ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

優しい味の台湾輸入ドリンク「台湾 名屋 バナナミルク」

スポンサードリンク

台湾 名屋 バナナミルク

台湾 名屋 バナナミルク

台湾から輸入のバナナミルクドリンクを実際に飲んで感想と評価をしてみよう

メーカー名「名屋」、中国語でバナナを意味する「香蕉」

台湾 名屋 バナナミルク

台湾からの輸入飲料「台湾 名屋 バナナミルク」は台湾のメーカー「名屋」が製造するバナナミルクのドリンクだ。

パッケージに表示される「香蕉」とは中国語でバナナ、ギュ乳はそのままミルクとなり台湾語が読めなくてもパッケージデザインと英語表記のBANANA MILKでどのような飲み物か?が分かるようになっている。

台湾 名屋 バナナミルク

ただし栄養成分や原材料名、その他詳しい内容は何となく分かるような感じがするも見なれない漢字のオンパレードだ、このままではどのようなドリンクなのかよく分からない...

とは言っても台湾の輸入飲料だ、日本語で詳しい情報がネットに転がっているわけがない。

台湾 名屋 バナナミルクの原材料名と栄養成分表示

台湾 名屋 バナナミルクの原材料名と栄養成分表示

品名:バナナミルクジュース(清涼飲料水)

原材料名:砂糖、全粉乳、バナナ果汁、乳化剤、増粘剤(カラギーナン)、香料、着色料(黄色4号)

内容量:340ml

原産国名:台湾

【台湾 名屋 バナナミルクの栄養成分表示(100g)あたり※目安】

  • エネルギー 52kcal
  • たんぱく質 0.8g
  • 脂質 0.9g
  • 炭水化物 10.1g
  • 食塩相当量 0.1g

台湾 名屋 バナナミルク340ml缶パッケージより引用

 

日本では友盛貿易㈱が輸入者となり台湾から輸入、大手スーパーや輸入食材を扱う店舗でも発売されてはいるが実際に現物購入となると僕のようなドリンクマニアでない限りあちこち探し回らないと難しいだろう。

そもそも台湾 名屋 バナナミルクが美味いのかまずのか?さえ分からないもの、実際に飲んでみる他ない!

子供の飲み物っぽい薄味のバナナミルクジュース

台湾 名屋 バナナミルク

台湾 名屋 バナナミルクを開封して香りを嗅ぎまくってみるとお菓子のバナナのような香りだ、台湾の人はこのような香りを好むのだろうか?

実際に飲むと薄味のバナナミルクジュースといった感じ、バナナ果汁のコクは深くなくミルクもサラサラとした喉越しだ。

バナナ感は弱いもののトロピカルな雰囲気が多少ある...ただ小さな子供用のバナナミルクジュースのような味わいだ。

台湾 名屋 バナナミルクはまずいわけではなく普通に飲めるドリンク、味のインパクトが弱いので面白みはないが優しい口あたりと味わいのバナナミルクが好きな人には良いのではないかと思う。

または風呂上りの牛乳やフルーツ牛乳的な感じでグイっと飲むかだ。

もしかすると台湾人も日本人みたいに風呂上りのミルクをやる習慣があるのだろうか、

そんな風に、僕は思う。