ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

プロテクト乳酸菌4337L入りで新しくなった「ヨーグリーナ スパークリング」が期間限定で発売、さっそく飲んでみた

プロテクト乳酸菌4337L入りヨーグリーナスパークリング

サントリー「プロテクト乳酸菌4337L入りヨーグリーナスパークリング」

冬場の体調管理、水分補給、乳酸菌補給に...を期間限定で発売されたサントリーのヨーグリーナ&天然水シリーズを実際に飲んだ感想と評価について

厚いバリアで守られているプロテクト乳酸菌4337L配合の炭酸飲料とは?

プロテクト乳酸菌4337Lヨーグリーナスパークリング

サントリーから2020年1月28日に期間限定で新発売となったヨーグリーナスパークリングは熱いバリア(細胞壁)で守られているプロテクト乳酸菌4337Lが配合された乳酸菌炭酸飲料だ。

プロテクト乳酸菌4337Lとはサントリー食品インターナショナルが独自に研究した乳酸菌で厚い細胞壁を持つのが特徴、細胞壁とは免疫力を高める免疫活性成分そのものであり細胞壁が厚ければ厚いほど免疫活性成分の量が多くなり免疫力をパワーアップされることが分かったとなってる。

ようは通常よりも免疫力のパワーアップ効果が期待できる乳酸菌と言いたいのだろう。

だがヨーグリーナスパークリングは以前にも発売されている商品、そして前のヨーグリーナスパークリングの味は大ヒットしたヨーグリーナ炭酸として期待していたがイマイチな味わいだった。

www.drinkmenu.net

今回飲むヨーグリーナスパークリングはプロテクト乳酸菌4337L入りのニューモデルかつ期間限定商品、果たして味はうまいのか?

僕の舌と喉と口でしっかりと味わい、正直な感想と評価をしてみよう。

プロテクト乳酸菌4337L入りヨーグリーナスパークリングの原材料名と栄養成分表示

プロテクト乳酸菌4337L入りヨーグリーナスパークリングの原材料名と栄養成分表示

品名:炭酸飲料

原材料名:ナチュラルミネラルウォーター、糖類(高果糖液糖(国内製造)、砂糖)、乳精発酵液(乳成分を含む)、乳酸菌、ミントエキス/炭酸、酸味料、香料、塩化Mg、酸化防止剤(ビタミンC)

プロテクト乳酸菌4337L入りヨーグリーナスパークリングの栄養成分表示(100mlあたり)

  • エネルギー 28kcal
  • たんぱく質・糖質 0g
  • 炭水化物 7.0g
  • 食塩相当量 0.06g

プロテクト乳酸菌4337L入りヨーグリーナスパークリング500mlPETパッケージより引用

 

新しくなったヨーグリーナスパークリングについてネットの声を見ると概ね高評価、うまいとの口コミが多い。

新しくなったヨーグリーナスパークリングはうまい、人気ドリンクになる可能性も高い

ヨーグリーナスパークリング

プロテクト乳酸菌4337L入りヨーグリーナスパークリングのフタをあけて香りを嗅ぎまくるとカルピスソーダを薄めたような香りとヨーグルトの香りが入り混じっている。

実態に飲むと単にヨーグリーナに炭酸を加えただけでなくカルピスソーダのような甘さとコクを少し加えた透明炭酸飲料といったところだ。

炭酸にキメは細かく刺激は強め、甘さもそこそこ感じるも後味はスッキリしており爽快感と飲みやすさを両立させている...

なるほど、これはネットの口コミでうまいと評価されるはずだ、確かにうまい。

新しくなったプロテクト乳酸菌4337L入りのヨーグリーナスパークリングは前回に比べ明らかに味を濃いめにしており炭酸水っぽさも無し、炭酸水でよくある苦味も全くない。

こうなると乳酸菌で体調管理を...といった健康系よりも味重視のソフトドリンクとして売れ筋ドリンクになる可能性も高いだろう、僕としても高評価だ。

気になるのは期間限定販売についてだが、プロテクト乳酸菌4337L入りヨーグリーナスパークリングが売れ筋ドリンクとなれば終わらせず、しれっとレギュラー商品にしてしまうと予測している。