ミックスで誤魔化さない味が高評価!カゴメ野菜生活100「日向夏ミックス」がうまい!

f:id:drinkoon:20181028223518j:plain

カゴメから2018年8月21日に期間限定・季節限定で発売となった野菜生活100「日向夏ミックス」

爽やかな甘みと酸味を深く味わう

夏にぴったりな日向夏の爽やかな甘みと酸味が特徴的な野菜ジュース

f:id:drinkoon:20181028223708j:plain

カゴメ野菜生活100シリーズの季節・期間限定商品「日向夏ミックス」は夏の時期にぴったりな爽やかで酸味が特徴のミックスジュース、

ただし野菜生活100ブランドから発売されただけあって野菜50%と果実50%の会わせて100%の野菜果実ミックスジュースといった扱いのドリンクになる。

柑橘類の日向夏を用いた飲料は8月~9月にかけて発売されることが多く、最も遅い時期では特産三ツ矢シリーズから宮崎県産の日向夏を使った炭酸飲料が発売されている。

www.drinkmenu.net

日向夏と言えば宮崎県なのだろうか、産地にこだわったといっても宮崎県産の日向夏ばかりでは特別感が少ないように感じてしまう。

今回飲むことになったカゴメの日向夏ミックス、本来であれば発売日近辺の気温が高い時期に飲むべきドリンクなのだが冷蔵庫に入れっぱなしで飲むのを忘れていた。

しかしうまいドリンクとはどんな時期に飲んでもうまいはず、果たして季節外れの時期に飲む日向夏はうまいのだろうか?

僕の舌と口と喉でしっかりと評価していこう。

野菜生活100日向夏ミックスの原材料と栄養成分

原材料

野菜(にんじん、ピーマン、ほうれん草、アスパラガス、小松菜、クレソン、かぼちゃ、紫キャベツ、ブロッコリー、メキャベツ(プチヴェール)、ビート、赤じそ、セロリ、レタス、はくさい、ケール、パセリ、なす、たまねぎ、だいこん、キャベツ)、果実(りんご、日向夏(宮崎産100%)、レモン)/クエン酸、香料、ビタミンC 

栄養成分【195ml】

エネルギー:84kcal、 たんぱく質:0.6g、 脂質:0g、 炭水化物:20.7g、 ナトリウム:15 ~65mg、 糖質:20.3g、糖類:18.1g、食物繊維:0 ~0.8g、食塩相当量:0.03 ~0.2g、カリウム:370mg、カルシウム:20mg、ビタミンC:100 ~230mg、ビタミンK:0 ~3μg、葉酸:2 ~16μg

野菜生活100 日向夏ミックス|カゴメ株式会社より引用

 野菜生活100シリーズは基本的には「野菜ジュース」になる、そして原材料を確認すると野菜嫌いの僕はいつも気がめいってしまう。

とくに季節限定の野菜生活100シリーズの原材料は引用をみれば分かる通り「ザ・野菜」としかいいようがないほど野菜のオンパレードなのだ。

そして実際い飲んでみると野菜の味が全くしないといったパターンが多くて普通に美味かったりもするのだが野菜ジュースとしてはいかがなものなのか?といつも疑問に思うところがある。

それでもドリンクとは美味ければよい、うまくなければ売れない...それがドリンクの世界である。

 味を誤魔化さずに「日向夏の味」で勝負した野菜果実ミックスジュース

f:id:drinkoon:20181028232052j:plain

パッケージデザインからは全く野菜を感じさせない日向夏ミックスに勢いよくストローを挿して飲んでみる。

口あたりから素材のもつ優しい甘みを感じつつも日向夏の爽やかな酸味が効いてとても飲みやすい。

しかもリンゴやレモンで誤魔化さずにきちんと日向夏の味をで勝負しているところが良い...これはうまい。

日向夏ミックスも野菜生活100シリーズの特徴的な部分である「野菜の味が全くしない飲料」であって野菜嫌いの人には本当に安心して飲める野菜ジュースといったところ、本当に野菜の味はどこにいってしまったのだろうか?と心配になるほどだ。

日向夏を使ったドリンクは色々と飲んできた僕だがカゴメ野菜生活100「日向夏ミックス」は日向夏ドリンクの中でもかなりの上位に君臨するドリンクと僕は評価している、それは最近発売された特産三ツ矢宮崎産日向夏よりも高評価だ。

そんな風に、僕は思う。