ドリンクメニュー

ひたすら飲みまくり正直に感想と評価を行う飲み物の総合サイト

ここ一番で元気と活力!「マカの元気ドリンク」がわりとうまい味

マカの元気ドリンク

ポッカサッポロ「マカの元気ドリンク」

元気と活力の栄養ドリンクを深く味わう

マカの秘めたパワーで凝縮したドリンクで元気を応援

マカの元気ドリンク

ポッカサッポロから発売されてる「マカの元気ドリンク」はアンデス伝説の活力素材マカの秘めたパワーを凝縮、ここ一番に勝負どころの活力源をアピールポイントにした栄養ドリンクだ。

では伝説の活力剤...といいながらもありふれた存在であるマカとは?についてパッケージ背面にしっかりと記載されている。

マカはアンデスの高知という過去な環境のなか、大地からの栄養をたくさん吸収して育成する植物です。古くはインカ帝国の時代から活力源として珍重されてきました。

ポッカサッポロ「マカの元気ドリンク」パッケージより引用

ではマカの効果は?となると一般的に「活力」言われており亜鉛がひとつのキーポイント、しかしマカの効果は人によって異なるはずでありマカの元気ドリンクを飲んだからといって活力が上がる保証はない。

それでもマカのドリンクを購入して飲んでしまうのも男というもの、男児たるもの仕事の新規案件をここで一発決めたい時!にはゲン担ぎの意味も含めて栄養ドリンクを飲む人も多いはずだ。

因みに僕はこの手の栄養ドリンクをよく購入している。

今まではここで一発気合!が欲しい時に「凄十(すごじゅう)」をメインにしていたのだが凄十は一本単価が高いのがネック、マカの元気ドリンクはそれほど高価ではない。

www.weblogian.com

勿論ドリンク専門ブログになるのでマカの元気ドリンクの味についてしっかりとした評価と感想を述べる。

「マカの元気ドリンク」の原材料と栄養成分

原材料

果糖ぶどう糖液糖、ぶどう果汁、マカエキス、ムイラプアマ(樹皮)エキス末、カカオエキス末、ローヤルゼリーエキス、ヒハツエキス末/酸味料、カラメル色素、カフェイン、グルコン酸亜鉛、甘味料(アセスルファムK、スクラロース)、香料

栄養成分表示 ※1本(100ml)当り

  • エネルギー 46kcal
  • たんぱく質 0g
  • 脂質 0g
  • 炭水化物 11.1g
  • 食塩相当量 0.08g
  • 亜鉛 10.0mg
  • マカエキス 400mg
  • ムイラプアマエキス末 50mg
  • カカオエキス末 50mg
  • ローヤルゼリーエキス 50mg
  • ヒハツエキス末 20mg

栄養成分 ※1本(100ml)当り

  • カリウム 10mg
  • リン 1mg
  • カフェイン 100mg

https://www.pokkasapporo-fb.jp/products/health/maca/HY73.htmlより引用

亜鉛10mgとマカエキス400mgがどれほどのパワーを与えるのかがポイントだろう。マカの元気ドリンクの味については実際に飲んでみるしかない。

ポッカサッポロは「マカの元気ドリンク」の他に「マカの元気タブレット」も発売してる。やはり仕事をする男にとって元気とパワーは大切な要素である。

マカの元気ドリンクはリポビタンDを甘くしたような味、わりと美味い

マカの元気ドリンク

マカの元気ドリンク のフタを開けて香りを確認するとモンスターエナジーと似た香りがする。このような匂いはあまり好きでは無い人も多いだろう。

www.drinkmenu.net

実際にマカの元気ドリンクを飲んでみると味はリポビタンDに似ており、わりと甘さが強めなのが特徴的、けっこう美味い。

栄養ドリンク系の味はユンケルを筆頭にどれも似たような味が多い。

基本的に甘さと辛さがミックスしたどくどくしい味のものが多い中、マカの元気ドリンクは甘さを強める方向に舵を切ってると僕は感じた。

ではマカの元気ドリンクによる活力やパワーについてはどうか?と聞かれるとプラシーボ効果の側面が強い感は否めない部分がある。

それでも例えば年明け一発目の仕事はじめのような時にはゲン担ぎの意味も含めて栄養ドリンクで気合を入れてるのも社会において仕事で戦う男には良いのではないだろうか、

そんな風に、僕は思う。