピスPET490ml
  • 濃いめのカルピス和歌山県産夏みかんPET280ml

賞品にはA賞とB賞がありB賞がLINEポイント、ドリンクマニアとしてはA賞の限定パッケージ6本詰め合わせしか目に入らない。

とくにカルピス復刻デザインパッケージを含む「カルピス」希釈用3本は気なるところ、味は通常と変わらないだろうが復刻デザインは手に入れたい一品だ。

濃いめのカルピスと同等の”濃さ”発酵BLEND「ヨーグルト&カルピス沖縄パイン」

発酵BLENDヨーグルト&カルピス沖縄パインのペットボトルキャップ

発酵BLENDヨーグルト&カルピス沖縄パインのペットボトルキャップをあけて香りを嗅いでみると甘く爽やかなパインの香りとほのかにヨーグルトの香りがする、とても飲欲をそそる香りだ。

実際に飲んでみると口あたりから相当濃い、メインの味はヨーグルトが強いもののカルピスと沖縄パインもしっかりと感じられる。

甘さは強めで酸味もほどよく濃いめのブレンドされたカルピスといったところだ、うまい。

発酵BLENDヨーグルト&カルピス沖縄パインはどちらかと言えば玄人向けのカルピスかもしれない、とにかく濃い味なのだ。

逆をいえば濃いめのカルピスが好きな人には是非とも飲んでもらいたいドリンク、後味に若干の人工的な甘さが残るものの概ね満足のゆくカルピスと評価できるはずだ。

 

濃い味カルピスなのでグラスに大量の氷をいれ味わうのも悪くない、実に幸せなひとときが待っているはずだ。

そんな風に、僕は思う。