ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

怪しいドリンク「俺の白くまのめるらしい」は牛乳を甘く贅沢にソフトドリンク化した味

スポンサードリンク

森永乳業 俺の白くまのめるらしい

森永乳業「俺の白くまのめるらしい」

かき氷やアイスの白くまをドリンクにしてしまったマジキチ飲料を実際に飲んで詳しい感想と評価をしてみよう!

練乳・フルーツ・小豆の風味が楽しめる「白くま」をそのまま飲んでいるような乳飲料「俺の白くまのめるらしい」

森永乳業 俺の白くまのめるらしい

森永乳業から2020年6月23日より新発売された「俺の白くまのめるらしい」はかき氷やアイスで有名な”白くま”の味わいをそのままドリンクにしてしまった乳飲料だ。

白くまと言えば練乳・フルーツ・小豆がミックスされた甘さたっぷりのアイスだったりかき氷だったりの夏の定番に相応しい冷菓子、優しい味わいと練乳の深いコクに病みつきになってしまう人も多いはずだ。

だが白くまが美味いのはあくまでアイスの話であって飲料となるとマジキチ感が凄いもの、さらに商品名も「俺の白くまのめるらしい」となればヤバいドリンク系の雰囲気が漂いまくっている。

俺の白くまのめるらしいのネットにおける口コミや評価を見ると”まずい”の意見が多い俺の白くまのめるらしい、凍らせてスプーンですくったほうがマシとの声もある微妙すぎる商品だ。

俺の白くまのめるらしいの原材料名と栄養成分表示

俺の白くまのめるらしいの原材料名と栄養成分表示

種類別名称:乳飲料

商品名:俺の白くまのめるらしい

無脂乳固形分 5.6% 乳脂肪分 1.4%

●フルーツミックス風味とあずき風味の香料を使用

原材料名:乳製品、砂糖混合果糖ぶどう糖液糖/香料、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)

内容量:450ml

保存方法:要冷蔵10℃以下

【俺の白くまのめるらしいの栄養成分表示 コップ1杯(200ml)当たり】

  • エネルギー 123kcal
  • たんぱく質 3.9g
  • 脂質 3.0g
  • 炭水化物 20.2g
  • 食塩相当量 0.13g

俺の白くまのめるらしい450mlパッケージより引用

 

俺の白くまのめるらしいは期間限定の発売となり2020年8月ごろまで、

沖縄を除く全国発売となるので沖縄の人はネット通販で購入するしかない。

希望小売価格は160円(税別)

牛乳に砂糖をたっぷり入れたような味わい、ひたすら甘い!

俺の白くまのめるらしい

俺の白くまのめるらしいを開封して香りを嗅いでみるとフルーツ牛乳の香りがする、内容液の色は牛乳と同じ白だ。

実際に飲むと口あたりからもう甘い。

イメージとしては子供の頃に実験ぎみに遊んで怒られたシリーズに近く、牛乳にたっぷりの砂糖をいれて飲む贅沢ゴージャス牛乳のような味わいだ。

そこにあずき味も加わっており甘さが倍増、甘さのコクが強烈だ!

味わいがアイスの白くまらしいか?となると答えはNO

フルーツ味が全く感じられない甘い牛乳としか言いようがないもの、これはまずいと評価する人が多いのも頷ける。

しかし僕の評価としてはそれほど悪いドリンクとは思っていない。

アイスの白くまを期待して飲むとガッカリな味にはなるが、「贅沢でゴージャスな味わい牛乳」のような商品名にすれば世間の評価は少し違ったものになっていたと思う。

そうすれば夏にこだわる必要もなくアイスの白くまを表現する必要もない、純粋に牛乳に甘さを加えてソフトドリンクとしての商品にすれば違うはず、

もっと言えば同じ森永乳業のマウントレーニアブランドでお洒落なパッケージでチルドカップで「俺の白くまのめるらしい」と同じ味の商品を発売すれば

美味い!お洒落!優しい甘さ!

のような評価が付くような味だと思える部分がある、理由は甘さのコクを極めているからだ。

 

商品名からどうしてもアイスの白くまをイメージしてしまう、小豆味も含まれるのでより白くまをイメージするのは分かる。

だが一歩立ち止まり、純粋に乳飲料として味わってみると別の世界が開けてくる...俺の白くまのめるらしいとはそんなドリンクだと評価しておこう。

因みにブラックコーヒーを俺の白くまのめるらしいで割って見たら結構うまいカフェオレができた。

つまり「俺の白くまのめるらしい」甘いミルクの割材としては優秀な商品なのだ。