ソフトドリンクの鉄人

ドリンクレビュー専門の総合サイト

全然ビターじゃない「クラフトボス ミルキープレッソ ビターラテ」実飲レビュー

スポンサードリンク

クラフトボス ミルキープレッソ ビターラテ,CRAFT BOSS MILKY PRESSO Bitter Latte

サントリー「クラフトボス ミルキープレッソ ビターラテ」CRAFT BOSS MILKY PRESSO Bitter Latte

乳原料と植物由来の原料をブレンドしたビタータイプのペットボトルカフェラテを実際に飲んだ感想と評価について

乳原料と植物由来の原料をブレンドしたハイブリッドニューミルク製法「クラフトボス ミルキープレッソ ビターラテ」

サントリー食品インターナショナル㈱からクラフトボスブランドの新シリーズとして2022年4月12日に発売された「クラフトボス ミルキープレッソ ビターラテ」は、

乳原料(乳製品・ミルク、MILK)と植物由来の原料(大豆粉末・ソイ、SOY)をブレンドする新製法「ハイブリッドニューミルク製法」で作られたビタータイプのカフェラテ(エスプレッソラテ)だ。

総合評価 甘さひかえめ、コーヒー味しっかり、ペットボトル飲料にしては濃いミルク感です。
カフェラテとしては全然ビターではなく、瓶のコーヒー牛乳に近い味わいです。

クラフトボス ミルキープレッソ ビターラテ

同日に発売されたダブルホワイトラテは、ペットボトルのカフェラテ飲料にしてはミルクの油っぽさが弱めのカフェラテに仕上がっている。

www.drinkmenu.net

新製法のハイブリットニューミルク製法を用いる理由はミルクの満足感を増すため。

これは常温販売のペットボトル飲料においては使用可能な乳原料の量が決まっているため、要冷蔵10℃以下のチルドカップ飲料のようなミルクの満足感をペットボトルラテでは表現しにくい課題があったからだ。

だからパッケージに動物性の乳原料(ミルク)と植物由来の原料(大豆)を使っているのでESPRESSO WITH MILK AND SOYを記載しているのだ。

引用元:https://www.drinkmenu.net/entry/milkypresso-doublewhite

クラフトボス ミルキープレッソ ビターラテの原材料名と栄養成分表示

クラフトボス ミルキープレッソ ビターラテ,原材料名,栄養成分表示

品名:コーヒー飲料

原材料名:牛乳(国内製造)、砂糖、コーヒー、乳製品、食用油脂、大豆粉末/乳化剤、香料、カゼインNa、安定剤(増粘多糖類、CMC、セルロース)、酸化防止剤(亜硫酸塩)

内容量:300ml

【栄養成分表示(100mlあたり)】

  • エネルギー 41kcal
  • たんぱく質 0.9g
  • 脂質 1.3g
  • 炭水化物 6.4g
  • 食塩相当量 0.15g

クラフトボス ミルキープレッソ ビターラテPET300mlパッケージより引用

クラフトボス ミルキープレッソシリーズCMで使われる単語「コーヒーニューニュー」とは、制作チームが創作したオリジナル言語「ニューニュー語」と呼ばれるもの。

また商品自体を「コーヒーニューニュー」ともよんでいる。

www.youtube.com

全然ビターじゃないカフェラテ、瓶のコーヒー牛乳に近い味わい

クラフトボス ミルキープレッソ ビターラテ

クラフトボス ミルキープレッソ ビターラテを開栓して香りを嗅ぐとコーヒーの香りは強め。

エスプレッソのカフェラテならこれぐらい強めの香りが望ましいところだ。

実際に飲むと甘さはひかえめでコーヒー感がしっかりついているも、全然ビターじゃない。

具体的にどのような味?と聞かれば「瓶のコーヒー牛乳っぽい味」と答えるしかないのだ。

それでもダブルホワイトラテに比べてカフェラテ感は断然に上、少し油っぽいミルク感はあっても薄味ではないので気になるレベルではない。

ハイブリッドニューミルク製法が醸し出すミルク感のみで評価するならダブルホワイトラテのほうが上だ。

ペットボトル飲料で満足度が高いミルク感、それがハイブリッドニューミルク製法を使うことで表現するなら「クラフトボス ミルキープレッソ ビターラテ」ぐらいがちょうどよいのではないだろうか。

そんな風に、僕は思う。