期待値が高かったサントリー「南アルプススパークリング 無糖ドライオレンジ」の味は?

f:id:drinkoon:20180806123732j:plain

サントリーの「南アルプススパークリング 無糖ドライオレンジ」

強炭酸の刺激と爽やかなドライオレンジを深く味わう

無糖炭酸水でも香りや味わいを楽しめる

f:id:drinkoon:20180806124106j:plain

サントリーから2018年7月30日に全国で新発売された「南アルプススパークリング 無糖ドライオレンジ」

そのコンセプトは無糖炭酸水でも香りや味わいを楽しみたいという声から南アルプスの天然水に有機オレンジ果汁、さらに隠し味として有機グレープルーツ果汁を加えたすっきりとした後味と強炭酸のドライな味わいになる。

 

同じシリーズとして過去に「サントリー 南アルプススパークリング」「サントリー 南アルプス クラフトスパークリング 無糖ジンジャー」が発売されており、実際に飲んでみた僕の感想としては悪くない無糖強炭酸ドリンクになるので今回の新作にも期待がある。

同シリーズともペットボトルを開けた時に感じる「ポンっ!」といった強炭酸感があり今回の新作も同じように飲む前からワクワクさせるドリンクだ。

炭酸水特有の苦みを上手に調整している

f:id:drinkoon:20180806125215j:plain

炭酸水はどうしても後味に特有の苦みがある。

その苦みを活かす炭酸水もあれば、フレーバーで調整して苦みを感じさせなくさせるように商品開発を大手飲料メーカーは行っている。

 

そんな炭酸水ドリンクにおいて、サントリーの南アルプススパークリングシリーズは味の調整がとても上手い。

 

さて新作の「南アルプススパークリング 無糖ドライオレンジ」

無糖ジンジャーが好評だっただけに新作に対する期待値は高い。

 

「苦みはあるが柑橘系の味で上手に誤魔化している」

強炭酸のペットボトルキャップを開け、一口飲んでみた感想がコレになる。

この苦みを柑橘系のオレンジとグレープフルーツの味で上手に調整...というか誤魔化しているような感じだ。

南アルプスの天然水 スパークリング無糖ドライオレンジ(500mL*24本入)【サントリー】

 

しかし飲んでる最中にオレンジの味はあまり感じられないようになっている、これは強炭酸ゆえだろう、本当に微妙な調整がされていてる感じだ。

 

ただ強炭酸水として、無糖ジンジャーのような新しいインパクトは無い。

僕としてはもう少し挑戦した強炭酸水を出して欲しかったし、サントリーはそれが出来る会社だと思ってる。