ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

はちみつフレーバーの独特なカフェラテ「マウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテ」を深く考察した結果

スポンサードリンク

マウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテ

森永乳業「マウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテ」Mt.RAINIER CAFFE LATTE Honey hug latte

はちみつフレーバーを加えたエスプレッソカフェラテを実際に飲んだ感想と評価について

いつものマウントレーニアにはちみつフレーバー「カフェラテマウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテ(Mt.RAINIER CAFFE LATTE Honey hug latte)」

マウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテ

森永乳業のマウントレーニアブランドから2020年11月17日に新発売された「マウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテ(Mt.RAINIER CAFFE LATTE Honey hug latte)」はマウントレーニア王道のカフェラテにはちみるフレーバーを加えた期間限定のチルドカップ飲料(アセプティックカップ)だ。

マウントレーニア王道のカフェラテとはエスプレッソにコクのあるミルクをブレンドしたまろやかな味わい、それでいてコーヒーのコクや苦みもある通常のマウントレーニア、シリーズの中で最も人気が高く売れ続けているロングセラー商品なのだ。

そんな王道のマウントレーニアカフェラッテにはちみつを加えることで、ただでさえまろやかテイストなマウントレーニアカフェラッテをさらにまろやか仕立てにしたものが”マウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテ”になる。

マウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテ,Mt.RAINIER CAFFE LATTE Honey hug latte

商品名にあるハニーハグをのそまま解釈すればはちみつを抱きしめる味といったイメージだが実際ははちみつフレーバーのカフェラテであってパッケージにあるはちみつを抱きしめる熊はたんなるデザインだ。

森永としては

”パッケージにはかわいらしいクマとはちみつ、そして冬らしさが感じられる雪の結晶をあしらい、寒い時期に手に取りたくなる、温もりを表現しました。”

なんてことになってはいるもののマウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテは要冷蔵10℃以下のドリンクなんだけど...と突っ込みたく人もいるはずだ。

マウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテの原材料名と栄養成分表示

マウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテ,原材料名,栄養成分表示

種類別名称:乳飲料

商品名:CAFFELATTE(カフェラッテ)ハニーハグラテ

無脂乳固形分:4.5%

乳脂肪分:1.4%

原材料名:乳製品、砂糖混合果糖ぶどう糖液糖、砂糖、コーヒー、はちみつ、デキストリン、食塩/香料、乳化剤

内容量:240ml

【マウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテの栄養成分表示 1本(240ml)当たり】

  • エネルギー 160kcal
  • たんぱく質 4.3g
  • 脂質 3.8g
  • 炭水化物 27.2g
  • 食塩相当量 0.21g

マウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテ240mlパッケージより引用

 

 マウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテについての評価をネット・SNSで調査すると美味いの評価も多いが”合わない”の評価もそれなりにあるのが気になるところだ。

甘さがかなり強いカフェラテということでマウントレーニアのエスプレッソのビターテイストカフェラテを好む人には合わないのかもしれない。

それよりも多い評価が「かわいい」だ。

パッケージデザインが”かわいい”ってことで肝心の味について詳しく評価をする内容が少ないのも気になる。

確かにパッケージデザインは重要、とくにマウントレーニアブランドはお洒落なパッケージデザインで女性の心を掴んできた部分も大きいから仕方がないとは思う。

だがチルドカップコーヒーの王者たるマウントレーニアとて、いくらパッケージデザインがお洒落とて味の面で大失敗した商品があるのもまた事実なのだ。

 

www.drinkmenu.net

ハニーハグラテははちみつフレーバーだからコーヒーライムのようなことにはなっていないと思うが...実際に飲んで確かめてみよう!

薬っぽさがある独特な味わいのカフェラテ、ダメな味と評価する人がいるのも頷ける

マウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテ

よく振ってからマウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテのフタをあけて香りを嗅ぐと鼻にツ~ンとくるようなミントとハチミツが混じったような、そこにカフェラテの香りが混じったような独特な香りがする。

明らかに通常にマウントレーニアとは違う香りでやらかした感がありそうな雰囲気も否めない。

実際に飲んでみるとマウントレーニアカフェラッテにしては甘さは強め、だが十分に許容範囲な甘さであって喚くようなものではない。

それよりも「強めのはちみつ味」「まろやかでコク深いミルク」「ほんのりビターなエスプレッソ」の組み合わせは薬っぽさを感じる独特な味に仕上がっている。

ケミカルな味のカフェラテとまでは表現しないがクセがあるのは確実。

頭ごなしに美味い!とは評価できないドリンク....これは好き嫌いが分かれるマウントレーニアだ。

マウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテは少なくともハチミツが苦手な人には向かないカフェラテであって不味いと評価する人がいるのも頷ける味だ。

僕としては”面白いカフェラテ”の評価、

パッケージデザインが可愛らしいからハチミツと熊と優しさ....なんてイメージを与えているがパワフルでワイルドなデザインにすればエナジードリンク風のカフェラテなイメージになる要素があると考えている。

つまりマウントレーニア カフェラッテ ハニーハグラテに酸味を加えてよりゲテモノ風な味にしてしまえば...

なんて考えるもお洒落なイメージのマウントレーニアブランドがそんな刺激的なカフェラテを作るわけがないだろう。

そんなものを発売したらコーヒーライムよりも叩かれてしまう...のは分かっていつつもマウントレーニアエナジーがあるなら確実に飲んでみたいと思う気持ちがあるのも事実。

「そんな乳飲料のエナジードリンクなんて(笑)」

と思う人もいるだろう。だがミルクテイストの乳飲料エナジードリンクはけっこう美味いのだ。

www.drinkmenu.net

そう考えるとカフェラテエナジーはまんざらでもなさそうだし、マウントレーニアブランドで出せば話題になるはず、それに世界のエナジードリンクに目を向ければコーヒーのエナジードリンクは珍しいものではない。

マウントレーニアの新商品もそろそろマンネリ化している雰囲気があるのでここらで一発勝負をしてほしい気持ちがあると考えているのは僕だけだろうか?

そんな風に、僕は思う。