ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

レッドブルオーガニック「ジンジャーエール」はドクターペッパー好きなら納得できる味

レッドブルジンジャーエール

 レッドブルオーガニック「ジンジャー」

ジンジャー×ベルガモット×オーガニックレモン果汁の炭酸飲料を深く味わう

レッドブルオーガニックはエナジードリンクではなく炭酸飲料

レッドブルオーガニックジンジャーエール

レッドブルといえばエナジードリンクで有名な飲料になり「レッドブル」の名がつけば何でもエナジードリンクだと思っている人も多いだろう、しかしレッドブルオーガニッックはエナジードリンクではなく炭酸飲料の扱いになり、それはレッドブル公式サイトでも明確に記載されている。

ではレッドブルオーガニックのシリーズは普通の炭酸飲料なのか?となればそれまでの話、炭酸飲料に違いはないのだが「オーガニック」の部分が通常の炭酸飲料とは異なるドリンクなのだ。

有機食品のJAS規格に適合した生産が行われていることを登録認証機関が検査し、その結果、認証された事業者のみが有機JASマークを貼ることができます。

この「有機JASマーク」がない農産物と農産物加工食品に、「有機」、「オーガニック」などの名称の表示や、これと紛らわしい表示を付すことは法律で禁止されています

有機食品の検査認証制度:農林水産省より引用

 有機食品のJAS規格に適合したドリンクがレッドブルオーガニックであり、実際にオーガニック素材だから美味いかまずいか?はさておき、缶パッケージに記載されているJASマークは一つのアピールポイントとなる。

今回飲むレッドブルオーガニック「ジンジャーエール」はジンジャー×ベルガモット×オーガニックレモン果汁でスパイシーな味のジンジャーエール、

とくにレッドブルオーガニックのジンジャーエールはスパイシーとうたっているだけにウィルキンソンの辛口ジンジャーエールとの違いについて気になる人も多いだろう。

www.drinkmenu.net

ジンジャーエールの味わい方は人それぞれ、ただレッドブルオーガニックのジンジャーエールは価格も高く250m缶とドリンク量が少ないことから食事のお供として飲むドリンクにしては勿体ない。

風呂上がりといったドリンクにとって最高の状態で深く味わいレビューと評価をする。

レッドブルオーガニック「ジンジャーエール」の原材料名と栄養成分

原材料名

有機砂糖、有機濃縮レモン果汁、有機カラメルシロップ/炭酸、香料

栄養成分表示(100mあたり)

  • エネルギー37kcal
  • たんぱく質0g
  • 脂質0g
  • 炭水化物8.9g
  • 食塩相当量0g

レッドブルオーガニックジンジャーエール缶パッケージより引用

レッドブルオーガニックのシリーズは記事公開時点で3種類が発売されている。

僕は刺激の強い炭酸ドリンクも好物なのでジンジャーにはかなりの期待がある...僕の期待を裏切らないスパイシーな味であることを祈りながら深く味わってみようではないか。

その他のレッドブルオーガニックシリーズについては下記のリンク記事を読めば分かるだろう

www.drinkmenu.net

とても美味いがスパイシーとは言えない味のレッドブルオーガニックジンジャーエール

レッドブルオーガニックジンジャーエール

ドリンクを味わうにあたって最高ともいえる風呂上がりにレッドブルオーガニックジンジャーエールのプルタブを開けて香りを確認するもジンジャーの香りはかなりひかえめとなっている。

興奮しつつグビっと飲んでみると少し苦みのあるジンジャーの味にほのかなレモンを感じる...とても癖の強いジンジャーエールだ、だが美味い。

 

オーガニックス・バイ・レッドブル ジンジャーエール×24本

オーガニックス・バイ・レッドブル ジンジャーエール×24本

 

 

しかし期待していたスパイシーについては残念としか言いようがない、はっきり言ってレッドブルオーガニックジンジャーエールは辛味が少なく、ウィルキンソン辛口ジンジャーエールの足下にも及ばないレベルの辛味だ。

全体的な味で言えばレッドブルオーガニックシリーズ特有の「薬っぽい味」で仕上げられておりジンジャー自体の味はかなり濃いめに調整されている。

僕にとっては薬っぽい味のドリンクは大好物、たとえばドクターペッパーもそれに該当する味だ。

www.drinkmenu.net

つまりはレッドブルオーガニックジンジャーエールは美味しいと思う人、まずいと思う人と評価がはっきり分かれる味であって万人受けはしない味と僕は考えている。

僕にとってはかなり美味いドリンク、だがしかし... 

気になる人は是非レッドブルオーガニックジンジャーエールを試してみてはどうだろうか、

そんな風に、僕は思う。