イタリアのほろ苦いオレンジジュース、ヨーガ「スッコ・ディ・アランチャ」

f:id:drinkoon:20181103183327j:plain

ヨーガ「スッコ・ディ・アランチャ」

イタリア輸入の果実飲料を日本で深く味わう

果汁100%の濃縮還元オレンジジュース

f:id:drinkoon:20181103183709j:plain

最近のスーパーは輸入飲料を扱う店舗も多い、そんなスーパーで面白いドリンクを発見、濃縮還元果汁100%のオレンジジュースでイタリアからの輸入飲料ヨーガ「スッコ・ディ・アランチャ」だ。

日本では聞きなれない言葉「アランチャ」とはオレンジの実という意味でアランチャータ(ARANCIATA)とは違う。単なるオレンジジュースだ。

因みにアランチャータはイタリアの言葉でフレッシュなオレンジを絞って炭酸と砂糖を加えたシンプルなドリンクといった意味、簡単に言ってしまえばオレンジ炭酸飲料になる。

今回購入したヨーガ「スッコ・ディ・アランチャ」をネット検索したがイタリア語でさっぱり分からないサイトしか出てこない。

という事で輸入者のモンテ物産のサイトを見るとヨーガ「スッコ・ディ・アランチャ」について少しだけ情報が載っている。

ヨーガとはイタリアのフルーツジュース市場のリーダー的な存在、イタリアではyogaはフルーツドリンクと同義語ほどの高い認知度...となっている。

なるほど、日本で言えばドールのようなものだろうか、さっそく飲んでみよう。

ほろ苦いオレンジの味

f:id:drinkoon:20181103232827j:plain

小瓶タイプの果汁飲料は日本では珍しい存在、しかも緑色の瓶も珍しい。

ヨーガ「スッコ・ディ・アランチャ」の蓋をひねってあけるとフレッシュなオレンジの香りが漂う、イタリア人はこんな香りが好きなのだろうか?

ひと口飲んでみるとほろ苦いオレンジの味、そして果実のコクが濃くかなり深い...ヨーロッパの人は味が濃い飲料を好むのだろうか、また「ほろ苦い系」の果汁飲料が好きなのだろうか、僕にはそんな気がしてならない。

ヨーガ「スッコ・ディ・アランチャ」を飲みほした感想はそれなりに美味い果実飲料にはなるのだが少々酸味が強い、そしてこの酸味が舌を刺激して唾液をじゅわじゅわと染み出させる。

このパターンは同じイタリア飲料であるサンペレグリノ社のリモナータ、アランチャータに似ている。

www.drinkmenu.net

www.drinkmenu.net

果汁飲料とはいっても国民性や人種によって好みが異なるのだろう。

僕としてはイタリア飲料の濃い味やほろ苦い果実味は好みのドリンクだ、あとはイタリアの人が日本の果実飲料や果実炭酸を飲んでどう感じるかだろう。

例えばファンタオレンジをイタリア人に飲ませたらどう評価するのだろうか?

分からないけど日本人は薄味の果汁炭酸が好き...と思われてしまうのだろう、

そんな風に、僕は思う。