ソフトドリンクの鉄人

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

三ツ矢リフレッシュを飲むと本当にリフレッシュするのか?実際に飲んで試した結果以外な答えに

スポンサードリンク

アサヒ飲料,三ツ矢リフレッシュ,ペットボトル画像

アサヒ飲料「三ツ矢リフレッシュ」

リフレッシュ目的で飲む有糖炭酸の需要に答えたぶどう糖25g配合の三ツ矢ゆずフレーバー強炭酸飲料を実際に飲んだ感想と評価について

ぶどう糖25g配合のゆずフレーバー強炭酸「三ツ矢リフレッシュ」

三ツ矢リフレッシュ,パッケージラベル

アサヒ飲料から2020年10月27日に発売された「三ツ矢リフレッシュ」はコロナ禍の状況によるテレワークや勉強などのリフレッシュ目的で飲むドリンクで有糖炭酸の需要が高いことに着目して新発売された強炭酸飲料だ。

三ツ矢ブランドのクリアな味わいはそのままにぶどう糖25g配合、ゆずフレーバーでスッキリ軽い甘さのリフレッシュ炭酸に仕上げてある。

三ツ矢リフレッシュ

では何故ぶどう糖なのか?

なぜテレワーク等のリフレッシュにぶどう糖なのか?

ここら辺が気になる人も多いだろう、という事で厚生労働省のe-ヘルスネットから引用をすると以下のような解説になっている。

ブドウ糖(ぶどうとう)

/ グルコース / glucose /

自然界に最も多く存在する代表的な単糖類。動植物が活動するためのエネルギーとなる。
脳がエネルギーとして利用できる唯一の物質で、人体にとっても重要な栄養素。

グルコース(glucose)は果物や穀類などに多く含まれ、自然界に最も多く存在する単糖類です。
日本語ではぶどうから発見されたためブドウ糖と呼ばれます。

糖類の中で最も基本的な単糖類(糖の最小単位)の代表的なもので、他の単糖類である果糖やガラクトースと(あるいはブドウ糖同士で)結びついてショ糖・乳糖・でんぷんなどを構成しています。

食べ物から摂取された糖質は、消化吸収を通して最終的にはぶどう糖に分解され、エネルギー源として利用されます。脂質よりも早く分解吸収されるため、激しい運動で消耗した時や糖尿病などインスリンの異常で血糖値が低くなり過ぎた場合、素早くエネルギーを補給し血糖値を上げるのに適しています。特別な場合を除いて、脳がエネルギーとして利用できる唯一の物質で、人体にとっても重要な栄養素です。

血液中では血糖として存在し、インスリンによって濃度がコントロールされています。血液中のブドウ糖濃度が上がるとインスリンの働きで中性脂肪に変えられ、脂肪細胞に蓄えられます。このためブドウ糖を多く摂り過ぎると結果として肥満を招き、生活習慣病にも関係します。

ブドウ糖 | e-ヘルスネット(厚生労働省)より引用

要は脳がエネルギーとして利用できる唯一の物質がぶどう糖、だからテレワークや勉強といった頭脳作業のリフレッシュにぶどう糖が良いんじゃね?というのが三ツ矢リフレッシュのアピールポイントになるわけだ。

だがその反面、ぶどう糖を多く摂りすぎると脂肪細胞に蓄えられて肥満や生活習慣病に関係してくるという...

テレワーク等でPC前作業が続く状態における脳のリフレッシュにぶどう糖はよいのかも知れないがそーゆードリンクばかり飲んでいるとデブる要素もありますよ...という事。

わりと常識的な内容だが商品訴求でマイナスイメージの部分をカットするのはビジネスにおける常套手段である。

アサヒ飲料「三ツ矢リフレッシュ」の原材料名と栄養成分表示

三ツ矢リフレッシュ,原材料名
三ツ矢リフレッシュ,栄養成分表示

名称:炭酸飲料

原材料名:砂糖類(果糖ぶどう糖液糖(国内製造)、ぶどう糖)/炭酸、酸味料、香料

内容量:500ml

【三ツ矢リフレッシュの栄養成分表示(100ml当たり)】

  • エネルギー 46kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 11g
  • 食塩相当量 0.02g

ぶどう糖 5.0~8.0g

アサヒ飲料「三ツ矢リフレッシュ」500mlPETパッケージより引用

 

アサヒ飲料 「三ツ矢」リフレッシュ 500ml ×24本

アサヒ飲料 「三ツ矢」リフレッシュ 500ml ×24本

  • 発売日: 2020/10/27
  • メディア: 食品&飲料
 

三ツ矢リフレッシュへの評価をネット・SNSで調査すると「美味しい」の声が多く概ね高評価、強炭酸の刺激によりリフレッシュ感もあるらしい。

これはコカ・コーラのように刺激が強くて有糖の炭酸飲料なら同じようにリフレッシュ感があるとしか思えない部分があるにせよ、三ツ矢リフレッシュは人工甘味料を使っていない分クリアな味わいでリフレッシュできるのではないだろうか。

それでは実際に飲んでみよう!

ゆずフレーバー香るすっきりテイストな三ツ矢、リフレッシュ感は普通と表現するしかない

三ツ矢リフレッシュ,ペットボトルキャップ

三ツ矢リフレッシュを開封して香りを嗅ぐと結構強めのゆずが香ってくる。

実際に飲むと甘さ強めで酸味弱めのゆず炭酸飲料といったところ、三ツ矢ならではなのクリアですっきりとした味わいに炭酸の刺激が絡まって美味い。

ただ炭酸は”強”ではなく普通の炭酸レベル、ゆずフレーバーに甘さと酸味の炭酸飲料なのでコカ・コーラのような刺激や気分爽快感はないのが正直な感想だ。

つまり三ツ矢リフレッシュを飲む行為そのものにリフレッシュ感はあまりない。

こうなると三ツ矢リフレッシュのセールスポイント「ぶどう糖25g」が脳へ与えるエネルギー効果のみということになってくる。

これについては個人差もあるし人によって感じ方もかなり変わってくるというもの、

「ああ...!脳にパワーが来る感ぃぃぃ」の人もいれば「うん、さっぱり分からんね」の人もいるだろう。

僕としては”さっぱり分からんね”であり脳としてもリフレッシュは実感できなかった。

つまり三ツ矢リフレッシュは味及びぶどう糖としてもリフレッシュ感はあまりない...厳しいようだがこれが僕の評価になる。

それでも三ツ矢リフレッシュの味自体は悪くなく普通に美味い炭酸飲料だ、ゆずフレーバー好きには美味しく飲めることだけは保証する。