ドリンクメニュー

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

オランジーナ、ファンタよりも断然うまい「サンペレグリノ スパークリングフルーツベバレッジ アランチャータ・ロッサ」

f:id:drinkoon:20181015184738j:plain

サンペレグリノ社の「スパークリングフルーツベバレッジ アランチャータ・ロッサ」

本場イタリアのブラッドオレンジ炭酸ドリンクを深く味わう

アランチャータとは?

f:id:drinkoon:20181015184902j:plain

ドリンク好きでも全く聞きなれない言葉「アランチャータ(ARANCIATA)」とはイタリアの言葉でフレッシュなオレンジを絞って炭酸と砂糖を加えたシンプルなドリンク...という意味。

これは同シリーズ「サンペレグリノ スパークリング フルーツベバレッジ リモナータ」のレビュー記事でも解説している。

www.drinkmenu.net

リモナータがかなりの激うまドリンクだっただけにアランチャータの期待値も高まるといったところだろうか、味はブラッドオレンジ...つまりほろ苦い味のオレンジになり日本の飲料メーカーではファンタ情熱の真っ赤なオレンジやオランジーナが近い味になる。

www.drinkmenu.net

www.drinkmenu.net

オランジーナはフランスじゃないか...となるが日本で売られているオランジーナはサントリーが日本で製造している「日本版オランジーナ」、本場フランスのオランジーナは飲んだ事がないが日本のオランジーナとは味が異なっていると言われている。

 こんな風に書くと「サンペレグリノ スパークリングフルーツベバレッジ アランチャータ・ロッサ」が特別なドリンクのように見えるだろう、しかし僕が購入したのは近所のスーパーだったりもする。

オランジーナ、ファンタ情熱の真っ赤なオレンジがお子ちゃまに思える

f:id:drinkoon:20181015201117j:plain

サンペレグリノ スパークリングフルーツベバレッジ アランチャータ・ロッサもリモナータ同様に缶上部にカバーが被さっている。

このカバーに何の意味があるのか分からないが、もしかすると「飲み口は誰も触っていませんよ」的な意味を込めているのかもしれない。

 

さてアランチャータ、プルタブをあけるとフレッシュなオレンジの香りが...というわけでもない、少しオレンジが香る程度だ。

ではひと口飲んでみると実にうまい、コクの深いオレンジに少しだけほろ苦い味、しかしながらしっかりと甘みが効いており炭酸も丁度良い。炭酸も絶妙な強さ、恐らく微炭酸と通常の炭酸の中間ぐらいのガス圧なのだろう、炭酸でドリンクの味を誤魔化すような事はしていない。

これぞブラッドオレンジが美味しく味わえる缶ジュースといっても過言ではないだろう。

サンペレグリノのアランチャータを飲んでみると日本のオランジーナやファンタ情熱の真っ赤なオレンジがお子ちゃまドリンクのように思えてくる。

ファンタはまだいい、あれはアレでそこまでの味を求めている人は少ないはずだ。

しかしオランジーナは一体何をやっているのだ?と言いたくもなるサントリーは日本向けに味を調整しているのかもしれないがフランスの国民的伝統炭酸で発売しているオランジーナにサンペレグリノアランチャータのようなコク深い味わいになぜ調整しなかったのだろうか?

 

確かにヨーロッパと日本では原材料も水も違うから全く同じ味を出すのは難しいのは分かる、しかしながらサンペレグリノのアランチャータを飲んでしまった僕としては飲み終えた後のけた違いの満足感があっただけに日本版オランジーナにはもう少し頑張って欲しい。

そんな風に、僕は思う。